スコットランドで財宝発見のニュースを読んで

小渕、松島大臣辞任のニュースで騒いでいますが、その話はまた別に書こうと思います。
ちょっと前の話題ですが、興味深かったので…これから
イギリスでバイキングの財宝発見の2014年10月14日 のニュース。

中世ヨーロッパで海賊行為をしていたことで知られる「バイキング」の1000年以上前の財宝とみられる品々が、イギリス北部の教会の敷地内で発見されイギリス北部、スコットランドにある教会の敷地で先月、金属の探索を愛好する男性が深さ60センチほどの所に金属の物体が大量に埋まっているのを発見。
***********

スコットランドにロスリン礼拝堂がある。
ここには岩倉具視や伊藤博文ら岩倉使節団が訪れている。
フリーメーソンのマスターメーソンのウイリアム・シンクレアが作ったと言われている。この礼拝堂にはトウモロコシの彫刻があり、当時アメリカ大陸にしかなかったものなので、コロンブス以前にアメリカ大陸を見つけているとも言われる。
テンプル騎士団は巡礼者が現金を持って歩かなくてもいいようにと初めて銀行システムを作り、巨万の富を得たために権力者や支配者たちも彼らから借りるようになり、次第にその存在が目障りになり、フランス国王のフィリップ4世が弾圧した。
彼らはスコットランドに逃げ、海賊になり、海を渡り、身を隠したのだ。
その証明として、この場所には海賊の総長であるジャック・デ・モレーの石碑、墓がある。
骨と骸骨のあの海賊旗ジョリー・ロジャーの模様が彫ってある。

テンプル騎士団は1118年、9人のメンバーで発足。
フランス・ボルドーで、エルサレム巡礼を保護するという目的で作られた。
修道士であり、騎士であり、敵はイスラム教徒であった。
ところが、彼らは実際には保護などせず、ヘロデ王の神殿の遺跡の地下を発掘してトンネルを掘って何かをしていたのである。9年間もしていたのは確かである。何があったのかは不明のままだった。
フィリップ4世は彼らを弾圧してジャック・デ・モレーを処刑し、その呪いがかかって一年余りで46歳で亡くなったという。
テンプル騎士団の財宝はどこに行ったのか?
1307年テンプル騎士団はスコットランドへ逃げたと言われている。

その後海賊はどうなったか、が問題になる。

石工職人になったのである。フリーメーソンである。
彼らはスコットランドの教会にあるステンドグラスの絵からもキリストと共にいるマリアは妊娠している姿があり、キリストの子供をここで匿っていたという話もある。
マリアの絵には三角に目玉のマークも描かれていた。
ほぼ、テレビ東京の都市伝説からの情報だが、現地の映像取材だから確かな物である。

発見された財宝が海賊が盗んだ財宝であることは確かだろう。
今まで陰謀論などでうわさされていたものの、証拠がたくさん出てきた。
海賊は突き詰めるとテンプル騎士団であり、フリーメーソンである。
泥棒集団である彼らがキリスト教を乗っ取った、というか、利用したのではないか。
原始キリスト教がだんだんと変化して彼らフリーメーソンのものになって変質して、宣教師と称して世界に広めていったのではないかと、私なりに理解している。
そして、今の世界も彼らによって翻弄されている、そんな感じがするのである。
スポンサーサイト

超古代文明

本日は現実の政治経済からすっかり離れて
トンデモ話をします。
真 地球の歴史―波動の法則〈2〉真 地球の歴史―波動の法則〈2〉
(1998/06)
足立 育朗

商品詳細を見る


この本はすごく前、「波動の法則」と合わせて、
スピリチュアル、超常現象、などに興味がある頃に熱心に読みました。

著者の足立育郎氏と妹さんの2人で宇宙の何かとコンタクトして、本当の地球の歴史を知ったという話で、
詳しい部分はさておいて、
最近の福島第一原発の事故から、思い出す部分がありました。
それは”地球はかつて何度も核爆発によって滅びているのだ”というところです。
今知る限りの文明はもう何回目かの繰り返しで、同じように人間が増え、文明が発達して、最終的に核戦争になり、また原始時代の一から始めて、それが何度も何度も繰り返しているというのです。
今の人間は文明としてはたかだか4000年程度しかわかっていないし、その前にこれと同じような文明が発達していたとはゆめゆめ思っていません。猿から人間に進化するまで、ずっと何十億年も変わらず、やがて恐竜が闊歩しはじめ、人間の原始時代が始まるくらいしか思っていませんでした。
痕跡がないから、といって、絶対に超古代文明がなかったとは言い切れません。

発達した超古代文明があって、何度も同じようなことを繰り返しているということを知ったなら、また原始時代からやりなおしだと知ったら、本当に人間は馬鹿で、おろかだと思います。
核戦争でなくても、世界各国に建てられた原発が爆発したら、同じようなことになります。

雨量レーダーのリング

2月1日は関東でも雪が降りましたが、そのときウェザーニュースの雨量レーダーを観ていました。
あれっ?って思ったのはこの図。
雨量レーダーリング1

雨量レーダーリング2

名古屋中心にして雨雪の強い部分がリングのようになっていました。
(もっとはっきりした輪の時がありました。)
動画にして雲が流れても、そのリングがずっと保たれていて、不思議でした。
観た方も多いと思います。
地形のせい、あるいは気象の色々な条件でそういうこともあるかもしれませんが…。
このブログはコメントはOFFなので意見を聞く事はできませんが、なんでしょうか?
先日見た記事で、京都大のレーダーがあるとか…その影響なのか、わかりませんが、地震兵器というのがどこかにあるとか、読んだので、それなのか?なんて思いましたが、その日はこのあたりでは地震はなかったようなので、関係ないようですね。
追記
又見つけました。3月4日、東北地方です。
別サイトでカミオカンデの実験の影響なのか、リングが見えるという情報もありました。
まったく分かりませんが、不思議です。
レーダー雨量 サークル
雨量レーダー、サークル1

「世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン」

世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン
(2008/11)
ベンジャミン フルフォード

商品詳細を見る

9.11から端を発して、闇の勢力があることがわかったフルフォード氏が、
その勢力は世界のロックフェラーやロスチャイルドをはじめとする大資本家のことを指すかと
思われたが、そこがゴールではないと気がついた。

旧約聖書の創世記の中に出てくるニムロードは、この世で最初の権力者で、
かつあの堕天使ルシファーの子孫、強大な力をもつことで邪悪になり、自らを神と名乗ったそうだ。
ニムロードは悪魔を信仰していたという。
その悪魔教をあがめている子孫が今の闇の勢力の正体であるという。

聖書にかかれている(ユダヤ教でもキリスト教でもおなじく)予言によると
”最終戦争が起きて、地球が火の海になって、その後、救世主が現れて、信者だけが助かる"とされている。

彼らはその予言を都合に良いように使い、「人工的に世紀末を起こして、中近東を中心とした王国を作り、そこから人類を支配する」最終目的を持っているようなのである。

そうやって考えていくと、今までの世界の歴史で起こった革命や戦争がほとんど、彼らの策略の中であえて引き起こされ、その結果、彼らに権力と金が集まるようになったということがわかる。この本で、その内容が細かに検証されている。

続きを読む»

「神との対話」

神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について
(2001/01)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る

この本もかなり前に読みました。
このころ、こういう傾向の本をやたらに読んでいました。
スピリチュアルっていうんですかね。

ずっと本棚の前において時々読みかえすようにしていました。
ただ、対話するアメリカ人の男性の質問が、自分の聞きたいことではなくて
キリスト教に毒された?(失礼)罪の意識がすごくて、共感しきれないなあ…とも。
今読んでも神様の答えがなんとなくふざけているような、いいかげんのような。
もちろん、目からうろこのお話もあって、自分の中の常識を覆すには、たいへん為になりましたが。

最近読んだ本(「ルシファーの謎」飛鳥昭雄・三神たける著)で、前にも書いたのですが、こういうチャネリング系の体験の本の内容は、実はその翻訳が受け手の人によって変わってくることと、神だと名乗る存在が実は堕天使(悪霊)のしわざだったりするとの話があり、納得できたので、もう一度こういう本の内容を検証する必要があるなと感じています。

宗教もそうなのですが、悩める人に答えをすぐに出してくれる存在を崇め奉って、信頼して、自分で考えなくなってしまうことは、人間の怠け心、甘えの一種だと思うんです。頼ってたら楽ですから。
と、今は自分に戒める意味でも、言いたいことです。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード