熊本地震、川内原発なぜ止めないのか?

熊本の地震で被災されている方々、九州全体で今も止まない地震に、心休まらぬ日々を過ごされていると思います。
東日本大震災の余震が関東でも続いていたころ、毎日ゆれていたので常にふわふわとした感覚がとれなくて困ったことを思い出します。緊急地震速報の音にもびくびくしてしまい、臆病な私は神経が休まりませんでしたが、熊本の今回の地震の多さと大きさはその比ではないようです。察するに余りあります。早く安らげる日々が訪れますように、と願わずにはいられません。

東京新聞の斉藤美奈子さんの「本音のコラム」はいつも痛快でうなづくことばかりですが、今回も川内原発をなぜ止めないか、という話をしてくれています。
断層帯の南西にも震源地が移動している今、どんな理由でもいいから、止める、というのが、普通の判断だと思います。
熊本から南西の断層に再稼働したばかりの川内原発があります。
「なぜ止めないのか?」に、斉藤美奈子さんの推測は、
やっと再稼働にこじつけたのに、そう簡単に止められるかという意地。
ここで止めたら二度と稼働できなくなるという不安。
危機を乗り越えれば日本の原発の安全性が立証できるという期待。
停止を求める声に屈したら負けだと言う面子。
停止に伴うリスクを負いたくないという自己保身。

の5個。なるほどです。先の戦争を止められなかった理由と同じだ、とあります。
いずれも、実にくだらない理由。取るに足らない理由です。

原発に異常なし、と報道されても、全然安心できないよ、と思うのが今の普通の日本人の心情ではないでしょうか?
偉い人がいうんだから、大丈夫だろうと信頼している、というよりもそもそも関心がない、という人も多いとは思います。
政府や原発を推進したい人たちはとにかく国民には無関心でいてほしいと思っているはずです。
”原発を止めたら”というツイートをしただけで反発コメント攻撃を受けるらしいですね。
彼らの発想では、原発止めろというのは左翼、ブサヨの考え方らしいです。
無関心でいるべきなのに、余計な口を出すなと、言うんでしょう。

震源がだんだん北東にも伸びれば、伊方原発も。ただ、ここは停止中ではありますが、それでも津波や強震がきて破壊されないとはいいきれませんよね。
4月17日の12:09に伊予灘が震源地で小規模ですが、一件ありました。和歌山にもありました。ずっと先の千葉にも。
いずれも中央構造線断層帯上であります。

今年に入ってからの大きめの地震や噴火を書き出してみると、
1月11日に青森 震度5弱、1月14日浦賀(神奈川)で震度5弱(M6.7)
2月5日桜島噴火、神奈川東部で震度4、
3月3日に宮崎で震度4
4月4日三重沖(M6.1)震度4、4月14日~現在 熊本(M6.4)震度7から震度6強(M7.3)~5弱と多数

こうしてみると、九州の宮崎にもあったこと、三重沖にもあったこと、神奈川など関東地域も今回の地震とつがなりがあったのではないか、など考えさせられます。(もちろん、あくまでも私見ですが。)


海外、遠くのほうでは、3月2日スマトラ沖(M7.9)、4月4日の南太平洋(M6.9)と4月16日の南米エクアドル(M7.8)の地震がありました。フィリピン海プレート、太平洋プレートのヘリ、いずれも地震の多発地帯ではありますが、活発に地球上で動き始めていることは確かです。

被災地の様子を見ていると明日は我が身、と思います。地震は止められないなら、原発事故リスクを減らして欲しい、早く止めてほしい、廃炉をどんどん進めてほしい、というのが今の私の希望であります。cyuou
スポンサーサイト

川内原発再稼働と桜島噴火

台湾で大地震、ビル倒壊とのニュース。大惨事である。
前日に関東の朝、かなり揺れたばかりだったし、その夜には桜島の噴火あり、と続いている感じがした。
台湾は政治的には政権交代したばかりで大災害とは……何か考えてしまう。

桜島と川内原発

リテラ記事にもありましたが、
再稼働した川内(せんだい)原発の近くには桜島がある。
これを気にしない日本政府はどうなっているんだろう?
リテラでは今回の噴火は小さかったが、近年大噴火が起きると予測されているそうだ。
北朝鮮のミサイルの脅威を煽っている政府だが、こちらのほうがよほど怖い。
原発の再稼働は経済的な問題として納得させられているようだが、経済優先の世界が異常なことだと気がつかない人間が増えて来てしまった。福島第一原発が地震と津波で破壊され、放射能、放射性物質がまき散らされてもまだ、目をつぶって経済優先のためには人の命よりも大切な課題だと言わんばかりだ。


何故核燃サイクルは破たんしているのに続けるのか?

東京新聞によれば、使用済み核燃料を再利用する核燃サイクル事業を手掛ける日本原燃を民間会社から国の許可法人に変更することを検討しているという。
電力自由化によって競争が激しくなり、日本原燃が立ち行かなくなる、ということで国が手を差し伸べることらしいが、そこまでして維持しなければならない事業なのかと疑問の声もあがっている。
維持しようとしている核燃サイクルは事実上破たんしている。再処理工場が完成しないだけでなく、一翼を担うはずの「もんじゅ」がトラブルつづきで運転禁止され稼働される見通しもない状態だ。

何故、こんなばかげたことをつづけるのだろうか、ということは多くの国民の疑問だと思う。
こんなところにばかり金をつぎ込む、無駄遣い。
国立競技場のばかげたデザインにばかげた費用の話があったばかりでまたこの話はうんざりする。
原発再稼働に動いているだけでも腹立たしいのに、不思議な国だと思う。

何故か、というところで一つ思い当たることは、国は内密に核爆弾を製造しているからではないか、ということ。
核軍備しているからこそ、やめられない。そうであれば、かなり合点がいく話だ。

"放射能は安全だ"という説について考える。

かなり前の話だが、西部とおる氏という人のテレビ番組を見ていたら、黒鉄ヒロシ氏と、放射能は安全だという説を述べていた。
放射能が危ないというのはたかがハエによる実験からではないか、人間では違うのではないかと言う。
キューリー夫人などは80近くまで生きたという。
黒鉄ヒロシ氏は原爆地の広島、長崎は除染しないですんでいるんじゃないか、と言う。
西部氏はさらに屈強の男に平手で毎日ほほを撫でられても死なないが、1回1000倍の力で殴られたら死んでしまうのと同じことだと主張。

うーん、なんという説だろう。確かにラジウム温泉やラドン温泉など微量の放射線が体にいい場合があるとはいう。

キューリー夫人は調べたら、67歳まで生きたが(1867~1934))80歳というのは言いすぎである。
2人の子供がいたが、長女は母と同じく研究者になり、白血病で59歳で亡くなり、次女は研究者にはならずに102歳まで生きたそうだ。
さらに広島、長崎が除染せずになぜすぐに人が住めたのかは、かねてからの疑問であったので、調べてみた。
するとたしかに同じく放射能はまき散らされたのだが、原爆は上昇気流に乗って成層圏近くまで上昇し、多くは気流にのって拡散してしまったために、広島、長崎の局地的な汚染ではなかった。
原子爆弾の爆発と原子力発電所の爆発とは違うということは確かだ。


60年代の東京はかなり放射性物質で汚染されていたという話も聞いたなと思いだした。
調べてみると、60年代前半、米国、ソ連、で核実験が行われ、1963年東京杉並区高円寺ではセシウム137やストロンチウム90の濃度は2007年の同じ場所で比べてみると1000倍~10000倍も高かったそうだ。
60年代後半は中国、フランスが核実験を始め、中国は64年から45回も行合い、日本全域にヨウ素、セシウム、ストロンチウム、ニッケルなどの微粒子が相当量落下してきた。
1960年代の中国の原爆実験のときのほうが今回の原発事故時の最大値より10~100倍ほどの放射性物質が多く降ったといえるそうだ。

とはいえ、今、安全だと信じるのは早計の気がするが。こういう話はどうも真実味がないというか、実感としてわからないせいか、政治的な思惑がからんで、科学的に本当に正しいのかわからないからだ。
原発をこのまま進めていいわけがない。発電効率の悪さ、コストの高さ、危険物であること、何もいいことがない原発を進める理由がない。

原発からの汚染水

放射能汚染水がタンクから漏れ出したというニュース。
だから言わんこっちゃない。
こう思った人は多いだろう。
あの日から、2011年3月11日以降からもうすでに予想できることばかりだ。
2年間何をしていたのだろう?
あのタンクは2日で一個がすぐに満杯になる。
だからもっとずっと汚染水を貯めるタンクを作り続けなければならない。
(と、私は思うのだが違うのだろうか?)

日本中がタンクだらけになっても汚染水を海や土に流すことは許されませんよ。
これからは一滴ももらしてはいけない。
タンクはもっとしっかりした作りの物を。
鋼鉄製でなくステンレス製のほうがいいそうだ。
これは国がやらないと東電だけでは無理だろう。

地下水からの汚染は地下水が流れる水路を探し当てて原発に入らないように手前のところでくみあげるなどできないのだろうか。コンクリートで固める案だけでなく。
素人の人間でも色々考えられるのだが、いったい何を考えているのだろう。
最悪、海に少しくらい流してもいい、とまさか、そんな考えの人がいるのではないか、とさえ、疑ってしまう。
あまりに大きくて扱いにくい状態だから、小手先の対応ではだめなのは明らか。
なんだか、東電とか国とか、当事者意識が薄いっていうか、
なんだろう、マスコミの取り扱いも冷笑、批判してるだけで、東電のだれが責任だとか、東電をつぶすとか、国を批判するとか、そういうのは後回しにして、みんな一緒に闘わなければいけない問題なんじゃないか。
みんなが当事者で、私もあなたも。
福島から離れたところに住んでいるからと言って、関係ないなんて言えない状態で、世界の海に流れ出し、地球全体の問題になるのは目前なんだけど。

タンクも保管してはその状態を常に監視しなければならないけれど、それでもあきらめたらだめ。
置き場所がなくなってきたら、国有地に置くしかないのだろうか。
日本の山地はタンクだらけになっていく。
いずれ汚染処理して減らしていくつもりなのかもしれないが、楽観していいことは一つもないのだ。
最悪のことを想定するのが国と東電に今必要なことなのではないだろうか。
なぜか悠長な態度、どろ縄式なのは、危機意識がうすいのか、
東電は役所的で、決定しても実行までに時間がかかるのか。
本気のやる気が感じられない。

メルトダウンした炉心が冷やせなくなった時、どうなるのか。
地下深くにもぐりこんだ場合はどうなるのか。
爆発が起きるのか?
私たちの不安は一向に減ることはない。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード