ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

孫崎享さんのツイートから

最近、もう頭の中が怒りやらなにやらがごちゃごちゃして、言いたいことが山ほどあって、何から始めたらいいのかわからない、という感じです。自分自身はツィッターはやっていないですのですが、やっている方のを読むだけならばPCでよく読んでいます。孫崎享氏のツィッター、先日から興味深く読ませていただいています。

先日は朝日新聞の「戦後史の正体」の書評がひどかったらしく、たいへん怒っておられました。陰謀史観と切り捨てる朝日新聞の姿勢がよくわかりました。


野田総理の米隷属ぶり、オスプレイ配備についても怒っておられ、まったくその通り!!と胸がすく思いがしました。
青字が原文の抜粋です。

「オスプレイは日本防衛に何の役にもたたない。何故本土に広く訓練しなければいけない。どこまでも米軍になめられている。野田、森本なら何でも出来る。隷属こんなに進んだは戦後初めてじゃないか。」

自民党政権よりももっとひどい米隷属の野田総理。自分のかつての主義主張など簡単に変えてしまうような人物だということがわかりました。

****
尖閣問題…国民が歴史を知らなすぎることについても、そうだろうなと感じます。

領土問題の複雑化の出発点は日本国民が、歴史を知らないことにある。

日本はポツダム宣言を受理した。その中に「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ」の記述がある。この段階で日本固有の島であるという論は国際的に通用しない。各々の島が国際的にどう扱われてきたかを 知る必要がある。しかし、日本国内では「固有の島」論が横行する。そして「断固確保」である。領土問題の関心が高まった今、国民の認識を変えるチャンスである。しかし、「固有の島」論がますます勢いづく。歴史的事実を無視しただただ「固有の島」。本当の愛国論ではない。


そうなんですよね。愛国だと右翼保守派と言われる人はナショナリズムをあおっているのですが、良く知らないまま、熱狂するのはいけないと思いますね。感情的に中国嫌いというのはまずいことです。

さらに、今の保守右派は従米、昔の保守とは違っているとのこと、なるほどそうだと思います。

今日右派と呼ばれる人は従米。昔に遡れば違う。福田 恆存は保守派論客。1982年4月2日朝日ジャーナルより(フォロアー提供)「日本人は米国と仲良くし、いう通りにすれば米国が喜ぶと思っている。
米国は日本が強大になることを望んでいない。無駄金を使わせようとしているのだ。 安保は米国にてごめにされて出来たものだ。安保を考え直すなら、まず現在の安保をなくす。その上で日本の体制をきちんとさせ、日本の自主性を明確にして米国と話合う。そうしてこそ対等の関係になる。」こういう保守派は今はいない。保守の名をかたる隷属者。


今の自民党の保守というのは昔の保守派とは明らかに違いますね。米国に対してこんな考え方はないでしょう。自主独立を真に目指すならば、米国と対等に話し合えるような体制を作ろうと、まずするのが先ではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/03(水) 16:38:58|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0

「戦後史の正体」

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
(2012/07/24)
孫崎 享

商品詳細を見る
孫崎享著 元外務官僚 国際情報局長
すでにベストセラーの本。高校生にもわかるように、と書かれたそうなので、読みやすい文章だった。
終戦後の日本の状況が詳しく書かれている。
1945年9月2日に降伏の調印をし、その時アメリカは3つの布告をする寸前だったそうだ。なんとなくこの話は聞いたことがあったが、
1、公用語は英語に。2、米軍による違反は軍事裁判で処分。3、通貨は米軍の軍票。
という、今思えば恐ろしいものだ。
日本がこうならなくてすんだのは、重光葵さんのおかげだった。まず岡崎氏に夜中に折衝に行かせ、翌日マッカーサーと重光氏が会見し、この布告が取りやめになった。米軍の軍政を日本にひくことはポツダム宣言と違ってくる…と素晴らしい折衝をしたと言う。

しかし全体としての戦後の日本は、報道機関は米国にすり寄ったし、吉田茂首相はまさにそうだった。

日本占領は史上まれに見る『寛大な占領』だったと言われたが、私もそう思っていたのだが、実はそうではなかったのだなと知った。
ずっと米国は好きなだけ軍隊を日本の望む場所に駐留できる、という方針を今まで続けてきて、今もその姿勢は変えないのは、日本の真の独立を認めないという証拠なのか。

とはいえ、一貫して言えるのは、米国は一枚岩ではなく、その時その時でころりと変わることがあるという。
将棋のゲームの中で米国が「王」で、日本が「歩」になったり、ときには「銀」になったりと状況によって変わるのがアメリカの戦略だと認識した。
たとえば、終戦直後、米国は”日本の生活水準は侵略した国よりも高くしないように”と決めていたのだが、占領経費が高くつき、アメリカの物資不足に陥ったので、日本で大量生産させることにした。さらにソ連とアメリカの対立が起き、日本をその防波堤としたいという方針に変わったので、日本の経済を立て直すことが許された、というか、経済力をつけさせた、という感じなのだ。そして時がたち、冷戦が終わるとまた日本への戦略を変え、経済力を削ぐように動いているのが今なのだろうと思う。

歴代の総理の動向を順に見ていくと短命政権に終わった総理ほど、実は対米自立を目指した、米に物申すことができた人たちだった。長くいられた総理ほど、対米追随路線であったことが歴代の総理などを例にして実証している。

日本の戦後史のこのような米国との力関係、いや、米国の支配下、コントロール下にある状態のまま、というとあまりにもだが、ずっと同じなのだ、と認識できた。しかしおとなしくずっと対米追随路線で来たわけではなく、たくさんの政治家が果敢に自立を目指したことが詳しく書かれており、その苦労が忍ばれる。

例えば、私が驚いたのは、歴代の総理の認識はたとえばあまり評判が良くなかった鈴木善幸氏は実は志の高い人だったこと。親米と思っていた岸伸介氏も意外にがんばったことや、これまた親米派と思っていた宮沢喜一氏は行政協定のひどさに気がつき、「独立する意味がないにひとしい」と言ったらしく、抵抗をしたことがわかった。
逆に吉田茂という米国に対等に渡り合ったという豪快なイメージの総理が、米の命令に従っていただけだったとか、今までのイメージや認識は塗り替えられた。

戦後は報道関係や経済界に対米追随の勢力が作られた。親米路線がひかれた。そのため自立を目指そうとする人物が現れると、その足をひっぱるように動くのは同じ日本人である。今の日本の状態を見てもそれがよくわかる。
67年もたって、この頑強に作られた姿勢が固まってしまったかのようだが、そろそろ気が付く人たちが増えてきたのだと思う。

この本を政治家を自主独立派と対米追随派に分けるだけの陰謀論にすぎないと一笑に付す人もいるかもしれないが、筆者の想像や思い込みからでなく、丹念な過去の文書からの引用による根拠がしめされており、説得力があると思う。
  1. 2012/08/30(木) 21:11:50|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0

アジアの紛争を望むアメリカ

今日の大竹まことのゴールデンラジオ(文化放送)で、大竹さんの意見に共感した。
今、日本は韓国とは竹島問題、中国とは尖閣諸島問題が起きているが、
領土問題は本来、アメリカが戦後に線引きをしたことでそのために紛争となっているのである。
この紛争の種をまいたのはアメリカなのである。
しかし、今アメリカはこの問題に口をはさまない、と言っている。
実は彼らは紛争を望んでいるのではないか?と疑うべきである。
まったくそのことを政治家が言及しない、いや、できないのが情けない。
そろそろ、日本人もそのことに気がつくべきだし、韓国も中国もわかっている人はわかっているはず。
何度も言うけれど、日本と韓国と中国が仲良く手を結べば、相当な力となる。
弱っているアメリカには脅威になる。
力を弱めるために、アジアを分断することが重要なのだ。
その手に乗ってはいけないのだ。
石原都知事はもういい加減にして欲しい。
尖閣の問題を出してきたのは彼で、彼はアメリカの戦争屋の手先になってしまった。

戦争をしたがる人たちが少なからずいることは否めない。そうした人を押さえ込むには無視しかない。
大竹さんがラジオでいうくらいだから、最近の国民は冷静になり、大手マスコミの報道にあおられなくなったと思うことが救いである。
  1. 2012/08/16(木) 18:00:07|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0

前原氏辞任、年次改革要望書等

●前原外相が辞任。
その理由が外国人と暴力団関係会社からの献金を受け取った件ですが、裏側では、色々なことが考えられてるようです。
1つめは、暴力団関係の会社からの献金は野田、蓮舫議員にまで追及の手が伸びる、あるいはさらに別のたくさんの議員にまで及ぶために、ここでストップさせたかった。
2つめは前原外相は今辞めたほうがこの先、総理になることができると踏んだのではないかということ。今のままの泥船政権では次の選挙では負けるので。
3つめは、前原氏は最近、「ODAの見直しをしたい」と発言したそうで、これがアメリカの琴線にふれてしまい、怒りを買って失脚工作を仕掛けられたというもの。
うーむ。どれも納得します。


●日米経済調和対話。
阿修羅の投稿で知りました。
なんと、あの「年次改革要望書」は鳩山政権の時にはなくなったそうです。
あの年、”今回も出たのかな?”とちらっと思っていたのですが、さすが鳩山政権、止めたんですね。

しかし!菅政権でまた復活。名前は変わって「日米経済調和対話」
内容を読んでみると、内政干渉、まったく余計なお世話というもの。
郵政民営化もアメリカ国内は国有のままのくせに、日本にはあれこれと教示してやるぞ、と言った態度。
やってしまったら日本国民の命を守ることができなくなります。

規制を緩めて、撤廃せよというのが多いようですが、もちろん問題があれば色々改革すべきだと思いますよ。
彼らに言われたからではなく、日本人が考えてから進めることです。



●米に気に入らない人が次々と失脚させられている事実。
本、ネット、ブログなどで色々と読ませてもらううちに、わかったことは、田中角栄をはじめとする政治家や官僚が、自国の利益のために動きはじめたり、アメリカの利益を損なう恐れがある行動を始めた場合、その人を暗殺、失脚させてきたことです。
今たとえ日本にとって素晴らしい人がトップに立っても、結局すぐに失脚させられるのではないかと心配がよぎります。
どうやったら、いいのでしょうか。
小沢一郎さんや植草一秀さんが日本の舵取りをされるのが一番いいと思うけれども、このままでは、彼らの命が危ないし、長続きさせるのは難しいに違いないと思います。
亀井さんがCIAに殺されるかも、でも私はやる、とおっしゃいましたが、やはり亀井さんのように公にはっきりと言うのがベストかもしれませんね。公の生放送で大声で言うこと。街頭演説で言う。ラジオ生放送、インターネット放送などを使う…。国民が疑う、真実を知ることしかありませんね。
  1. 2011/03/07(月) 14:30:18|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0

「あなたは常識に洗脳されている」

あなたは常識に洗脳されているあなたは常識に洗脳されている
(2010/08/21)
苫米地 英人

商品詳細を見る

苫米地さんの本を他にも読んだことがありますが、常に世間の常識にとらわれない態度を貫いていて面白いところがたくさんあります。
この本の中には色々書いてあるますが、気になった一部分を少し紹介します。

*****
そもそも日本の四大新聞(朝日、読売、毎日、産経)は必要ない。
独自のスクープがほとんどないから。
共同通信社と時事通信社の配信か他社の後追い記事です。

日本経済新聞は日本経団連のリーク、御用機関。
週刊新潮は警察のリーク。

記者クラブからもらったネタは政府や警察、経団連が意図的にリークしているので、むしろ記事にしてはいけない。
だからもう新聞社には存在価値がなくなったわけです。
権力者に対して意見を言う、批評するという行為を新聞では無理、週刊誌や月刊誌が担うべきでしょう。
****
地球温暖化でCO2濃度が増えていると思われているが、実は酸素濃度が下がっています。
昔は大気の5分の4が窒素で5分の1が酸素と思われていましたが、今は都市部では15%、東京都の酸素濃度も13%くらいしかない可能性もあるそうです。
酸素不足になると、問題なのは、脳への障害が問題で、うつの増加と原因があるかもしれません。
酸素を作り出すのは植物の光合成で、植物のためにはCO2が必要であるので、逆にCO2は多いほうがいいという結論になります。CO2削減と騒ぐのは単に排出権取引がデリバティブになれば金融市場が活発になるから。
****
サンフランシスコ講和条約では日本の独立は認められていません。
原文と日本語訳にはおおきな隔たりがあります。
日本語訳「連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する」となっていますが、
実は「連合国は、日本の人民による日本とその領域の十分なる自治を認める」となっているのです。
独立国の定義である「自治権」と「外交権」のうち、「自治権」しか認められていないということ。
これは台湾と同じ。自治は認められていますが、国際法上は独立していないということ。
日本には外交権が認められていないのです。

国際連合は第2次世界大戦で勝利した連合国側が作った組織で、国連憲章には「ジャパンは敵国」と書かれている。だから、日本は国際連合の安全保障理事会の常任理事国にはなれない。
このことは世界の外交官には常識で、知らないのは日本人。国際連合にとっては日本はアメリカの属国。
****
東京地検特捜部はGHQの下部組織として作られました。
もともとの名称は「隠匿退蔵物質事件捜査部」。旧日本軍が隠した反米活動用の大量の隠匿退蔵物質を摘発するために作られました。その活動には反米の組織や人物を取り締まることも含まれていました。
だからいまだに反米を訴えると、東京地検特捜部に摘発されると言われるほどです。佐藤栄作、田中角栄、今は小沢一郎もそういわれているほどです。
*****


日本は独立国ではない、と書面からもはっきりしてるとは驚きました!
知らされていないままだったんですね。
今、アメリカの属国だということをはっきりさせたらどうなってしまうんだろう?
政治家も知らないのでしょうか?じゃあ、日本の外交官は?知らぬふり?

東京地検特捜部に小沢さんが何度も狙われていることに気がつけば、明らかですが。
戦後、政府やアメリカによる洗脳で日本人はすっかりだめになりました。
我々にできることは、まずは一人ひとりが目覚めるしかないわけで、
マスコミ、新聞などの記事を信じない、疑うことから始めること、
他の意見を聞いたり読んだりしてみることでしょうか。


  1. 2010/09/09(木) 15:11:54|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0
次のページ