荻上チキのセッション22

荻上チキのセッション22」TBS系ラジオを最近よく聴いています。
昼の番組で紹介されていたのを聴いて、知りました。
リアルタイムで聴けなかったら、”radiko”のタイムフリー機能で聴いたりしています。
この”radiko”は本当に便利になって嬉しいです。TBSラジオのクラウドサービスもあって、過去の放送も聞けるので便利。
もしまだ聴いていない人がおられましたら、せひ聴いてみてください。

毎回いろいろな話題を、ゲストを迎えたり、電話でインタビューをしたりしながら、深く掘り下げていく番組。
荻上チキさんは、いつも冷静で、公平にインタビューをし、どれだけ下調べしいるのだろうか、と驚くくらいちゃんと質問をし、毎日の話題をしっかりつかんで、そのうえ、雑談では流行りのゲームや漫画も読んでいると若者らしい話もあって、毎日よく時間があるなあと感心しています。

最近の森友学園土地の購入問題においては、即、森友学園理事長の籠池氏に電話インタビュー、時間もたっぷりとって話が聞けました。今回は最終的には政治家の口利きがあったか、なかったか?が一番のキーとなるのですが、そこまで追求できるかが、ここから始まりますね。調子よくごまかしがうまそうな口調の関西弁のおじさん、と言った感じの人。この理事長という人物、塚本幼稚園の教育方針が戦前の軍国主義を思わせるようなもので、かつてから少し話題になっていました。教育勅語を暗唱させたりするそうで…。日本会議の考え方に賛同している人。
母にこの話をしたら、テレビじゃやってなかった知らなかったと言い、この理事長、若いのにね、安倍さんも若いのにね…というので、ああ、そうだな、と思いました。
80代の母にしたら、安倍総理や籠池理事長も1954年生まれで62歳くらい、戦争もまったく体験していない、生まれたときからまったく戦争の雰囲気も知らないはず。戦前の国民の雰囲気も知らないからこそ、そういう世界を理想とする、美化してしまう、あこがれだけで熱くなっている…戦争を知らない世代の想像力の欠如、あるいは支配層に安穏とできる側からの発想でしょう。

少し前、このラジオで安倍総理の3代について調べており、安倍晋三総理の父の安倍晋太郎さんも自民党の大臣でしたし、その父、祖父の安倍寛さんも政治家で、この方は大変地元で愛されていた国民目線の政治家だったという話を知りました。
私もちょうど安倍寛さんをネットで調べたことがあるのですが、今の総理とはかなり違う感じの戦う政治家という感じでした。
しかし、今の安倍さんはこの祖父の話はせず、母方の岸信介の話をよくするようで、どういう政治家を目指したかがよくわかる話でした。

こんな番組はラジオの夜ならではでしょう。テレビのワイドショーは今最低ですね。NHKのニュースもずっとひどいですが。トップニュースは北朝鮮か、東京の築地移転問題か、アメリカのトランプ政権か、日本の話題となると、殺人事件や事故の話題だけ少しだけで、安倍政権に関することや、原発問題など取り上げないという姿勢です。
でもさすがに、今回の土地購入に関しては、昨日の夜、少しだけ報道していて、一切安倍さんの妻の関係には触れなかったけれども。とはいえ、この問題は、やっと最近になってほかのメディア、テレビ局も取り上げるようにはなりました。
スポンサーサイト

「今の世間の要求は無謀ですよ。働けよ、産めよ、育てろ、美しくあれ、これでは体がいくつあっても足りません!」

人気ドラマ「逃げるは恥だが、役に立つ」が最終回を迎えましたが、社会派ラブコメディというだけあって社会問題もしっかりとりあげられており、主人公以外の人たちも、それぞれに生きづらさを抱えていることを描いており、誰しもが誰かに感情移入できるような、よくできたドラマだと思いました。原作の漫画が秀逸なのでしょうし、ドラマの制作側もそれをしっかり受け止めたのでしょう。
今の政府批判が含まれているなと思ったシーンでいわれるセリフが表題にしたセリフです。
私は途中から見たので、知ってるだけなのですが、8話あたり、ヒロインのみくりの兄嫁が、「朝まで生テレビ」のパロディをしながらいうセリフ。女性活躍社会、女性が輝く…なんていう安倍政権の政府批判にもなっています。

他にもシングルマザーの生きづらい社会
小売店(商店街)の衰退
かんたんにリストラする会社のありかた
結婚というシステムの問題
男女の役割の固定的な考え方
若いことだけが良いとする風潮
LGBTの人の生きづらさ
等など色々含まれていました。

「日本会議」の方々(安倍総理も含む)がどう思うんでしょうか?このドラマ。戦前回帰の思想の方々の割には、女は家、男は外、というわけではなく、女性が外でばりばり働いて輝け(国に税金納めろ)というのですから、不思議ですね。女性は外でもうちでもやることがありすぎてへとへとで、国のために産めよ増やせよ、育てよ、男は外で働き、税を納め、命を懸けて兵隊になって、国を護れよ、なんだか、本当によくわかりませんね。彼らの矛盾した思想が。
結局は彼らの思想は、国民一人一人の生活をどうしよう、というビジョンがないんですよ。
安倍政権は国民一人ひとりの個人として、健康で幸せな生活を送るとかはどうでもよく、国民は”国としての体裁を整えるための道具、奴隷”なんですよね。奴隷の一人ひとりの生活が苦しかろうが、そんなこと知っちゃいないわけです。

安倍政権に危機感を抱く方々の死

加藤紘一元衆議院議員の訃報を聞き、また一人、大切な方が亡くなられたと悲しく思いました。

先日、101歳で、戦争のこわさを説いて教えて下さっていた、むのたけじさんが亡くなられたばかりで、

愛川欽也さん、野坂昭如さん、大橋巨泉さん、永六輔さん、やなせたかしさん、菅原文太さん、

みな反戦を訴えてくださった、この先の政治に危機感を感じて積極的に発言されていた方々が次々亡くなられて、本当に悲しいです。

自民党でありながらもリベラルで、集団的自衛権の行使容認した安倍政権の姿勢を批判した加藤紘一さん。

彼らの子供世代、戦争を知らない次の世代が彼らの声を受け継いでいかなければいけません。

でも、なんとなく弱々しい。

ただ、我々含む若者たちは軍国教育を受けてきた大正~昭和初期の子供ではなく、洗脳されていません。

天皇陛下のために国を護るために、兵隊さんになろうとか、純粋に思わされているわけではないのが救いです。



日本は特別ですごい国だ!!?

天皇陛下が生前退位への強いお気持ち、というお話をされました。
天皇陛下は一人の人間として素直にお話になり、ほとんどの人が理解できると思いました。
これは「日本会議」など安倍右翼にとっては、どういう気持ちなのか?よくわかりません。

ネットでは、天皇が「日本会議」の意向に逆らって、阻止するために話をされたのではないか、という憶測も流れています。
今の憲法では「象徴」でありますが、天皇陛下が為すべきことと考えられるのは国事行為以外にも全国各地の国民に会いに行き、慰問されたりすることが公式のお仕事であると考えられていらっしゃいます。

普通に考えると、公務をもっと減らし、皇太子様ができることは皇太子様に任せて、たとえば、被災地慰問や施設への訪問などやっていただけばいいのでは?と私は簡単に考えていましたが、今の平成天皇は全部自分がやるべきと思っているようです。
本当は法律や、憲法に規定されているのは国事行為(国家的行事、書類に印鑑を押すなど)をされていればOKなのだということです。荻上キチさんのラジオにてそう聞きました。
なので、素人の私からすると、公務を減らしていけばなんとかなるのではないか、と思っていたのですが、それはいやで、憲法にある象徴という意味を守るためにも、皇室典範などを変えてほしいと言う希望のような感じに聞こえました。

深読みすることもできますが、天皇陛下は自民党憲法改正法案に反対する、阻止するためにおっしゃったのではなく、今回憲法改正に動くタイミングでこのことを一緒にやってもらいたいと思われたのではないかと思いました。
憲法改正の国民投票をおこなえば、今回の天皇陛下のご意志は理解されるものでありますから、これは当然賛成になるでしょう。
もちろん、そのことだけに関しては、ですが。
たぶん、欧米の王族と同じような制度にしてほしいと言うことだと思います。生前退位もありますし。
しかし難しい問題で、深読みすると、今、天皇家の存続が危ぶまれるから?天皇家の莫大な財産を狙われているので、それを守りたい?象徴という存在はあまりにも不自由だから?色々あります。

私はかなり前ですが、やたらにスピリチュアル系の本を読んでいたことがあり、「竹内文書」は超古代史の話で、実は日本は世界のひな形で、世界の中心であり、地球ができたときの神様からの直系の神の血を引くのが日本の天皇家であるという話があります。
最初の頃の神様の寿命は人間とは違うけた違いの長さで、だんだん短くなり、神様も人間と同じになってしまったというわけです。
神様である日本の天皇家だけは他の欧米の王族とは違うのだ、というわけです。
明治時代に生まれたらしいまさにトンデモ本なのですが、偽書とされているものの、インチキ宗教が利用しやすい話題となります。

思うに、「日本会議」もその流れがあるのでしょう。
「日本会議」の櫻井よしこの話も日本は特別な国であるとよく話しています。
酔いしれたい気持ちはわかりますが、この人たち大丈夫でしょうか?

それに、最近はテレビで”日本はスゴイ!”という番組をたくさん流していますね。最初の頃は嬉しかった話題なのですが。自分がほめられているようで。でも最近はあまり多いので、かえって白けています。もうトゥーマッチ、満腹です。
落ち目の人が誉めてもらって喜んでいるみたいな、自慢をしないではいられないのは、日本が没落している証拠なのでは。
これも安倍政権、日本会議の意向が反映している証拠です。





スタップ細胞が再現された!大ニュースなのに何故か全然報道されませんが…!!

このニュースをスルーするマスコミには驚きますね。
スタップ現象の確認に成功

小保方春子さんの「あの日」の本も読んでいるところだったので、いいニュースだと思います。
私としては彼女は決して嘘をつくためにあんな発表をしたとは思っていません。
スタップ現象はあったのだ、と純粋に信じて、彼女は発表したのでしょう。
ウソだとわかって発表したって、すぐにばれて恥をかくわけで、そんなおろかな真似は普通しないものです。
仮に、それが間違いであったなら、発表前に何故周りの先生方がチェックできなかったのか、あまりにもおかしい話だらけです。
彼女のデータの取り方やレポートの書き方などずさんで、マスコミでさんざんたたかれましたが、理研の態度が急に冷たくなったために彼女一人が悪者扱いされたと感じました。
彼女の発見がガンを治す道を切り開いた、としたら、ガン利権でもうけている人たちが彼女を阻止した、という意見もあり、無視できません。真実はいずれわかるときが来るでしょう。
千鳥学説(千島喜久男博士の説)の関係の本を読んだことがありますが、内容は細胞は赤血球から作られ、不可逆でなく、可逆であること、血液は骨髄で作られるのではなく、腸で作られる、という説です。これが正しいことが説明できるのではないでしょうか。今までのガンの考え方も変わってくる話です。

小保方さんであれ、ドイツの研究者であれ、誰でもいいので、細胞の初期化が簡単にできるようになることが証明されれば、本当にすばらしいです。



プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード