「金融の仕組みはロスチャイルドが作った」

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫 あ 3-1)金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫 あ 3-1)
(2008/09)
安部 芳裕

商品詳細を見る

確かこの本は本屋さんで21日に購入したのですが、その時は平積みでたくさんあったと思いますが、3日後、また本屋でそこをみたらもう一冊もありませんでした。すごく売れてるみたいです。
リーマンブラザースの破綻の直後、欧米の金融には関心の集まる今、読みたくなる本なのかもしれません。
どうか発禁になりませんように~!!
前半は私のように全く経済にうとくて、新聞の経済用語を読んだだけでも頭が痛くなるようなド素人でもわかりやすくしくみを解説してくれています。
なぜ社会に貨幣制度が生まれて複雑な経済社会ができてしまったのか?
紙幣貨幣は国が作ってるのではなくて株式会社が作ってることも。
銀行の利子って?
事実が淡々と書かれており、虚飾のない平静な文体が好感がもてます。
陰謀論なんて子供の想像のようなものだと頭から否定してる人でもこの本を読んだら、納得してしまい、疑いの目をもってしまうのではないでしょうか?
初代ロスチャイルドは1774年に世界革命行動計画というものを書いたと言われており、その内容が今に至るまで実行されているともいえるのではというのです。

彼らの行動計画が卑劣で弱者いじめで自己中心、エゴイズムであまりにもひどい。怒り心頭である。
ロスチャイルドがユダヤ人で迫害されていた環境で生まれたってこともあるけれど、決して許される行動ではありません。
浦沢直樹作「20世紀少年」を途中まで読んだことがあるけれど、まるで少年の遊びのように書いた計画が実際に実行されていくようで怖いし、また世界はこんなに簡単に動かせるものなのか?と信じられない思いも持ちます。


今日のアメリカの株価下落ニュースをみるうち、これも彼らの計画なのか?それとも力つきているのか?と色々考えてしまう。

彼らの計画通りに堕落してし楽な方へ流れ、怠ける方に流れ、政治的な関心は薄れた人間になってしまったことは否めない。力を出したくてもどうせだめだろうという無力感があって諦めてしまう感じにもなっているが。自分だけよければ、という思いの集合が彼らそのものなのか。
彼らの洗脳の結果なのか。なんとか今からでも皆がこの事実を知ったら、目を覚ますことができるのではないでしょうか?


しかしながら、安部氏はこれから彼らから自立し経済を変えようと提言しています。
このままの制度だと自民党がやろうが民主党がやろうが破綻へと向かうだけ。
とりあえずは銀行から金を借りない。
紙幣、貨幣は政府発行にしてもらう。
地方内部だけで使う貨幣ときょ共通に外側で使う貨幣の2種類を使うと良いと提案されています。

詳しくは本やHPで↓

http://www.anti-rothschild.net/

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

ジョン・タイターの予言など

少し前に話題になっていたのが、ジョン・タイターの予言、
彼はタイムトラベラーで未来の国からやってきたと言い、これからの世界のことをネットに書いて帰って行ったとか。

ちょっと紹介すると

中国の内陸部にて暴動が起こる。
軍が治安出動する。このため、北京オリンピックは中止になる。

アメリカ都市部で急激に警察国家化が進み、都市内部と都市外部で内部抗争が発生する。
このときに起きた暴動が原因で、合衆国は政府の手に負えなくなる。
それからアメリカが5つに分裂し、それぞれで内戦へと発展、2008年に全面化する。

その翌年、アメリカ初の女性大統領が誕生する。
中東の国同士で、大量破壊兵器が使用される。
2011年、内戦が原因でアメリカ合衆国が解体されるが、翌年にはアメリカ連邦帝国が建国する。
2015年、ロシアが反乱部隊の援助という名目で、アメリカに核爆弾を投下する。これにより都市内部が完全に崩壊、内戦が多少緩和される。


いまのところ
女性大統領は生まれないことになったし、北京オリンピックも開催できたから、はずしている。
しかし、アメリカ国内の不安定さは生まれているので、内戦と言うか、政府への国民の不安がつのり、暴動もありえますね。

今回の金融関係の破綻が闇の権力者達の力が弱ってきているとも考えられる。
それとも彼らがアメリカを見放しただけ、その計画の一端なのかどちらかはわからないが。

テレビで特番までやった「ジョセリーノの予言」というのは恐ろしい内容ばかりだったようだが、
本屋でちょっと立ち読みしたら、彼は事故や災害を予言して前もって国や役所に書いて送っていたということだが、インチキくさく感じた。

しかしこういう予言は何故当たったり外れたりするのか?なんで予言をするのか?という疑問が湧いた。

陰謀論から考えれば、預言者は一部の闇の世界権力者たちが送り込んだ人。最終的には人々を恐怖に陥れるのが目的。細かいことを当てるように見せかける。これは前もって予言したことを実行に移すことで達成される。当たれば超能力者として皆を信じ込ませることができる。不安感、恐怖から殺人や戦争することの正当性につながる。
もしそうであれば、北京開催の前に大気汚染だのテロだのといやな雰囲気作りをして中止するように力がたいぶ働いたようだったが、うまくいかず、開催されてしまい失敗、女性大統領のヒラリーを出すつもりが、世論操作がうまくいかず敗退と、けっこう失敗してるのかもしれない。

最近読んだ本でちょっと解決した。
失われた堕天使「ルシファー」の謎 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)失われた堕天使「ルシファー」の謎 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
(2000/06)
飛鳥 昭雄三神 たける

商品詳細を見る



霊的世界の話から言えば、人々を惑わす堕落した天使、堕天使のしわざだともいえる。
地球上には肉体をもたないでいる低い波動の霊がいるが、普通では実際に手を下すことはできないが、人間の空白になった心や弱った心に入り込む。神の言葉だ、宇宙からやってきたものだと言って交信してきたりと色々な手を使って人を動かす。
最初は見事に予言を的中させて、神様のごとく正しく素晴らしい体験をさせ、すっかり信じ込ませて、最後に裏切る。予言者自身に悪意はなく、早く人類に知らせてあげよう、警告して回避しようと思っていると思う。

(しかし霊的世界の別の見方をすれば、人間が生きているこの地球は、魂が学ぶ為、修行するための場であって、悪があるからこそ善を知るわけであって、いろいろな誘惑に打ち勝ってこそなので、悪魔の誘惑もまた必要悪なのだという説もある。)

「都市伝説2」

ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2
(2008/07/02)
ハローバイバイ関 暁夫

商品詳細を見る

この本はきっとだれでも面白がって読みやすいのでおススメ。
「信じるか信じないかはあなた次第」なんですが。
前作の「都市伝説」と比べて陰謀論を匂わせるものが多くなった気がします。
都市伝説というと謎の生物とか宇宙人やら幽霊とか怖がって面白がるのが多いようですけど。
関さんはこのこと(世界を牛耳る闇の権力者たちが居るのでは?ということ)をみんなに一番知ってもらいたいと思ってるのだろうなと思いました。

お札の印刷の中に含まれる闇の権力者の暗号めいたもの。
ドル札には「ルシファー」の目が描かれており、それは一体何故か?
(このときルシファーって何?と思いましたけど。)
陰謀論を知ってる人には、私もかなり色々な本を読んでいたので、そうそう驚くことはないと思ったけれど、えっ~こんなところまで~??と思うことも多々ありました。

陰謀論を知ってる人ならば…
彼らの陰謀はもうほとんど進んでいるのかもということ。
すでに世界支配されていて、私達ほとんどは奴隷同然で家畜のように働いてる。
まるで大貧民ゲームと同じで、決して個人がお金持ちにはなれないシステムになっている。
金がもうかるか否か?がすべての判断基準になってしまい、
人々の間に優しい心が失われ、殺伐とした社会になっている。
人を思いやる余裕がないのも、自分が生きるのに精一杯だからだ。
彼らが絶え間なく戦争や事故や災害や病気を作って、不安をあおり続けていることを知らずに。

だけど、これで諦めることはないのです。
他の本から色んな情報がありますので、色々とまた考えます。

   


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012年末

2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)2013:人類が神を見る日―アドバンスト・エディション (超知ライブラリー―サイエンス)
(2008/02)
半田 広宣

商品詳細を見る


最近、2012年末に地球が滅亡(あるいは転換)という話題の本がたくさん出ています。
私が一番最初にこの話をきいたのは、この本より前に出た1997年の同名の
「2013:人類が神を見る日」半田広宣からです。
実際に読んだのは98年くらいだったかな?

冥王星のオコツトという宇宙人?精霊?が彼に交信してきたといところから話ははじまっています。

たいへん大雑把に言わせていただくと、(難解な文なので解釈しきれないため少々間違ってるかもしれませんが…)

日本神話の高天原でイザナギ命とイザナミ命が結ばれてこの世界を産んだという話があるが、
イザナギが波の”13のなぎ”進化の方向(男性の方向)
イザナミが波で”13の波”でその反対の方向(女性の方向)反映の方向だという。
男性原理の方向が進化であり、プレアデスからオリオンへむかう力で、その逆方向は女性原理の方向である。
そして2012年でオリオンへ向かう方向は折り返し点?に来て逆に向かう力が生まれる。
しかしこれは元に戻るのではなくて別の力が次元を変えて現れる。
次元交代の周期は約26000年で今はそのわかれ目の近く。調整期から覚醒期へ。
2013年に太陽の燃焼が減衰する。太陽は人間の精神核の反映で…。

たいへん複雑、難解な文で科学的用語が多い話だが、今さかんに言われている2012年12月の終末宣言の内容とほぼ同じであることには変わりない。
次元がアップし、人間の意識の変革があり、肉体を離れるのである。
もちろん、波動が低いエゴのかたまりのままでは一緒に次元アップできない。

地球外生命と思われるものと交信してそれを書き留める人は多く(チャネラーなど)皆同じことを言い始めてるのは一体何故だろうか…?

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日から

今日からFC2ブログを始めることにしました。
よろしくお願いします。

私は12,3年前くらいから本などで目からうろこの常識を覆す話を読んだりするようになりました。
色んなジャンルから読んできても同じところにたどり着くんです。

歴史系=>「神々の指紋」「失われた文明」
チャネリング系=>「神との対話」「アーリオーン・メッセージ」
精神世界・スピリチュアル系=>「第十の予言」「生きがいの創造」「ああ、正負の法則」
健康・美容系=>「ワイル博士の医食同源」「患者よ、がんと闘うな」「朝食有害説」
政治・経済系=>「断末魔の資本主義」「金融のしくみはロスチャイルドが作った」

「アミ 小さな宇宙人」「9.11テロ捏造 独裁国家アメリカ」「見えない世界を超えて」
「百匹目の猿」「こうして未来は形成される」「本物の力」「都市伝説」
他多数、色々と目を通しています。

ぼちぼちとこういう本の感想を書いていきたいと思っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード