ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

「乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない」

乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)
(2005/11)
橋本 治

商品詳細を見る


この本は2005年に書かれてるので、多少ずれはあるものの、なんとなく題名に惹かれて読んでみた。
今はどうしたらいいかわからない状態だという。

20世紀は皆何か正解があると思って、動いてきたが、今は実は正解はなにか分からない、ということが分かってしまった。今は乱世だが、15世紀から17世紀の戦国時代の乱世と違って、「知の乱世」だという。

民主主義というものは善だと思ってきたが、主権者が国民一人ひとりであるからにはそれぞれがああだ、こうだと考えなくてはならないという点において、とても民主主義ってめんどくさいものだと思う。誰かが都合よく「支配者」なんてものになってくれて、そういうめんどくさいことを肩代わりしてくれるということはもうありえない。
「支配者」というと、すぐに「支配される恐怖」を感じてしまうけれど、一方では、「支配させちゃうと楽」という考え方もある。でも、それももう通用しない「乱世」である現在。

我々は民主主義に慣れてない。

勝ち組、負け組なんて言葉が流行ったが、もし、勝ち組と負け組がいるとしたら、今の不景気を勝ち組が何かするものだが、何もしていないようだと。
それに実際は負け組というのは、どこにもいないのではないかと考えた。
実は日本経済そのものが負け組になってるでは?と橋本氏は言う。

そもそも、負け組勝ち組の2分法の考え方は、投資家とその周辺にいるエコノミストと言う人が決めたのだと。

経済というのはたった悲しいかな、一つの方向性しかもたないもの。
それは「利潤を得る」という方向性だけ。
そして、経済とはただ循環することである。
経済が破綻することを考えていないエコノミスト。
経済が破綻するかもしれないが、絶対に破綻しないという前提で、そうなったらどうなるのか全く分からないのがエコノミスト。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 16:07:09|
  2. 新自由主義・市場原理主義
  3. | トラックバック:0

リストラしない会社経営

ビル・トッテンさんという人のお話は素晴らしいと思いました。

とくにこの記事、リストラしない会社経営


アシストという会社社長のビル・トッテンという方のコラムを時々読ませてもらっています。

この不況の時代に絶対にリストラはしないと約束された。
人員をリストラをする悪いことだと述べて、
「年収6割でも週休4日」という生き方」を書かれた。
「年収6割でも週休4日」という生き方「年収6割でも週休4日」という生き方
(2009/10/28)
ビル トッテン

商品詳細を見る

日本の大不況を経済規模が6割になる可能性を考えて、今から準備せよといっています。
しかし1984年のGDPと同じ規模、きちんと準備すればよいと。

あまった時間を家庭菜園や裁縫、日曜大工を。

所得水準を下げて、半自給生活にはいる。

大量生産が可能になったことで、生活が楽になったかもしれないが、半面、大量消費しなくてはならなくなった。

製造した分だけ、消費しないといけない。作った分だけ、売らないといけないから、広告を作って、人々の欲望をかきたてるようになった。
なくてもいいはずの物でも、作ったほうはなんとかして売ろうとする。本末転倒です。

トービン税(外国為替取引への課税)のすすめをしています。

買い物や流行を追うこと、タバコをすうことは中毒のようなものです。
そういうことをしない生活に慣れれば、まったく困りませんし、より幸福で健康な生活が送れるようになります。

ケインズの説、皆が節約すると、経済全体が縮小して、ますます不況になる恐れがないかと問われ、

そういう理論では常に無理に需要を作っている。個人にローンを組ませ、借金で消費させ、需要を生み出している。
最たるものが戦争。無理に需要を作っている。
金融では無理に信用を拡大し、リーマンショックにたどりついた。

では社会全体としてどうすればいいのでしょうか?と問われて、

トービン税の導入。不必要な取引を規制、税金をかける。
所得税の累進課税。
とにかくお金を稼ぐことを良しとする傾向は抑える規制が必要です

とおっしゃっています。

最近の若者は、あんがい経済的に繁栄した社会を好きじゃなく、
金持ちになりたがってるわけでなく、本当の人間としての幸せを求めているのではないかと思う。
自然の摂理か、神の采配か。新しい人間の活躍に期待したい。
アメリカに留学してアメリカかぶれになって経済学者になって、アメリカそっくりの国を作ろうとされてはたまらない。


  1. 2010/01/18(月) 15:00:00|
  2. 未来
  3. | トラックバック:0

小沢さん

小沢幹事長つぶし…新聞、メディアの一斉攻撃。検察の攻撃。
特に私は民主党大好きで応援してるわけではないですが、
ひどいなと思います。

ラジオの「大竹まことのゴールデンラジオ」で、阿川佐和子さんも仰っていました。
これは小沢さんがアメリカでなく中国に寄っている、アメリカ離れをしようとしているために、
アメリカが面白くなく、小沢つぶし、民主党をつぶしにかかっているからではないかと。
アメリカの力が後ろ盾になってるから強気で検察もメディアも動いているのではと。
私もそう思います!

今まで、アメリカのことで何かしようとした政治家は病気にかかったり、急に倒れたりして失脚している過去から考えるとありえない話ではないわけです。

小沢さんはそういうことも全部知ってるから、戦う姿勢なのだと思います。

ただ、全面的に官僚をたたくという姿勢があからさまだったので、もう少しうまくできなかったかとは思いますが。
ただ官僚憎しはいけないような…。戦う姿勢がありすぎるというか。

新聞を熱心に読んでいる夫は小沢氏が大嫌いで、鳩山総理のことも気持ち悪い、といいたい放題。
じゃあ、政権は民主党がやめて、また自民党にもどればいいと思うのか?と聞いてみると、
それも嫌だな、いい奴いないしな~と言っていたんですが、
新聞を鵜呑みにしてる人たちは今こんな感じなんじゃないでしょうか…。

でもせっかく政権交代したのだから、しっかり今までの政策を見直してやって欲しいわけで、
改悪したものを直せるのは自民党でなく、今の政党だからです。

景気対策とか、経済立て直しにはあまり期待していません。
みんな、該当インタビューでは景気を良くしてというけれど…。
これについては次の記事で書きたいと思います。

  1. 2010/01/18(月) 14:31:40|
  2. 対米関係
  3. | トラックバック:0

改革にダマされるな!

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
(2007/04/12)
関岡 英之和田 秀樹

商品詳細を見る

この本はずっと前、去年に読んでいたもの。2007年出版。
いまとなっては、改革の間違いを指摘する内容は驚かないが、2007年当時ならば、そうなのか!と驚いたに違いない。和田秀樹氏と関岡英之氏の2人の対談形式で、改革によって、医療と安全と教育がどうなってしまうのか、を語り合っている形式になっています。

医療制度については
映画「シッコ」でもアメリカのひどい医療現状を知ることができるので、今や、世界中にアメリカのひどさがわかり、日本も似たような方向へ行きそうになっているということを多くの人が気がつき始めたところ、本当に大変です。

続きを読む
  1. 2010/01/09(土) 14:37:34|
  2. 新自由主義・市場原理主義
  3. | トラックバック:0

自力整体 整食法

自力整体整食法―からだの痛みや不調を根治する 足腰、ひざの痛みは消え、肩コリや便秘、冷え性、骨粗鬆症も治る自力整体整食法―からだの痛みや不調を根治する 足腰、ひざの痛みは消え、肩コリや便秘、冷え性、骨粗鬆症も治る
(2003/12)
矢上 裕

商品詳細を見る


母がひざ、足腰の痛みに悩まされているので、なんとか治るいい方法はないだろうか?と探して、読んでみました。
以前から、私は朝食抜きの健康法、玄米菜食、少食の健康法などなど色々な本を読んできたので、ものすごい驚きはなかったのですが、特に整食法については、今までの他の本よりもずっと、だれにでも、すぐに簡単にできそうなので、納得し、おもいがけず、いい本に出会ったと思います。

私自身の胃腸の不調、便秘、冷え性や頭痛、肩こりなどの不快症状も軽減できそうだと思うので実践しようとしてるところです。

自力整体とは全身の水分や脂肪といった老廃物の回収と骨格の補正を同時に行う「整体法」で、ゆがみから来る痛み、肩こり、冷え性、便秘、骨粗しょう症などを治そうというもの。

そもそも痛みの原因というのは、

続きを読む
  1. 2010/01/08(金) 12:10:05|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0

新年明けまして…

新年あけましておめでとうございます。
今日はとりとめなく書きます。
(新聞)
昨年は前年からのリーマンショックのあと、政権交代、と変化の年だった。
国民の意識は大きくかなり変わったと思う。
少なくとも自分の中では政治経済に関心が高まった年だった。
それなのに、新聞記事はまったく国民の声を反映していないことを痛感している。
テレビも政治経済の番組もそうみたいで、今年はまったく見る気なし。
ちょっと見て、ああ、またか…。変わってないのが多いなあ。
いつまで塩爺を出すのか、竹中を出すかなぁ。

読売新聞の社説など、日々ひどくなるのでなるべく読まないようにしている。
鳩山政権をこき下ろして、早く民主党政権をやめさせようというのか?
今野党である自民党の幹部にインタビューして記事にすることは間違っている。
続きを読む
  1. 2010/01/03(日) 16:51:59|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0