ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

「明治維新という過ち」


この本はかなり今売れているそうだ。
買ったはいいが、どうしても完全に読めなかったので、(それは詳しい部分には興味わかなかったから。)
はずかしながら、おおざっぱな感想を言います。

以下中の文からの抜粋。
………
私たちが教えられて来た歴史感は明治維新が欧米列強による日本の植民地化を防ぎ、明治維新があってこそ、日本は近代化への道を歩むことができたとなっている。
長州・薩摩藩を中心とする「尊皇攘夷」派の「志士」たちが、幕府や「佐幕派」勢力の弾圧にも屈せず、「戊辰戦争」で見事に勝利して討幕を成し遂げ、ようやく日本は「近代」の扉を開き、今日の繁栄があるとするのだ。

「維新」を成し遂げた功労者が、長州の吉田松陰、桂小五郎、高杉晋作、山縣有朋、伊藤博文、井上馨、薩摩の西郷隆盛、大久保利通、土佐の坂本龍馬、板垣退助、後藤象二郎、備前の大隈重信、江藤新平たち、いわゆる「薩長土肥」の下級武士たちであった。
これが145年間、定着してきた明治維新のコンセプトであるとして問題ない。

………

これが官軍教育というもので、
一方的な歴史認識を長い間信じ込まされてきたようだ。
坂本龍馬などは司馬遼太郎の「竜馬が行く」はフィクションだが、坂本龍馬の実像と信じ込まされた。
勝ったほうが正義となる。
「記紀」もそうである。
「龍馬」は本当はグラバー商会の”営業マン”である。
という側面もしらなければいけない。
明治維新は長州過激派による凄惨なテロでもある。
ともいえる。
吉田松陰ほど脚色の度合いの激しいケースも珍しいと言う。

江戸幕府が黒船前まで開国しなかったように思わされているが、天保13年(1842年)、黒船来航前に、「異国船打払令」をやめて「薪水(しんすい)給与命」というものを出して対外政策を180度転換したそうで、その時点で開国したと、みなすことができるそうだ。
また1979年以降長崎、出島へアメリカの交易船が来航した回数は少なくとも13回確認されており、ペリーの来航によって初めてアメリカ人と日本人が接触したかような歴史教育は事実と異なるのだそうだ。

江戸幕府はオランダ以外の列強、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、プロシャ、と相手して、それなりに外交経験を積んでいるのである、ともある。

他色々な実例をもとに、いかに今まで我々が受けてきた歴史教育が偏ったものだったかを示している。

実を言うと、私は歴史の科目は苦手で、真面目にやってこなかった。丸暗記ものの歴史は好きじゃなかった。
語学とか理数なら、ある程度の基礎を持っていて、法則を知れば、考えることで正解を導けるのに、歴史は理屈も何故もへったくれもなく、次にこれがこうなって、誰がこうして、と進んでいくのを覚えなくてはならないだけだからだ。

なので、明治維新にはなんの思い入れもロマンも感じたことがなかったので、びっくりということはないが、なんとなく抱かされたイメージはあったので、これがそういうものか、という感想である。政治家がやたらに明治維新のことを持ち上げる発言が多かったので、そんなにいいイメージなのだろうか?と思っていたのだ。維新の会とかのネーミング、「明治維新」万歳の人が多すぎる。

安倍総理も山口出身で長州の人、歴代の日本の総理には薩長の人が多いので、いまでも日本は明治維新を引きずっているのだろう。そろそろ、こういう流れは改めたほうがいい時期にさしかかっているから、今、この本が売れているのかもしれない。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/18(水) 15:24:57|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0

陰謀論の色々。

hana3
今まで15年以上前から、超古代史、日本の歴史、地球の歴史についての本を読んできました。きっかけは、ベストセラーにもなった「神々の指紋」からだったと思います。
それから始まって、スピリチュアル系、陰謀論にも行きました。たぶんこれらは船井幸雄氏の本からの影響です。
その中で、いろんな出来事をすべて結びつけるものを探すのは難しくもやもやしたものがありました。

今までの陰謀論では、彼らの最終目的が、イスラエルにニューワールドオーダーの世界王国を樹立することだとあります。
黒幕の正体はフリーメーソン、ロックフェラー系米国戦争屋、ユダヤ金融、色んな呼び方がありますが、一部の人間が超大金持ちとなって、王様になり、あとの庶民は皆家畜同様に、奴隷として働かせるだけ、奴隷たちは皆ナンバーを振られて、完全に管理される社会にするためだと。
管理するためには今の人口が多すぎるので、意図的に災害や戦争を起こし、人口を削減させている、と言うわけです。

しかし、よく考えると彼らの目的ならばもう今や達成してるような世界です。
今は多くの日本人は長時間の労働をして、たくさんの税金を取られ、裕福な生活もできず、病気にかかっても十分に治せないまま健康とは言い難い生活を強いられ、飲食物には危険な化学物質を大量に入れられ、ガンや心臓病は増加、人口も増えない。老後の年金も減らされ、自己責任で生きろと言われています。ネットでの発言も見られているわけで、自由といいつつ、監視されています。新聞テレビの情報は統制されて、真実を知らないままに生活しています。今や戦争ができる国に作り替えようと政府はやっきになっています。
世界的に見ても絶えず戦争が起こされ、苦しむ人がおり、自然災害も絶えず起きて、そのたびに苦しみ、悲しみ暮らしています。つまり確実に小説「1984」の世界に近づいているのではないですか。小説では超管理社会で、部屋の中での動きも監視されて暮らし、日記もつけられません。毎日通う仕事は国家のための仕事で、主人公の仕事は過去の歴史を書き換える仕事。ビッグブラザーと言う統治者に忠誠を誓い、毎日敵対する者に対して一分間憎悪の時間があり、洗脳しつづけます。反逆者が出ないように常に監視され、密告もされます。

これから日本もマイナンバー制度になり、これは事務処理の円滑化のためと言いますが、個人の特定に役立ち、秘密保護法も制定されました。個人の資産も知られ、政府に逆らう考えの人は簡単につかまるのでしょう。街中の監視カメラ、ビル内の監視カメラ、犯罪抑止効果と言っていますが、逆手に取ればこれも政府に大いに利用されます。
そんなこんなで、日本はもうここまできているんですが、だれかが声を上げても大きくならず、消えていきます。

今はその管理する側の特権階級の王様の椅子に座るのが誰が座るのか、大きな勢力が2つあり、その争いの最中という説があります。
ロックフェラー、教皇系はイスラエルに王国を作りたがり、かたやロスチャイルド、天皇系が日本の京都に王国を作ろうとしているのではないか、という説が流れています。
どちらも悪魔崇拝の邪教に毒された人たちだというのです。
確かにこんなことを考えるのは悪魔しかないでしょう。
私たちはいったいどうしたら、この流れを止められるのか、と、悪魔の話はまた次回に書きたいと思います。

  1. 2015/05/11(月) 19:26:25|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0

「ファイナル・ウォー」

ファイナル・ウォー  アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」ファイナル・ウォー アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」
(2014/08/02)
ベンジャミン・フルフォード

商品詳細を見る

政権運営はすべてアメリカの指令から
ジャパン・ハンドラーズが仕掛ける「対日超党派報告」という文書がネット上で流通していたそうだ。私は知らなかったが、その内容を要約すると、
○東シナ海、日本海の天然エネルギー資源をアメリカは手に入れなくてはならない。
○手に入れるチャンスは台湾と中国の軍事衝突。アメリカは台湾側として参戦し、日本にも参加させる。そこで日中対立を煽り、日中戦争を誘発させる。
○戦争のメインが日中戦争になったら、アメリカは和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKOを米軍主導で行う。
○アメリカは東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を掌握し、結果として資源開発にも優位な立場になる。
○この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」ができるような状況を形成しておくことが必要である。
これはかなりわかりやすいが、こんなにあからさまに世に出ていいのだろうかと思える内容だ。
このコピペの信ぴょう性は疑わしいらしいが、対日問題報告書(アーミテージ・レポート)はある。第一次が2000年で、第二次は2007年、今は第三次が出ているそうだ。一貫して集団的自衛権について苦言を呈しているらしく、第三次では「日本は一流国になりたいのか?あるいは二流国のままでいいのか?」と高圧的な恫喝で始まっているという。
これを対米従属メディアや評論家、御用学者は「親日的な政策提言」と受け止めているようだが。
第三次レポートの内容は
*原発の再稼働
*TPP交渉参加推進
*集団的自衛権を認める
*中国への警戒
*日韓は仲良くしてアメリカに尽くせ


今安倍政権がやっていることで、すべて言いなりだとわかる。
DV男がアメリカでその恋人が日本、とベンジャミン・フルフォードさんもたとえる。殴られても殴られても離れられない関係。
「だって彼は時々優しいし、いざとなったら、きっと私を助けてくれるわ」と思い込んでる女性のようだ。
飴も用意している、これは日本にパイプラインを通す計画のことだ。その代わりに日本近海のメタンハイドレードの利権をよこせと要求しているらしいので、DV男ほうがまだましかもしれないと言っている。
その日中戦争を画策しているアメリカの台所事情は切迫しており中国に国債を買ってもらうしかなく、オバマひとりが訪日、夫人と子供2人で訪中と、中国にへつらっているのは明らかで、日中でもし戦争が起こったら、アメリカが味方になってくれるとまだ信じている人はかなり洗脳されていると言う。アメリカの国益を考えたら、日本など見放すだろう。


東日本大震災、原発事故はやはりある勢力によって仕組まれた
ベンジャミン氏が情報を集めてたどり着いた結果だという。
2007年にCIAが出したリポートがあり、そこには日本がエネルギー政策を原子力発電に依存しており、もしこの傾向が続けば、日本は原油に頼らなくなるので、もう米国に従う必要がなくなるおそれがあると報告する内容だった。だから東京電力を崩壊させるのが一番いい方法だという結論である。ロックフェラー家の当主デビット(石油利権)と反目しあっているジョイ・ロックフェラー。彼を影のオーナーにしているのがGEで(GEが福島原発建設に携わった。)その争いで、石油利権組が地震兵器を使ったのだ。警備をしていた会社が破壊工作をしたのだ。この会社はイスラエルの会社でマグナBSPといい、モサド(イスラエルの諜報機関)と関係ある。そしてその破壊支持を出したのがネタヤネフだという!

反原発運動はいいと思うが、日本の国内で東京電力だけを責めてつぶすことは、彼らの思い通りのシナリオなのかもしれないとも思える。



この本には他色々な話が書かれているが、裏でどういう動きがあるかをよく知ると全体も見えてくるし、本当かデマかわからない部分もあるが、激しい動きを見せる最近の内外の情勢もはっきり見えてくる。日本国内の細かいことで悪口を言ったり、憎んだり、争ったりとワーワー騒ぐよりも、大きく見る目が必要で、常に疑いつつ、世界情勢を見ることが必要だと思う。
  1. 2014/08/29(金) 13:55:19|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0

戦争を起こそうとする力には注意しなければいけない

またアルカイダの犯行の事件が起きている。
今の私はどうもまともにニュースを見られない。
アルカイダ=アメリカ、ユダヤの戦争屋たちが内幕で、世界戦争を起こそうとあがいているんだろう、と思う。
世論がテロリスト、アルカイダを撲滅しよう!となって、日本もアメリカも一緒になって彼らを攻撃!?のシナリオ。

シリア取材中の山本美香さんが殺された事件も米国戦争屋CIAの兵イコールFSA(反シリア反政府軍)であり、CIAが作り上げた架空のテロリスト集団がアルカイダなのだということだ。
山本美香さんはCIAに殺されたようなもの。あえて悪役を作り出し戦争につなげるのである。

東京新聞の鎌田慧氏の「本音のコラム」で安倍晋三首相がやりたがっている「集団的自衛権」行使の話に強く共感した。
「自分の国に関係のない戦争にでも約束に応じて出かけていくことになりかねないのだ。」
さらに、鎌田氏
「けんかの強い男の尻馬に乗って相手を攻撃するなど、私のもっともしたくないことである。」と言う。
「「助っ人」するなら弱い者にすべきで、強い者に加勢するのは卑怯な迎合である。「集団いじめ」そのものだ」と言っている。
集団的自衛権でなくて集団的攻撃義務と言ったほうが正確だと。
そもそも集団的自衛権は日本側の考えたことでなくて、米国側の要請だ。
経費削減と孤立化を避けるため、「同盟国」に下請けさせるという屈辱だ。
とある。

安倍総理は本当に世界の情勢をつかんでいないのか、わかっていてやっているのか。

  1. 2013/01/17(木) 22:52:25|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0

3.11人工地震説

驚愕の真相 3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか[I] 地球支配者が天皇家と日本民族をどうしても 地上から抹消したい本当の理由がわかった!(超☆はらはら)驚愕の真相 3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか[I] 地球支配者が天皇家と日本民族をどうしても 地上から抹消したい本当の理由がわかった!(超☆はらはら)
(2012/02/14)
泉 パウロ

商品詳細を見る


もし3.11が人工地震であるならば、その理由はなんだろうと考えていたので、このすごく目を引く表紙のこの本を手にとってしまいました。ⅠもⅡもざっと読みました。
日本はこれから人口も減少する、50年もすれば5000万人減って、7900万人となるのです。
わざわざこんなことしなくても、と思ったのです。

これはトンデモの読み物としてはかなり面白いです。
日ユ同祖説も昔から聞いたことがありましたし、神社にある、三角形の合わさった星の形六ぼう星、イスラエルの国旗マークと同じで、謎でしたし、そういう細かい謎もすべてつなぎ合わせています。

日本人は真のユダヤ人の祖先なので、偽ユダヤ人が世界を支配するべく着々と計画を遂行し、世界から日本人を抹殺したいという目的で行っているというのです。
ただこの偽ユダヤ人が仕掛けた計画もすべて成功ではなく、3.11後の東京湾地震も富士山地震も失敗だったといいます。
本当に人工地震であるならば、この悪事がわかれば、もう2度とこんなひどい災害は起こらないという希望が持てるのですが…。

キリスト教世界はどうもわかりませんが、他にも色々な細かい検証があるので、説得力があります。
過去の色々な陰謀の本からの説を引用されているのでしょう。

お祭りのお神輿の形はアークの形、日本の神社の狛犬はピラミッドのスフィンクスと同じ、言われてみるとなるほどです。スフィンクスは対になってもう一体あったと。

以前読んだ「日本古代正史(だったか?)」という本にニギハヤヒという人物が故意に消されているという話がありましたが、たしかに日本書紀などの記紀神話は当時の勢力の都合の良いように書き換えられており、正しい歴史と言うのはほんとうにわかりにくくなっているわけで、わずかに残された証拠で掘り起こしていくしかないのですね。

日本的伝統と思っていたことが実は~!という話はなかなか面白いです。
人工地震の話はさておいても、日本の古代史の謎が色々あって、そういう点は非常に面白いと思います。
ヘブライ語と日本語が似ていることなど面白いですし、エヴァンゲリオン、ワンピースなどのアニメは彼らの計画を告知している部分があることなども。

ただ、最終的に助かるのはキリスト教徒だけだ、とあったので、ありゃー、そうきたか、と、ここで完全にトンデモ本になってしまいました。あえて、トンデモ風にしてるのか、それはわかりませんが。

偽ユダヤ人はキリストの復活劇を演出。7年間のつらい時期を人工的に起こしてキリスト復活、とやりたいそうです。
神様が復活されて世界が統一され、イスラエルにユダヤ人がもどって世界の中心となって王国を建設する計画だとのことで、陰謀論のイルミナティやフリーメーソンの計画の目的がいまひとつわからなかったのですが、そういう人工的なキリスト復活劇を演出したいがためだったと聞けば、まあ、ばかばかしい考えですけれど、そうなのかもしれない、とも思います。

テレビ東京でこの間やっていた都市伝説の番組で、ミスター都市伝説の関さんがイスラエルに行って、ピラミッドに目の形のマークのこと、フリーメーソン、日本との関係、色々やっていたのも面白かったですねェ。
やっぱり、古代の日本とイスラエルからの民の関係、何かあったと言えそうです。

とはいえ、面白がってるだけでは真の解決にはなりません。
真実が次第に表に出てきて、暴かれて多くの人が知ることになって悪事がばれてくることが一番良いでしょう。
最近、3.11前後から次々と隠れていた悪事が表にさらされているような気がします。
今まで正しいと思っていた検察や裁判所の悪巧み、東京電力や原子力行政の悪巧み、
アメリカの戦争屋、金融で儲けている人たちの悪事、
やはり悪いことはそうそう隠しておけませんよという雰囲気があることがひとすじの希望です。
  1. 2012/04/17(火) 17:06:34|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0
次のページ