「悪夢のサイクル」その2

悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環
(2006/10)
内橋 克人

商品詳細を見る

この本で中で市場原理主義がいかにして生まれてしまったかが詳しく書いてある。

アメリカの経済学者ミルトン・フリードマンは1912年生まれのユダヤ人。両親がスターリン治下やナチス・ヒットラー治下の迫害を受けてアメリカに渡ってきた。そんな生い立ちからか、国家も制度も民族も一切、力を持たない社会システムこそ幸福だという考えのもと、新自由主義、市場原理主義の経済学派を生み出した。

アメリカの60年代までの自由主義はケインズ派の、政府が介入することで市場の振幅をコントロールしていこうとする考えが主流だった。

しかし70年代に入ってフリードマンの考え方、”市場にまかせればすべてうまくいく”が受け入れられるようになった。累進課税は強権を用いてある人から金を取上げることで正当ではない、という理論が大流行した。76年にはノーベル経済学賞を受賞、テレビ番組でアピール、本もベストセラー、当時のアメリカ人には自由と言う言葉が受けた。

アメリカは実は1920年代にも同じような自由主義政策がとられ、株が流行り、バブル景気になったが、29年に大恐慌が起きたという経験がある。それで、市場の失敗を反省し、ケインズの唱えた市場に政府が介入する政策に転換したのだった。ルーズベルトのニューデール政策などがそれである。ガルブレイスはそれを安定化装置を取り入れたと言った。
ところがベトナム戦争で失敗し、戦費負担からインフレ、失業が増えた。これは政府の失敗だったのだが、行き詰ったところでフリードマンが登場したのだった。

続きを読む»

スポンサーサイト

「悪夢のサイクル」その1

悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環
(2006/10)
内橋 克人

商品詳細を見る

新潟大学の佐野誠教授がバブルと崩壊を繰り返す市場原理主義循環運動をネオリベラリズム・サイクルと名づけた。海外マネーが流入し、バブル景気のあと一気に崩壊し、また一気に海外マネーが流出し、格差社会、社会の荒廃、戦争を招くサイクルだ。

アメリカ国民も70年代のルール変更の際には無自覚だった。
累進課税をやめて貿易を自由化し、規制下にあった産業を自由化したことで、結果として一部の富裕層とそれ以外という2極分化された社会になってしまった。

規制緩和とは公平なアンパイアのいたゲームからアンパイアをのけてしまうことだった。
ゲームは混乱し、何でもありの世界になったのだ。

過度のコスト競争による賃金、労働条件の悪化、安全性の低下、利益優先による公共性の喪失。

飛行機業界の話等、色々な例や数字を出して今現在の悪化した世の中の状態を示しながら、説明されている。
同じく新自由主義になった(させられた)南米の失敗例も詳しく書いてある。

日本も同じで、何故こんな規制緩和を我々国民はゆるしてしまったのか?と考察。

①戦後の官僚支配を打破する特効薬と錯覚。
②学者をメンバーに入れて中立に見える政府審議会等を作り口当たりのいいキャッチフレーズにだまされた。
③マスコミがこれらの意見を大きくアナウンスしたこと。
④小選挙区制の導入。(細川政権から)

続きを読む»

「サキヨミ」と「サンデープロジェクト」

10月26日(日)のフジテレビ夜10時~の「サキヨミ LIVE」で「年次改革要望書」のことをやっていた。
私は偶然11時にテレビをつけて、観ただけなのだが、まさかマスコミで取上げるとは思っていなかったので驚いた。

政治家も知らなかったということで、野中元官房長官がインタビューされていた。
郵政民営化のころまでこういうものの内容を知らなかったと告白している。
続いて、八代という大学教授がグローバル化の世界でアメリカのやり方にならうのは当然のことだとのインタビューが流れた。
司会者はこの要望書が日本の予言の書になるのか、との話をしてたと思う。

今年10月15日に新しい年次改革報告書が出された。
その内容の主なものは
①確定拠出年金…年金も自己責任で運用
②残留農薬の濃度基準を高くする。
③医療機器や薬の導入までの時間を短縮する。
たしかこんな内容だった。
コメンテイターの森永卓郎氏に意見を求め、①を取上げたが、何を言ったか内容はあまり覚えていないが、これから耐える生活のことだったのかと思う。続いて「女性の品格」の坂東眞理子氏がグローバルスタンダードは結局アメリカンスタンダードなんですね、と大きく抽象的な話を少しした。
テレビでは仕方ないのか、視聴者の判断にまかせますという感じで終わった。
残留農薬の話も医療の話も触れなかったのだが、取上げてくれただけでも進歩したと感じた。

続きを読む»

「ああ 正負の法則」

ああ正負の法則ああ正負の法則
(2002/04)
美輪 明宏

商品詳細を見る


これは私の愛読書と言えるかもしれないです。
すべて納得の行く話で、生きていくうえで心がとても楽になるからです。
冒頭で、『地球は魔界と天界の境界線に浮いている場所で、両方が縄張り争いをしている場所なのです。』とあります。
昼と夜、日向と陰、男と女、
苦しみと喜び、晴れの日と雨の日、etc.
正負の法則によってこの地球に生きていられるので、正ばかりになっても負ばかりになってもいられない場所なのです。

人間にも魔界族と天界族があるらしい。
人間関係で悩んだら、腹の立つ相手は魔界族に居る人だと思えば、腹も立たなくなると言います。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

「拒否できない日本」

拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)
(2004/04/21)
関岡 英之

商品詳細を見る

とてもわかりやすく読みやすく、ためになる本だったので要約してまとめてみました。
知らなかった!とショックを受けました。
知らずにだまされていたと。
一人でも多くの方にこの本を読んでもらいたいと思います。
以下、要約した一部の紹介です。
****

発端はささいなことだった。建築家の大会に出た筆者は、建築業界の改革もどうやらアメリカンスタンダートが波及、中国もそれを支持、日本は締め出されて取り残されそうになっていると気がついた。

色々調べるうちに、阪神大震災のあと住宅建築などの法改正が行われたのは消費者のためでなくアメリカの木材輸出業者の利益のためだったとわかった。

しかし、アメリカ側は何も隠していなかった。米大使館HPには日本に出している年次改革要望書は掲載されているが、日本のマスコミは報道しなかったのだ。
これは陰謀でもなんでもない、アメリカによって対日政策としておおやけにされてきたことだったのだ。この驚嘆すべき恐怖の事実になぜ誰も気づかなかったのか。

1993年、宮沢クリントン合意によって始められた「年次改革要望書」。
1994年から毎年定期的に出されるようになった。
日本に関する内政干渉としか表現のしようのないものである。

アメリカは70年代から対日貿易赤字の原因は日本にあるとしていた。なかなか解決できず、内政干渉しても日米双方のためと主張するアメリカ側の調査研究結果が出て、「日米構造協議」という1989年から決まったものだと言う。ブッシュ・シニアー、宇野総理のころで、日本の国へ立ち入るぶしつけで具体的な要求だったという。
これを第2のアメリカの占領政策だと言った人がいる。反発はもちろんあったが、何故か国内では同時に歓迎する声も出始めた。消費者団体や規制緩和を推進しようとするグループは賛美した。もちろん日本の制度には問題点があったが、外国からの提案で本当に国民の為の改革になるのかという疑問を持つ必要があった。

完全に双方向にならない「日米構造協議」。
この日本語訳は意訳で、実は「構造障壁イニシアティブ」といい、アメリカが日本の市場に参入しようとする上で邪魔になる構造的な障害をアメリカ主権で取り除こう、という意味である。
アメリカがイニシアティブと言い続けているのに、日本ではその言葉を使いたがらない、協議という意味はまったくない。このことに注意しなければならない。
これを考えた犯人はアメリカ財務省だった。日米円ドル委員会が84年に設置された。日本はこのとき、円高ドル安はこちらのせいではない、と反抗した。アメリカのリーガン財務長官は激怒、結局抗しきれず色々な規制緩和をした。
アメリカの企業の陳情があってそれにとびついた。リーガン氏は実は証券会社メリルリンチ社の元会長だったという。

イニシアティブのメカニズムのルーツは85年、レーガン政権「プラザ合意」とセットになっていた。「プラザ合意」はドル安に調整するため為替レートを人為的に調整できるようにしたこと)88年「スーパー301条」と呼ばれる悪法。要はアメリカにとって不利益なものは不公正と決め付けられるわけだ。

続きを読む»

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

「主権在米経済」

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
(2006/05/24)
小林 興起

商品詳細を見る

最近は、政治、経済の話題で頭がいっぱいです。
郵政民営化に反対して、小泉内閣の送った刺客によって敗れてしまった議員の小林興起さんの書かれた本を読んだ。

小泉・竹中路線の改革の中で何故民営化などというアイデアが出たのか?この動機は何だったのか?
それは、今なら知る人も多い、アメリカから毎年出される「年次改革要望書」という改革案に沿った実行だった!
(これを最初に指摘したのは2004年関岡英之著の「拒否できない日本」この本も読んだのでまた別に書きたいと思っていますが。)

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

最近、飛行機がたくさん飛んでますが。

最近、先週もそうだったが、特に昨日からすごく感じたのは軽飛行機、ヘリコプターがすごい数飛んでいるということ。遠いものの、思い当たる米軍が使う飛行場など2、3箇所あるのでそこからだと思うが、5分ごとに一機くらい飛び続けている感じだ。
米軍は何か動いているのか?と勘ぐってしまう。
それにとても騒音がうるさいし。
基地の近くの方はもっと感じてることだろう。
本当の目的が知りたい。

ところで、
テレビ、ラジオ、マスコミ(新聞、雑誌)の立場は昔ほど公正ではないので,、
まじめに信じたり見ない方がいいですね。
悲しいかな、金のあるものへ擦り寄るのは仕方ない、商売するものにとっては死活問題ですから、損になる嫌な情報は流さないでしょう。
命かけてまで流そうとすると、本当に殺されたりしてるのを見せられてるので、怖くてできなくなっている。つまりヤクザの世界なんですよね。上品そうに振舞ってるとしても。

今、頼りになるのは書籍とインターネットです。
かろうじて、言論の自由が保障されていますから、そうそう禁止になることは少ない。
トンデモ話と言われて面白がっている分には安心だと思われるでしょう。
単なる変わり者が書いたと思われているうちは。

その中で色んな情報が飛び交っているので、何がいいかを判断しながら取り入れる。
さらに言えば、素晴らしいことを仰っていると思われる一人の人だけに頼らないほうがいいかと。
その意見の100パーセントを受け入れることが危険であると思う。
すべての人間は不完全な生き物であると思うから。
頼ったら自分の魂に進歩はないと思うので、さらに検証して考えたい。

一人ひとりの価値観が進歩して、
お金のある権力者と闘う姿勢ではなくて、
(だからNESARAなどはちょっとおかしいかな?と思い始めてる。)
彼らを自ら改心させる力になっていくこと。
今は物質中心社会から変化していく過程なのかもしれない。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

これからの世界はどうなる?

断末魔の資本主義断末魔の資本主義
(2002/01)
船井 幸雄

商品詳細を見る
毎日のニュースを見ているとのんびりしてられない、と言う思いになる。
世界恐慌になると予測していた本「恐慌前夜」副島隆彦著も売れているそうだ。

今まで、政治経済のことは複雑でわからないから、専門家に任せておこう、とあまり考えていなかった。この船井幸雄著「断末魔の資本主義」とか、”アメリカに食われてしまう日本”という内容の本、内橋克人著「浪費なき成長」などたまに読んではいたが…。

小泉竹中路線の改革は日本をひどくしてしまった。
私も小泉フィーバーの時、彼の言うことはわかりやすいから、安易にいいと感じた。
マスコミも、郵政民営化も郵貯がたくさんあるのに、無駄遣いばかりして、かんぽの宿とかグリーンピアとか作りすぎてるとか、民間の宅配は頑張っているのに郵便は怠けているんじゃないか、とあおっていたので、民営化したほうがいいんじゃないかと単純に思い込んだ。
ああ、バカな国民だった。

船井さんは小泉さんを時代の流れの中で出てきた人だろうと言っている。
資本主義崩壊を急ぐ力は止まらなかったのだ。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

「神との対話」

神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について
(2001/01)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る

この本もかなり前に読みました。
このころ、こういう傾向の本をやたらに読んでいました。
スピリチュアルっていうんですかね。

ずっと本棚の前において時々読みかえすようにしていました。
ただ、対話するアメリカ人の男性の質問が、自分の聞きたいことではなくて
キリスト教に毒された?(失礼)罪の意識がすごくて、共感しきれないなあ…とも。
今読んでも神様の答えがなんとなくふざけているような、いいかげんのような。
もちろん、目からうろこのお話もあって、自分の中の常識を覆すには、たいへん為になりましたが。

最近読んだ本(「ルシファーの謎」飛鳥昭雄・三神たける著)で、前にも書いたのですが、こういうチャネリング系の体験の本の内容は、実はその翻訳が受け手の人によって変わってくることと、神だと名乗る存在が実は堕天使(悪霊)のしわざだったりするとの話があり、納得できたので、もう一度こういう本の内容を検証する必要があるなと感じています。

宗教もそうなのですが、悩める人に答えをすぐに出してくれる存在を崇め奉って、信頼して、自分で考えなくなってしまうことは、人間の怠け心、甘えの一種だと思うんです。頼ってたら楽ですから。
と、今は自分に戒める意味でも、言いたいことです。

陰謀論と2012年と…

色んな陰謀論の本やら読むうちに、私の疑問になりつつあることは、
2012年の12月に地球の歳差運動周期などのこともあって、地球が次元アップするということと、
闇のユダヤ人財閥権力者の世界政府計画遂行の話とどう結びつけたらいいのか?ということです。

もし闇の権力者がいるならば、彼らの波動は恐ろしく低いはず。
彼らはエゴの塊で、人の命なんかよりも自分の利益と欲望をむき出しにしてるからです。
だから次元アップしたときは彼らは一緒にいくことはできないという理屈になります。
彼らは地球上に肉体も失って、ただ悪魔の霊体として残るだけ。

色んな本から、特に最近では「都市伝説2」の関暁夫さんが調べた話によると、(2012年に人類滅亡なんてしないと彼は言ってますが)彼らは2012年ごろに火星に移住する計画だとか。火星には水もあり、住みやすい、クローン人間も作れるので天才のクローンを作り、彼らの思い通りの帝国を作ろうとしてるとか?なんか途方もない話のようだけど。

だとしたら、彼らの今までの計画って一体なんだったのだろうか?と思ってしまう。
富の一極集中により、世界を一つにして統治するつもりだったのではないですか?
なのに、自分達は逃げ出すんでしょうか?
もう目的は達成したので次なる計画?
彼らの計画を立てた時はまだ2012年に次元アップするなどの予測はつかなかったので、急遽計画を練り直したってことか?

フリーメーソンのシンボルであるルシファーの目について調べていたら、彼らはルシファーを光の天使としてあがめていて、最初は神様に仕えていた天使の中で一番優秀で知性がある天使だったそうだ。そしてアダムとイブの楽園で、イブに知性の実を食べさせた蛇こそがルシファーだったらしい。
つまり、人間に知性をもたらした力だったのだ。それをあがめている彼ら。

つまり「知」が堕落につながるということなのか?
そこに行き着いてしまった。
「知」に加えて、「慈悲の心」や「愛」を加えることができればいいのだが。

せめて今、私にできることは何だろうと考えているが、
拝金主義に毒されず、マスコミに誘導されず、流されず、
自分の頭で考えなきゃ。


「カラスの死骸は何故見当たらないのか?」

カラスの

カラスの死骸はなぜ見あたらないのか―あなたの常識がひっくり返る本 (KAWADE夢文庫)カラスの死骸はなぜ見あたらないのか―あなたの常識がひっくり返る本 (KAWADE夢文庫)
(1996/05)
矢追 純一

商品詳細を見る

この題名!
これを読んだ時は本当に目からうろこでした。
あんまりにも感激したので、周りの人たちに話しまくりました。
親や兄弟、友人に。
確かに皆、そうだね~、不思議だね~と驚いてくれるのですが、
それで結論は?と聞くと、がっかりして考えるのをやめてしまうみたいでした。

カラスが木の上などにたくさん止まっているのをみても周辺にも公園にも死骸が落ちているのを見た人はいないですよね。羽だけは落ちてるのは良くみますが。不思議だと思いませんか?


矢追純一さんはUFO研究家として有名な方ですが、テレビなどでもトンデモ研究家っぽい扱いでその昔はよく出ておられましたね。私もずっとこういう話は半信半疑のほうだったのですが、色んな本を読むうち、そうかもしれないと思ってしまうんですよね。だって否定する事実もないのですから!

「病気にならない人は知っている」

病気にならない人は知っている病気にならない人は知っている
(2006/11)
ケヴィン トルドー

商品詳細を見る

少し前に読んだ本です。
アメリカ人の彼は21歳の時に心臓病で倒れ、もう治らないと言われ、治療をしていてもじきに死ぬ運命と言われた。それから彼は諦めずに健康のあらゆる方法を探し出し、今までの生き方を反省して、みごと健康体に戻ったという。

そして出した結論は健康に生きるのは
医者に行かない(抗生物質はとらない)
水道水の塩素、フッ素(日本にはない)を摂らない
運動をする
マッサージをうける
自然療法を取り入れる
化学物質や電磁波を避ける
毒出しをする
食物には徹底的にこだわる
…他

アメリカ人は50年、いや25年前より健康になったかといえば、その逆である。
むしろガンも増えているという。
医療費に大量につぎ込んで、研究費も使って薬を大量に作り出されているというのに、減らないのはどういうことか?と。

食料品に入っている添加物の害については、保存のため、食感を増す為だけでなく、またもっと食べたくなる中毒症状を引き起こす物が入っていると怒りをあらわにしている。
金を儲けるためなら人間の健康など考えていない企業を訴えると言っている。

これも陰謀論にぴたりとあてはまる話である。(医療、食品企業に入り込んで、大量消費、人口削減をねらっているということ)それから、たとえば、ガンの画期的な特効薬が見つかっても、きっともみ消されるだろうということ。患者がいなくなっては儲からない、人口削減できない。
エネルギー問題でもしかり、もし簡単で安くて安全なエネルギーが発明されても、実用化されず、もみ消されることであろうと。それは原油、石油で儲けている人が困るからという理由だ。

ただヒステリックにならずに冷静になれば、食品は腐りにくいほうが便利だし、食感の良いものを我々が求めたのは事実。
船井幸雄さんはもうずいぶん前から書いているが、彼はこういった被害者意識ではなく、まず個人の内側から、意識、思考から変えて、やがては闇の権力者までも変えていこうとして提言する方もいる。


本当に助かるためには承認されていない療法、東洋医学など自然療法を模索するほうがいい時代のようだ。
アメリカに住む人が、病気にならない生活を徹底するには、お金も手間もかかるし、努力がかなり必要なのは本当に悲しい事実だと感じた。
私もこの本を読んでから怖くなり、シャワーを塩素を除去するタイプにし、電子レンジをなるべく使わないようにしている。ただ、徹底的にすることは本当に困難だ。一度便利になってしまうと手放すのは難しい。

プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード