安倍総理の粘りで日本が壊される

大阪地検、佐川氏を不起訴だとのニュース。
起訴しないということは、裁判で裁かれない、まったく刑事罰を受けない。
これからのお役所は公文書を改ざんしてもOKということだ。
大阪地検も腐りきっていて、あきれて言葉もない。

国会を最近見ていて、モリカケ問題で、もういいかげんうんざりなのは野党の方だと思う。
いいかげんにしてくれと。
野党(立憲、共産、自由など)のがんばりに期待するのみ。
安倍総理がいかにも落ち着いて、完全に開き直っている風を装っている。
書かれた答弁書を読み、なにを聞かれても、同じことしか答えませんよ、と言っている。
ごまかしで乗り切れるという自信でもあるのだろう。
時間稼ぎで関係のないことを話し、真正面から答えることはなく、言いたいことだけとうとうと述べる。
こういう戦術だけは長けている。
馬の耳に念仏。

働き方法案、高プロのようなひどい制度で日本の労働環境がひどくなる。
過労死で子供を失った母親の話を荻上チキさんのラジオで先日聴いて、泣けた。
チキさんは、”たしかに高プロが法制化すると、「過労死」という認定数は減るかもしれない。なぜなら、労働時間の規定がないから、過労死とカウントされなくなるから”という。確かに。これが狙いか。

今の年収1000万円以上に適応は、なし崩しで、2~300万円に下がってすべての労働者にこれに適応されて、きびしく恐ろしい社会となる。将来、自、公、維新議員の子や孫が過労死した時、あの時、賛成したことを後悔するのだろうか。

昔の企業は大手ほど、福利厚生が手厚くて、いろんな恩恵があり、終身雇用がほとんどで、年功序列もあったので、安心して働いていた。住居も安い賃料の社宅もたくさんあり、休日には保養所を安く利用でき、何か創立何年などの記念日に贈り物をもらったり、社員旅行や運動会もあったりした。社員のみの特典だった。だからこそ、大手企業に入って安定した生活を手に入れたいという若者や親たちの希望があって、そのためにいい大学に入りたがったのだ。良い社員を取ろうと中小企業もがんばったはずだ。

今は派遣社員だらけになり、正社員もリストラで減ってきて、全体的に人数が減り、そのため一人当たりの仕事量が増え、過重労働になっていると聞く。経営側は、人件費が減って、福利厚生費も減って、その分、内部留保の金をため込めて息をひそめる。

こういう場合、働き手が拒否し、不満を爆発、ストライキに入れればいいのだが、労働者同志の横のつながりがなくなってきて、できない。少し昔は労働組合が強かったので、4月など年度初めは国鉄のスト、バス会社のストと、年中巻き込まれたけれど、今はまったくなくなってしまった。

こうやってどんどん労働環境が悪化していくのは、働き手が文句を言わないで黙って従うから、なのだろう。
文句言わないで黙って素直に安い賃金で働く人がありがたいわけだ。
皆、それぞれ、それでも仕事がないよりはまし、と思って我慢して働いていたりするのだけど。
国民に全く優しくない制度作りに熱心な安倍政権の悪政をこのまま野放しにしていいんだろうか??
若者はたくさん働かないでもいいや、別に車も家もいらないやと消費を控えていくだろうから、経済はどんどん衰退するはずだ。
国家としての日本経済なんか衰退すればいいけど、国民が食べていけない、生きていくのが苦しいと感じるのは政治が悪いに決まっている。




スポンサーサイト

安倍政権支持の「岩盤の3割」

東京新聞に、安倍政権支持の「岩盤の3割」は何かという記事[こちら特報部」があり、3つの層に分かれるとあった。
まとめると、

1、何が何でも野党には昔っから投票しないと決めている層。
2、残り少なくなった利益にしがみつくために政権を支持する、縁故、権力者とつながって利益をあずかろうとする層。
3、自己責任論が蔓延したため、国家に見捨てられたくないという思いから「愛国」を叫び、排外主義に走る層。
  

3の「愛国」を叫ぶ人は、自分には力がないと感じ、せめて住んでいる国が歴史ある立派な国で、そこの国民であるとの自負をもちたいと思う心理だろう。個人としての自分の自信のなさのあらわれでもある。
本当の自信を持っているならば、どこの国に居ようと関係のないことだ。
まして他国を嫌ったり、馬鹿にする必要もない。
日本は他国よりも優れた神の国なのですよ、などとおだてられて、いい気になって酔いしれたいだけなのだ。

それに選挙制度が小選挙区制になったことで、党内独裁が可能になったから、安定していると勘違いされている。
(今までだったら、政権はもう十回くらい倒れてもおかしくない)

しかし、それも南北朝鮮の融和ムードが高まった今、動き出す、今は潮目だと思う。
スキャンダルのスピン効果はあまりなかった、むしろ安倍外交の無能さが浮き彫りになった。

ナチスの手口、ファシズムの初期症候

4月9日の月曜日にテレビ放映の国会中継で、藤田幸久(民進党参議院)議員がフリップを出して質問していた。
それはネットではかなり前から話題になっていた、このファシズムの初期症候、ナチスの手口である。
NHKでこれが映像で流されるというのは画期的だ!と思ったし、思わず拍手してしまった。
この14の項目すべてではないが、一部を取り出していた。

この項目を読んでいくと、安倍政権があからさまにこれを遂行していることがよくわかる。

ファシズムの初期症候
 
強情なナショナリズム

人権の軽視

団結のための敵国づくり

軍事の優先

性差別の横行

マスメディアのコントロール

国家の治安に対する執着

宗教と政治の癒着

企業の保護

労働者の抑圧

学問と芸術の軽視

犯罪の刑罰化への執着

身びいきの横行と腐敗

不正な選挙

   ローレンス・ブリット


性差別の横行はないか?と当初思われたが、女性天皇を認めない皇室の問題と最近話題の大相撲の土俵に女性を上げないという問題が出てきて、はっきりとしてきた。ほとんどの項目が思い当たるのではないか。
今まで政権で、こんなに露骨なことがあっただろうか?
なのに、なぜ政権支持率が30%を超えているのか??

同じ根っこに問題があり。

注目の元理財局長の佐川氏の証人喚問は矛盾ありすぎて全く納得できなかった。

「総理と総理夫人は絶対に関与しておりませんが、理財局内で公文書を書き換えたのは事実です。しかし、その時間も動機も一切お答えできません。」というだけのものだった。
当然、そう言わせたのは自民党なのだが、一切誰とも話し合ったり相談したりしていない、とも言った。

きっと昭恵夫人も安倍総理も直接は関与はしていないのだろう。あくまで直接には。
しかし安倍に寄り添う今井秘書官とか、大阪の方の議員(日本会議系)、維新の会の議員(日本会議系)もいっぱい口を出していたはずで、それを「不当な圧力」ととらえなければ、何とでも言えるから、小賢しいというか、ずるがしこいというか。
口利きを「単なる問い合わせ」とかに置き換えると問題のない普通の案件となる。

実は佐川さんが居たときではないのだから、詳しい経緯は知らない可能性もある。当時の元の局長の迫田氏や夫人付きの秘書の谷さんなどを呼ぶのが筋で、それを自民党はしたがらない。
つまりやっぱりまずいから、なのだ。

日本では最近冷めた目で政治を見てしまう人が多いかも、もういいや、とあきらめてしまったら、だめなんだなと思う。
このまま安倍政権がだらだら続いたら、きっと北朝鮮みたいな国になる!戦前の日本が今の北朝鮮そっくりなんでしょう。

司法も警察も安倍政権に逆らえなくなって忖度しているし、マスコミもそうだし、財界も安倍政権にべったりだし、だから不都合な公文書まで書き換えちゃうし、国会の議事録も都合が悪いところは最近はバンバン削除しているらしいし、民主主義なんてまったく機能していないかんじだ。教育に口をだして、道徳教育を強化するらしいから、そうなるとますます戦前の日本に近づくのだ。
結局、森友問題は、日本会議系の思想(カルト右翼)が日本に染み渡ったために起きた事件であり、根が深い問題である。
一つ二つの事件として存在するのではなくて、もりも、かけも、あれこれ起こることすべては、みな根っこが一緒の問題になっている。

政権の一掃、大掃除を期待

日本会議や統一教会、創価学会、宗教が今の政権にはびこり、
気が付けば、スポーツ界にも芸能界にもこうしたカルト右翼がはびこっているようだ。
貴乃花親方の部屋も龍神様の宗教でおかしなことになっているみたいだ。

以前、安倍昭恵夫人がスピリチュアル系がお好き、というまでは、ああ、そうなんだ、という程度で容認していた。
私も一時本を読んでみたりしたことがあるので、まあ理解できなくもなかった。
ただ、あまり行き過ぎると自分の周りで起きるすべての事象が必然で、必要だとか、自己中心的な考え方になる。
現実の世界と離れていき、正義感がおかしくなる。殺人まで必然だとかおかしな話になるから非常に危険だ。

安倍の日本会議系の思想は、たいした深みもない思想だ。
第2次世界大戦にて日本が負けたことが嫌で、日本がアジア諸国に色々な悪いことをしていたことを認めたことが嫌で、それを否定して、戦前の日本にもどりたがっている。日清、日露と勝ち続けたころの日本に戻るには、憲法を明治憲法にもどして、やり直したいのだろう。 あのころの日本の姿が一番美しいと信じているらしい。あこがれとしての明治時代。
アメリカに占領される前の日本人は実に素晴らしく、国として誇りをもっていて、強い軍隊をもっていて、勇敢で、若者が元気で、家族の結びつきが強く、国民がみな天皇を中心に一つになっていた…と。(他のアジアの国を見下すのが好きで)
安倍総理がその典型で、それと同調、群がる人たち。そんなにたくさんいるわけではないのに、妙に政権に入り込んでいた。
財界などの金持ち層にも浸透していたのには驚く。おそらく官僚にも。
思っていた以上に深く浸透していて、恐ろしい。

今は安倍退陣のチャンス、とにかく今の政権がつぶれないといけない。
そして次の総理は…、と考える。
福田元総理(81才)などはもう出られないのだろうか?
日本も総理は高齢でも立派な方ならぜひともやってほしいものだと思った。
福田元総理は自民党内でも安倍批判しており、頼もしいと思う。
(私の意見、かなり変わってます!?)

古い記事だが、マレーシアの元首相、マハティール氏、92歳という高齢ではあるが、
次回の選挙に出馬を表明したというニュースは驚いた。
高齢でも多くの人から信頼を受けて支持されている人が出るべきだろう。
うらやましいと思った。


以下一部コピー
++++++++++++++++++++++++
マハティール元首相、次期選挙出馬を表明


マレーシアのマハティール元首相(92)は先ごろ、今年6月までに実施される第14回総選挙に出馬する意向を表明した。
2017年12月31日付スターが伝えた。

同氏が設立した野党「マレーシア統一プリブミ党」(PPBM)の年次集会で明らかにした。クダ州ランカウイ島か、行政都市プトラジャヤ、もしくは1974~2004年の30年間に下院議員として議席を守ったクダ州クダンパスから出馬するという。

マレーシア国会下院の任期は5年。マハティール氏は野党連合パカタン・ハラパン(PH)会長も務めており、総選挙で政権が交代すれば、同氏を次期首相に推す動きもある。

マハティール氏は81~03年の22年間、第4代マレーシア首相として政権を担った。

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク