国民に主権があるってこと、日本人はなるべく気が付かないように教育されてきたのかも。

先日の「久米宏ラジオなんですけど
の今週のスポットライトで、政治社会学者の鈴木賢志さんがゲスト。






(ラジオでの話は、しばらくはここで読めます。)

日本の若者の投票率が低いのはなぜかの話だった。
スウェーデンに長く暮らしていたそうで、スウェーデンの投票率は80%を超え、85%もあったりするそうだ。
日本では信じられない数字で、特に若者が日本は少ない。

日本では学校に校則があって、それを有無を言わせずに守らせられる。もし疑問をもって反抗したら、先生には怒られるし成績にも響く、というので、黙って従う人が多い。先生たちもそう教育されてきたので、校則は守るもの、当たり前だと思っている。

ところが、スウェーデンの教科書には校則が正しくないと思ったら、一人で金髪にして派手な服装で学校に行きなさいと書いてあるんだそう。初めは一人かもしれないが、やりつづければ、それが普通のことになり、全員が金髪で派手な服で登校するようになるかもしれないというのである。
実に面白い話でびっくり目からうろこですね。

ちょっと思い出したのが、70年代の高校生だった私はあのころ学生運動のなごりで、都立高校の制服の制度に疑問を持った学生が自由服を主張して、制服はなかった。とはいえ、私らの頃から、そんな反抗心が消えていて、標準服という名の制服を着ている人ばかりだったが、あのころのそういう若者の機運、今はなくなっているようで…。

スウェーデンの若者は小さいころから自分たちが主権者であるという意識を教育されている。国民が主権を持っているので、国のルールは自分たちが作り上げるもの、悪ければ変えるものだと当然思っているので、投票するのは当たり前なのだ。

対して今の日本の若者は学生時代は子供扱いされており、社会のことは意見を言うな、社会人になってからでいい、という感覚で、国のルールを自分たちで考えるなんてことはまったく思わせないようになっている。
大人も子供もみなそう教育されてきたのでおかしいとは思っていないのが、日本の大問題なのだ。

本当は日本の若者は特に政治に興味をもっていないわけではないのだが、意見を言ってもその影響力が及ばない感じがして黙ってしまう感じなのではないだろうか。もったいない。
それに、今の日本人はお上の決めたことに逆らわずにいたほうが楽、という意識があるような気がする。専門の頭のいい人達が考えているのだから、専門外の我々が口を出すのはいかがなものか、なんて。

教育から国民主権、基本的人権の意識をもっと教えてくれて、国の今の失業者が何人、貧困の人が何人、と日本の問題点をもっと教えればものすごい数の若者が投票するようになるはずだし、さらにラジオ内でも被選挙権を18歳以上にすると、学生が議員になったりすればさらに若者が政治参加するだろうと。
スウェーデンでは被選挙権が18歳以上なので、12歳くらいから政党の青年部に所属したりするのがあたりまえだそうだ。

さらに供託金が日本は高すぎる。300万円というのは世界的に見ても異常に高い。若者が立候補できるように安く、むしろ、無料になっている国も多いので、日本も早急にそうすべきだと思う。
今から始めても何年かかるかわからないけれど、日本の今のシステムにいいところはあるのだろうか。

いままで権力者が国を好きに動かしやすい国だった、私たちの国って、民主主義国家というより王政とか専制君主制とかに近い、古臭いシステムのままきてしまって、国民主権という憲法があるのに、表面だけだったんじゃないだろうか。


スポンサーサイト

選挙の開票は手集計にもどすべき。

velvetmorning blog様のブログより
以下を読んでいただきたいです。
まだまだいっぱい関連記事があります。

不正選挙の話題を広める

不正選挙に聞く耳を持たない人に

竹中平蔵のパソナがうまいこと選挙の集計、期日前投票のやり方を変えて入り込んだようです。

集計機のムサシという会社もネットではすでに有名になりましたが、ネットだけなので、結局あまり盛り上がりません。

手集計にもどさないとこれは日本に未来はない、という事態になります。

たしか英国のユーロ離脱の投票の開票をテレビで見たのですが、手集計で皆がそれを監視していました。

ヨーロッパではきっちりとやっているようです。

なんとかならないでしょうか。やはり野党がそれを指摘して、なんとか世論も盛り上げないといけません。

自民党議員連盟 創生「日本」のおどろき発言



どうやら、おかしな人たちが自民党に集まってきてしまったようです。いやいや、自民党の人は皆、本音はこれかもしれません。
日本人は人権意識などは持たないほうがいいそうですよ。平和主義もいらない、国民主権もいらないそうです。

ひたすら国のために、国と言っても、国体っていうんですか、天皇のために奉仕して、守るために命も投げ出すくらいの気持ちで生きろというのですから、まさに戦前、現人神である天皇陛下への忠誠を誓った軍国主義復活ですね。

あのころ(戦前)は良かったという書物が出てきたころ、たしか、小林よしのり氏のマンガ、「戦争論」でしたか、私も読みました。
それで、ちょっと私も右翼っぽい思想を取り入れたことがあったのですが、まあ、それは特攻隊や国のために死んでいった方への同情心であり、日本もそんなに悪くはなかったはず、韓国や中国がとても悪くねつ造しているのかも、なんて思ったこともあったのです。
でも、やっぱり、それは子供じみた話で、何か熱狂的で歪んでいました。
日教組というのが、子供の教育にあまりにも政治的というか、左翼っぽくて、悪しき平等主義みたいなものもあってそういうのが自民党は嫌だったのだろう、と思うところもあったのですが、それも今となってはどっちもどっちです。

私としては人として生まれて、生きていく権利、自由があって当たり前だと思いますし、社会的に奉仕しなくてはいけないとは思ってはいません。もちろん国のために、天皇のために、生まれてきたのではないと思います。真面目な方は、生まれてきた以上、社会に義務を果たそう!と言うのですが、そんなのはいいんです。何もしないでもいいんです。洗脳されてはいけません、…と、思います。

税収不足の国、タックスヘイブン、金持ち優遇

あるところで勝ったと言う人がいれば、必ず、それに負けた人がいるわけで、
もうけた、と言う人がいれば、どこかで損した、という人がいるはず。


話題のパナマ文書のタックスヘイブンの話なんですが、税金逃れで巨額の資金を貯めこんでいる会社や個人がいるということは、つまり、税金を集めている国が本来取れるはずの税収を損しているってことです。

タックスヘイブン,ケイマン諸島に流れている投資残高は55兆円だそうです。
タックスヘイブンに隠されている(個人の)資金はイギリスの市民団体が試算したものによると、全体で最低21兆ドル、最高32兆ドルだそうです。(イギリスのガーディアン紙が報道)。
どれだけの税収が失われているか、と計算すると金利を3%とし、30%の課税をかけたとすると、1890億ドル、30兆円近くになるそうです。これは日本の税収の半分以上とのこと。企業資金も含めれば実際にはもっと多くなるといいます。

国の財政が苦しいので、国民から消費税だの、なんやかんやと細かく税をとりたてているというのが、今の先進国の図式ですが、苦しい原因はこんなところにあったということですよね。本当は消費税も必要ないはず。

それに、累進課税というのは、昔は、私の子供のころの日本はきつかったらしく、テレビでも芸能人などが何億も儲けたけれど、6~7割も税金でもっていかれる、と半泣きしているのをきいたことがあって、そんなものかと思った記憶があります。
それで累進課税はあの時のままだと思っていたら、今は全然違うらしく、びっくりしました。

所得税

年収所得1億~2億の人が27.5%でピークになり、それ以上の年収がある人はどんどん税率が下がっているんですよ。これには驚きました。金持ち優遇もここまでとは!!
100億円の人は年収1000万円の人と同じくらいの11,1%に下がっています。
このデータはいつのデータか不明ですがそんなに大きく変わっていないでしょう。
このカーブ、ななめにずっと上がっていくべきだとおもいませんか。せめて下がらないで一定になるでもいいので、下がっていくというのは、実に頭に来るのです。

大金持ちからたくさん取ればいい、というと努力した人が報われない社会はだめだと声を出す人がいるのだけれど、どうでしょう、努力した人が必ずしも大金持ちになっているのでしょうか?努力とはなんでしょうか。怠けているから貧乏なんだ、と言い切る人が多い世の中ですが、それはあまりにも冷たいなあと思うのです。

タックスヘイブンで富を貯えているのが、政治家だったら、モラルがないということでアイスランドの首相が辞任しましたが、
アイスランド、2年ほど前に経済がV字回復したという記事がありましたねェ…。銀行を救済しないと決めて、緊縮財政にノーと言って、EUの各国から離れてこの国だけ好調だったわけで…狙われた?…、いやいや急にパナマ文書が出てきたので、何か思惑があってのことなのか、と深読みしてみたりしてみました…。アイスランドのV字回復

ウルグアイのムヒカ元大統領が来日されてたいへんためになるお言葉を言ってくださり、尊敬しています。ムヒカさんのような人は人間としてレベルの高い人で、こういう人が多くなって来れば世界は社会は一歩進める、レベルアップするのですが、いまだに野生動物以下の人間たちが、金が欲しいと言って人殺しをし合っているのです。
とはいえ、社会がムヒカ元大統領を賛美することができることだけでも、いい兆しだと思います。

みんなが聞きたい安倍総理への質問 山本太郎

先日のNHKの討論に山本太郎氏出演しましたね。


今までの山本氏の国会の質問はほとんどチェックしていたが、こうして文章で読んでも、するどく的確でコンパクトでわかりやすい言葉で質問、ユーモアも交え、勉強家で、努力家で熱意にあふれた人物だ、と再認識できる。
政治家としての資質は抜群だ。他の人のだらだらした質問が情けなく思う。(自民党のおべんちゃらの質問は無駄過ぎる!)
国会を聞いていて、皆が彼のように話せたら、充実した活気ある国会になるだろうとつくづく思う。



この本で小林節氏が「政治は山本太郎の天職である」という文があり、面白い。
小林節さんは政治家は我が国の最高学府の東大出身で当然、政治を司る者は一定以上の教養がなければならないと確信していた。なのに若い時代に勉学に励んだと思えないいわゆる「世襲」議員が恥ずかしげもなく部分利益の代言人に成り下がっている姿を苦々しく思ってきたという。
そういう前提に立っていた小林さんは高校中退の俳優である山本太郎が国会議員に当選したと知った時に、あまり期待はしなかったし、そのそも関心が湧かなかったと言う。
ところが、この本を読めばわかるように、彼には深い思索に裏付けられた「教養」と呼ぶべきものがあると感じた。彼はあきらかに私(小林氏)の常識を超えていたと。実際 会って話してみると、山本太郎は礼儀正しく、素直な人物でだったと言っている。


私の若いころ(70年代後半~90年代前半)政治を考えすぎるとまずいから、なるべく考えないほうがいいと思っていた。
上の世代の人が全共闘などの活動が活発だったので、その反動だった。
それに、あのころは今よりも全体に左翼っぽい思想が多かったと思う。テレビも新聞も。日本全体が。
でも50代になった今は真剣に政治を考えるようになった。遅かったけれど、やっぱり考えるべきだ、知るべきだった。
昔はテレビや新聞くらいしか情報が入らなかったので、偏りがちだったけれど、今はネットがある。これはいい。
ネトウヨの意見もかなりのインパクトで、若い人が影響を受ける可能性もあるけれど、色々な意見や情報があるのだから、自分で見極めて考えられる。若い人が個人的なことだけでなく、これからの社会のことを考えるようになったら、暗い戦争の歴史を再び繰り返すようなことにはならないだろう、と思うのだが。




プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード