敵か味方か、国民分断

20~29才層の安倍政権の支持率の高さには驚く。'15年の10月調査で62%もあったという。
他の年齢層においては内閣支持率は4割以下だったのに、異常に高い。

一億総活躍社会構想に対して「期待する」はほかの年齢層は期待しない方が多かったのに対し、この年齢層だけ期待する方が51%、期待しない29%よりも上回っていたそうだ。

2月15日の東京新聞では「敵か味方か 国民分断」~「森友問題で「朝日哀れ、惨め」~「異様な首相発言なぜ批判少ない」の記事がありなるほどの分析だった。

若者にとって働き方改革も改悪だし、将来の年金問題も悪くなっている。税金が上がる割に福祉は削られている。
なぜ若者がこの政権を支持するのか?頭を抱えてわからないと思っていたので、そういうことなのだろうか、とこの分析を読み、少し納得するところもあった。

新聞記事では、安倍総理の発言に対して批判の声が上がってこない理由について。
それは以前の日本は、政府とメディア、政府と国民の間には緊張感のあるタテの関係があった。
しかし、今はタテではなく、安倍総理とそれに同調する人々とそうでない人々がヨコの関係にあり、
この人たちがヨコの関係の人を敵、異物と考えており、共存不可能、妥協すべきでないと思っている。
あたかも内戦のような状態だ。と駒沢大の山崎望教授が分析した。
批判する人々を「敵による攻撃」としかみなさない。(まさに安倍総理の心理)
それは「自分だけは国に見捨てられたくない」という心理が強まっていると見る。
自己責任という価値判断が浸透した結果だという。
SNSで交流できるようになると、統治者目線の被統治者になった。


かみ砕いて言うと、「長いものに巻かれよ」的な気持ちか。
学校のクラスで言うと、仲間外れにされて一人がんばる意欲はない。だから強そうな人に同調する。
その強そうな人は意外とフレンドリーで話しやすい、SNSで話せる、自分と対等な場所にいてくれる感じがする。その人に同調すると、自分も上に居るような気がする。これを批判する奴らは皆自分より下でくだらない奴らだと見下せる。いやいや、学校のたとえは違う、あくまで対等な学生同志…。安倍総理は権力者だから。
 
山崎教授は「自分で自分の首を絞めている人がたくさんいるのに気づいていないのではないか。敵にされるのは次は自分かもしれないのに」と懸念。


籠池さんがまさにそうなのでは?
もともと総理に近づいて、持ち上げて、応援して、特別な配慮をしてもらっている時もあったのに、問題が起きたら急に梯子を外され、今は冷たい拘置所に入れられてしまった。かつての味方が今の敵になった。
この姿を見て、他人ごとではないと安倍支持の若者が思うか、思わないか。
誰かが、肉屋の応援をする豚、と言っていたが、いずれ食い物にされるのに、応援しているのは悲しい事実だ。

逆手にとって、大手マスコミ、テレビの報道番組などで安倍総理の力が弱まった、とか、人気がない、とか、盛んに報道すれば、応援する彼らは急速に離れる可能性もあるけれど…。
スポンサーサイト

西部邁ゼミナール

西部邁さんが亡くなられたと聞いて驚きました。

それで思い出しました。彼は番組を持っていて、当時ただの自民党議員になっていた安倍晋三を番組に招き、安倍応援団だと言って、かなり持ち上げていた…と。録画を探して、見なおしてみました。

私は最近はまったく見ていなかったのですが、2009年ごろ、東京MXテレビの「西部ゼミナール」という番組を熱心に見ていたことがあったのです。

当時は何も知らず、ただ政治経済を色々語るので、そのころは勉強するつもりで聞いていました。
新自由主義の批判をしていたのもあって、ちょっと面白いなあとも思っていました。

内容は安倍氏の話は北朝鮮の脅威や憲法改正など今と変わらない話で、それに西部氏はかなり同意して気に入っている様子でした。5,6年後には彼は再び総理大臣になると予言していたのも当たっていました。当時はリップサービスだと思っていたのですが。

第一次安倍政権の時、大臣をしていた山谷えり子もゲストでよく出ていて、今の日本人の個人主義は良くないこと、憲法に書いてあるコトバが問題で、失われた家族主義が大事で、個人の権利よりも全体としてのやるべき使命をもっと知るべきだという話までしていました。女性らしい優しい言葉使いで言うのでごまかされますが、内容は強烈な戦前回帰、戦前礼賛で、西部氏も同意していました。今思えばすごい話していたんですねェ。

彼は対米自立の気持ちが強かったんでしょう。反米保守というレッテルがあるらしいので、彼はそうだったのでしょう。
今のネトウヨの親玉の部分もあります。最近の発言では日本の核武装も支持していたようですし、原発の放射能の問題も騒ぎ過ぎだと言っていたし。

だから今も安倍政権にはべったりなのだろうと勝手に思っていましたが、だいぶ変わって、最近では安倍総理をかなり批判していたそうですね。
反米ではなく親米、アメリカべったりだったので、それが嫌だったのでしょうか。
期待していた安倍総理に完全に失望していただろうことは確かかもしれません。
安倍応援団、集まって彼を励ます会までしてくれていたというのに、安倍総理は今何を思うのでしょうか?

2017年末、安倍政権を改めて批判

ウーマンラッシュアワーの漫才で、「一番問題なのは、”国民の意識の低さと国民の無関心”」と言って締めくくった。
最初は吉本の芸人のこと、自分のことを自戒を込めて皮肉った。だから、彼は潔い。
私たちだけを責めるわけではない、自分たちも含めて反省しようと言っていたのだ。
これらをただ批判し反省する言葉を言って訴えるだけでなく、漫才としてなりたたせるまで昇華させたのはさすがプロだ。
日本の問題をもっと皆が直視するべきだと言っていたのだ。

(以下はまだすべて疑惑、決定的な結論は出ていないが、断定的に言ってしまうので悪しからず)

モリ、カケとリニアとスパコンがみな安倍総理とつながっていることがわかった。

{リニアの鉄道計画は安倍政権が支援すると言って、法改正までして融資を可能にして進めた。184億円が免除になったという。リニア建設は金利と税制と異例づくめで、財政投融資まで入って3兆円を0.6~1.0%の低金利で貸し付けと、もはや国家事業となっているそうだ。}
安倍政権はJR東海の葛西氏とは仲がいい。葛西氏はバリバリの親米保守である。
スパコンの斉藤社長も仲良くしていた。安倍さんの仲良しは優遇されるというパターン。
安倍よいしょの本を書いた山口氏の伊藤しおりさんレイプ犯罪も逮捕を差し止めて、彼を特別に見逃した。
これは彼のためでなく、自分の身を守るためだろうけれど。


小さな詐欺や泥棒はすぐに捕まるし、罰せられるのに、あまりにも大きい権力者だから、捕まえられないのだろうか。
疑惑というレベルでなく、ほとんどバレているのに、これから国会で追及して、裁判沙汰になってもそれでも粘って否定して、自分の身を守るのだろうか。

テレビはもはや政治批判をやめたらしく、ほとんど見るべきものではなくなってしまった。
政府を批判するものは、書籍、新聞のほか一部ラジオや一部ネットのみになった。

テレビ局は昔より弱まっていて、お金がない、企画力もない、安上がりになった。
だから面白くないのが多いのだが、政府を批判できない、安倍の大企業スポンサーにも忖度し、思い切ったことができないのだろう。
でもNHKだけはスポンサーに関係なく、本来はお金を取っているからつぶれないはず、政府批判をしてもいいはずだが、(一部反骨精神のある部分もあるけれど)上層部に安倍政権よりの人事をしているため、政府広報となった。

官僚も彼らの意のままになったのは内閣人事局を作ったせいだと言われている。
官僚人事が政府によって決められるのだから、官僚も言うことを聞くしかなくなった。
さらに重ねて、ネット世論もお金で雇ってネトウヨに書かせて操作しており、過激な批判をするブログなど取り締まっている。

こうして、安保法制、共謀罪、防衛費増大、生活保護費を引き下げる、原発再稼働、沖縄の負担、被災地などの問題を小さくさせていた。

また野党をつぶすための小泉さんのたくらみには騙されたくないものだ。

安倍総理が衆議院解散を宣言し、小池百合子都知事が新党を立ち上げた。
解散の理由はいかにもごまかしばかりで、消費税の使い道と北朝鮮の危機とか、まったく的外れなものだった。
本音は違うことはばれている。国会を開きたくないだけなのだ。自分のためだけの解散。

ここで小池新党が出てきたのは、あきらかに選挙で野党共闘をつぶすためだと私は思った。
また小泉がからんでいるのがわかるように、2014年の都知事選で、野党で有力な宇都宮さんと自民の舛添さんとの一騎打ちだったところ、小泉が反原発を唱えた細川さんんを立てて出てきて、反自民票を食ってしまった。(これに私はまただまされた。)
結果、細川さんは負けたが野党候補をつぶすことができた。
もし細川さんが出なかったら、宇都宮さんが都知事になっていただろう。

舛添さんが辞めた後の2016年の都知事選では鳥越さんが野党として出てきて自民の増田さんと一騎打ちだったが、急に小池百合子が出てきて勝ってしまった。訂正小池百合子が急に出てきて内田自民党のドンを倒すとスローガンで出てきたので後から野党の鳥越氏、自民の増田氏を出したが、勢いで小池百合子は勝ってしまった。もし出てこなかったら、鳥越さんが勝っていただろうと思う。
これも小泉と小池の策略で、結局は野党候補をつぶすためだった。

今回も”希望の党”が大勝しなくても、野党共闘した民進と共産などの勢力への票を奪えるのだから、結果、自民党公明党を助けることになるだろう。もし”希望の党”が出なかったら、案外野党が勝って、もしかしたら、政権交代するチャンスもあったと思う。

今の野党の弱さばかりマスコミは言っていて、小池新党の話ばかりにして野党連合を無視している。
しかし、ネット上などでは評判はいいし、安倍自民がもういやだ、と思う人たちは多い。
反自民の気持ちを受け止めるのは野党連合だったのだ。
それを恐れた小泉や小池が、前と同じ手法で行こうぜ、とたくらんだのだろう。
もう何度もだまされたくない!


忘れちゃいけない「もりかけ問題」

(*`へ´*)(*`へ´*)(*`へ´*)(*`へ´*)(*`へ´*)
また安倍政権の支持率アップときいてやっぱりと思った。
北朝鮮のことで国内問題から目をそらし、海外へ飛んで、
プーチンと会って握手する写真が効果をあげたのだろう。
世間なんて、写真一枚でいくらでも”印象操作”できるって…。
もりかけ問題をほったらかして、いつまで北朝鮮危機をあおって時間を稼ぐのだろう?
世間の興味をそらしたい、忘れてほしいのだろうが、
民進党が色んな内紛をおこしているのも、自民党の安倍のためなのかもしれない、と勘繰ってしまう。

こんな総理が辞めなくていいのは日本だけだ。
韓国パク・クネ政権はものすごい民意の力で非難されて退陣したのが正常だ。
あちらも親友を特別待遇したという全く同じ犯罪行為なのだが。

骨抜きされた日本人はもはや政治に口を出すことはタブーになったのだ。
日本人の好きな和の精神、忖度する精神、小競り合いやら討論を嫌がる気持ちがこうなっているのか。
真実や正義を曲げてまでも人(世間)に嫌われたくないという強迫観念を逆手にとって利用されている。

芸能人がまず口を閉ざし、お笑い芸人も口だせば、仕事干される、そのせいで委縮している。
NHKをはじめ、テレビ放送で批判精神をだせば、殺されるか、干される、つまり日本国家はヤクザ国家になったのだ。
親分のいうことに従えないなら、そこに居ることを許されないわけだ。

年長の芸能人、安倍政権に異を唱えていた、大橋巨泉さん、永六輔さん、野坂昭如さん、愛川欽也さん、亡くなってしまった。

今は久米宏さん、ラジオでガンガン発言している。とても小気味がいい。彼は73歳。このくらいにならないと言えないのかもしれないが、頑張ってほしい。久米宏、ラジオなんですけど。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード