ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

消費税と雇用

日曜朝、NHK討論では内橋克人氏が出ていたので興味深く見てしまいました。

やはり、政府の税制調査会は消費税増税に関して、カナダの還付付消費税の真似をしてその方向へ行こうとしていることがわかりました。
そのために早く納税者の国民に番号をつけて、資産を把握するというシステムを作り上げたいのだろうなということもわかりました。
こういう方向にむかってマスコミで誘導をしているのでしょう。

菅総理は「…たとえば、所得の低い人に還付する方式もある」と言いました。
あの発言聞いてすぐ思ったのは、還付するためには、申請式はとても面倒だし、
かつ役所の手続きでまた税金をつぎ込むことになるのに…と思ったのでしたが、
もっと先のねらいがあったわけです。

内橋氏は一人反対、「消費税は、商店街で買い物をする時に少し多く払うというだけの認識ではなく、
もっと別の面を見なくてはいけない。たとえば、自由業、小店主の人が人を雇うとき、正社員だと消費税を払わなくてはいけないが、派遣などの臨時雇いならば払わなくてすむ。なので、正社員を採らなくなる。」
こういう小さいことが重なって、雇用がますます冷え込んでしまう。

今の日本の問題は”雇用”が圧倒的に冷え込んでることだと内橋氏は指摘していた。

私も今一番に感じる日本の問題は、雇用だと思う。

菅総理が目指すのは”最小不幸社会”だとか、言ってますが、全然魅力ない言葉ですね。
よくわからないし。幸せか不幸かなんて主観的なものを客観的な言い方されても理解できない。
幸せそうな人をみて、「あの人は幸せそうだね。」と思っても本当は違うかもしれないし。
たぶん、経済的に不幸そうな境遇の人を少なくしようということなんだろうけれど、
とにかく健康で働ける場所のある社会を作るのが政治の仕事なんじゃないかと思うんですが。


古代のエジプトではピラミッド建設が雇用創出だったとか、
日本でも昔は大型公共工事を増やして、建設業界に雇用を増やしていたのですよね。

働く場所が欲しい。働ける場所が欲しい。
給料を定期的にもらえる保証が欲しい。

公務員制度改革とかで大胆に公務員を削るとか「みんなの党」は言ってるけど、そのときクビになった人たちはみな失業者になるわけで、見捨てていいのでしょうか?失業者だらけになってもいいのでしょうか?

いままで、ひとつの企業が苦しくなるとリストラをして生き延びてきたけれど、このやり方は他の会社が吸い上げる力を持っていた時はまだいいけれど、どの会社も吸い上げられなくなっているのなら、やるべきではないですよ。

この先は、誰一人としてクビにしないで、給料を何パーセントか引き下げる方法が正しいと思うんですよ。
完全にクビになった人はゼロになる、残った人は100%もらえるのはどうも解せない。
5%でも少なくなってもいいじゃない。もらえなくなるよりはましだと思うのです。
ワークシェアリングという論議が以前あったのだけれど、今はどうなのでしょう?
新版 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環 (文春文庫)新版 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環 (文春文庫)
(2009/03/10)
内橋 克人

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 2010/07/26(月) 13:06:36|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0

IMFとか「みんなの党」とか腹立ちますね。

IMFが税率15%を提示のニュース
以前書いた記事IMFの構造調整プログラムについてで、よーくわかったように、
IMFなんてとんでもない機関。
そこが、日本の消費税15%にしろと、えらそうに、
どうしてああいう立場の人は、厚かましい態度でいられるのだろう?
まさか政府はそれに反応しないだろうね。
日本は750兆円も他国に貸し出しているというのに、
全然返してもらっていないらしい。
アメリカにも250兆円も貸し出しているのに、返されていないらしい。


それから…
「小さい政府」がいいとか、「大きい政府」がだめだとか、
「みんなの党」を選んだ人たちの発想は凝り固まっちゃったんだろうか。

金子勝先生のブログやツイッターを読ませていただいているが、
本当にそうだ、そうだと毎日嘆くことばかりだ。

新聞は無責任に今まで言ってきたことなどの反省もなく、謝罪もなく、ただ批判したり煽ったり、
結局は消費税上げろとか。新聞は財務省の官報なんでしょうか、とはまさにその通りなのかも。

金子先生の本で、福祉や教育が充実している「大きな政府」であるフィンランド、スウェーデン、デンマークは経済の国際競争力が低くなるかと思えば、実は上位(ノキアやリナックスなど)で、これは人々が将来に安心して暮らしていて、教育が充実しているからこそ、そうなっているようだと書いてあった。
理屈では「小さな政府」であれば、経済成長し、国際競争力が高まるはずなのだが、逆の結果だという。

実際のアメリカとかイギリスみれば、もう結果出てるんじゃないですか?
今まで日本は英米の政策を真似していたけれど、もう真似してる場合じゃないとか思いませんかね?

「構造改革論」「規制緩和論」だけだと、国家戦略を立てる思考が失われてしまう。
「国がやればみんな失敗する。」「民間がやれば効率的」というロジックだけになってしまうから。
「みんなの党」のロジックなんて結局これでしょう。
福祉や教育に手厚くしようとすると、これをばらまきと言って悪くいうパターンは飽き飽き。

麻生総理が以前、「日本はこれから中福祉、中負担の国にします」と言ったけれど、そういう構想でもいいと思う。菅総理もはっきりビジョン言ってたのかなあ。なんか民主党の中がバラバラすぎて、まとまっている意味がわからなくなっている。まあ、自民党の中もバラバラみたいだから、本当にわかりにくい。
  1. 2010/07/16(金) 17:20:08|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

John Bulter Trio

エイプリル・アップライジング [歌詞対訳付き] [解説付き]エイプリル・アップライジング [歌詞対訳付き] [解説付き]
(2010/03/24)
ジョン・バトラー・トリオ

商品詳細を見る
最近、ベストヒットUSAという番組を観ていたら、
John Bulter Trio というバンドの
”One Way Road”
という曲を聴いて、その訳詩がとても興味深かったので、ここに載せます。

奴らは奪いに来る 
満足はしない
現実は関係ない
貝は真珠のためにある
奴らは土地や海や星を求め戦い始めた
間違いを正当化し
嘘で歴史を歪める
そいつらの正体は?
A:現在の政府かも
B:自分を世界の中心と勘違いしているエリート
C:AとBの仲介役をする腐敗した役人
D:クックやコロンブスなどの探検家や略奪者


銃がなくても僕は戦う
言葉は鉛よりも重くギターは大砲
キング牧師やガンジーのように愛で乗り切る
答えはA~DまでのすべてのEかも
でも僕は違う

一方通行を逆行
一方通行を逆行(繰り返し)
Uターンして戻ろう

従えと言われても
心のない奴にはついて行けない
選んでもいない政権は信用できない
ピノキオみたいに正直に
嘘を重ねる度燃え上がる
今こそ正そう
革命を信じ拳をあげろ

★繰り返し

パントマイムやファンタジーの世界に生きたくない
僕は嫌だ 嫌なんだ

☆繰り返し
☆繰り返し 

  1. 2010/07/16(金) 12:27:49|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0

国民新党の敗因は?

国民新党が支持を得られなかったのは何故かと考えてみました。
実は私も比例代表では国民新党と書いたものの、
東京都では国民新党の女性候補が一人居たのですが、
そのスローガンを読んで、票を投じることができませんでした。
つまり候補者自身の選出が失敗だったかもしれません。

ふたりの子供と5人の孫を持つ生活者…
家族を壊す夫婦別姓反対
国を壊す外国人参政権反対
安心して子供が生める病児保育の充実を目指し…

とありますが、これでは
自民党やたちあがれ日本や新党改革等の候補とも同じで差がありませんでした。
というか、国会議員の主張と言う感じがしませんでした。
郵政のことが一言もありませんし、
彼女の関心事の”子供を産み育てる母親に厚い手当てをせよ”という主張だけに見えました。
それに、夫婦別姓などの民主党の主張に反対するだけの内容になってしまっています。
自分の狭い世界のみに関心があるような。
夫婦別姓については世界の国々、けっこう別姓ですし、まあ色々あって、私は別にそれほどこだわらないです。
国民新党の方向性がはっきりアピールできていなかったのでは?
  1. 2010/07/13(火) 13:54:50|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

選挙の結果でがっかり

今日は天気も荒れ模様で、体調も悪くて最悪の気分だ。
参議院選挙の結果、わたしは国民新党に入れたが、1人も当選できずだめだった。
恐れていた通り、みんなの党が増えた。自民党も増えた。
テレビ、新聞を熱心に見ていた人はそっちに行くだろうなと思っていたが、
まんまとマスコミ、メディアにやられたようだ。
とはいえ、大方の人の感覚はどこにも入れたくない、入れる人がいない、
民主にはがっかりだという感じのままだったようだ。
これで郵政改革法案が通るのも、遠くなってしまった。

テレビは見てはいけない (PHP新書)テレビは見てはいけない (PHP新書)
(2009/09/16)
苫米地 英人

商品詳細を見る
日本人は奴隷根性がすっかり植えつけられているんだろうか。
苫米地英人氏の本「テレビは見てはいけない」によると、
知らずにいつのまにかテレビに洗脳されているといい、
テレビ番組を作る主な構成作家が日本で全部でたった20~30人程度で、
日本の今の流行から、お茶の間の話題、政治の世論まで作られているかと思うと驚きませんかと問うている。
その作家のレベルの低下が近年ひどいらしい。
なんて言われなくても……見ていればわかるけれど。
それで、価値観の押し付けをされてしまっている。

民主党小沢氏が暗くて悪いイメージで、渡辺氏が明るく新しいイメージで。


社会主義国、たとえば北朝鮮のテレビメディアなどが言論統制されていて、すべてキムジョンイルを持ち上げるような放送をしていると報道され、日本は自由で素晴らしいなどと吹き込まれているけれど、とんでもない。同じようなもんです。
あちらに比べればネットなどで情報を入れられるだけましですが。

最近思うのは娯楽であるドラマでさえ、政治的に使われて我々を洗脳してる気がする。
キムタクのやったドラマは地検の検察官や総理大臣、素晴らしい正義の味方!!ってイメージを作ろうとしたようだ。見え見えだから私はこういうの一切見なかったが。

刑事物、殺人物も多い、最近の日本のドラマはラブコメディが少ない。
韓国ドラマはラブコメ、恋愛物、家族物が多いのだ。これは女性の視聴者向けだからなのだけれど、
いつからか、日本のドラマは女性や子供向けではなくなったような気がする。
だれに向けてるのか?妙に最近の社会問題を盛り込んだ深刻なものが多くなっているのは何故なのだろうか。
日本に絶望しろと?閉塞感を生み出してるのは大手のテレビメディアじゃないの?



  1. 2010/07/12(月) 17:30:37|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

シオンの議定書から考えること。

シオンの議定書なる怪文書があり、
それはユダヤ人とかフリーメーソンとか世界征服をねらう人とされている者が作った計画が書いてあるとされている。

もちろん、おどろおどろしい。
でも、こんな文におびえてびびってる場合ではない。
こんな計画の中でどうしようもないのか、と絶望するなんて、嫌である。

こんなもの、誰かの想像で適当に書かれたものかもしれないが、
案外逆手にとって、仮にこんな計画があるにせよ、ないにせよ、ここから生まれる知恵、というか、我々にできることはないのか?と思った。そんな計画がないにしろ、考えるのは別に損ではないし。

まず、ここにある、彼らが支配してやろうとするゴイム(彼らから見た一般人)の特性やバカさを指摘してる部分を抜き出してみた。

「通常、彼らの考えを実行する際にやたらと自分の説に固執し、自説の一時的満足にしか頭が回らない。」

「彼らは成功と拍手喝采に飢えている。」

「拍手が止まったに過ぎないのに、彼らは簡単に落ち込みもする。」

「彼らは成功さえすれば計画はどうなっても構わない。」


続きを読む
  1. 2010/07/06(火) 23:35:35|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0

また「サーカーの予言」から…

サーカーの予言―資本主義は花火のように爆発するサーカーの予言―資本主義は花火のように爆発する
(2002/06)
ラビ バトラ

商品詳細を見る


前にも紹介しましたが、もう一度……

サーカーという経済学者が以前、予言した言葉は「資本主義は爆発する」
この先の世の中のあり方を示唆して日本に希望を抱いていました。

****

この先の世は、もう物質的な面からだけの進歩は不可能である。

進歩には必ず、反作用が伴う。

しかし、精神的な喜びを求めるならば、

真の進歩の道を歩くことができる。

プラウト=進歩的活用論

日本の1950年から75年ころの経済はプラウト的な経済だった。

「国内消費用だけの資源を輸入し、国内で製品を作り、国内で売ること」

理想的なプラウト経済社会だったという。

自由貿易といういかさまな悪循環をやめなければならない。

自由貿易は需要と供給のバランスをくずして、経済を崩壊していく。

賃金を抑えられた労働者は消費しようにも余裕などあるはずがない。

富める彼らは貧しい者から搾取することで

ますます富を増やしていく。

自分たちが儲かるから、自由貿易というイカサマな悪循環を断ち切れない。

政治家も、富める者から献金をもらえるので、止めようとはしない。

自由貿易は環境を破壊し、輸送に膨大なエネルギーを使い、汚染を起こす。

****

ではイカサマな自由貿易とは?

Wikipediaより、
自由貿易(じゆうぼうえき、free trade)は、関税など国家の介入、干渉を排して生産者や商人が自由に行う貿易のこと。19世紀に重商主義に基づく保護貿易に対して、イギリスのアダム・スミス、リカード、フランスのケネーらによって唱えられた。

GATT、ブレトン・ウッズ協定により自由貿易の促進を目的とした国際協定で加盟国をどんどん増やしていった。
中曽根総理の時にどんどんすすめたのがわかった。アメリカ追従路線、アメリカ隷属を進めてきた日本。

その当時、皆は賛成していたわけではなく、自由貿易を取り入れるのに積極的だったのはアメリカ、カナダ、日本で、むしろECは慎重派だったという。もしこの時、日本がアメリカべったりでなければ、と思ってしまう。

日本がどんどん悪い方向へ行ったのは、この頃から加速していた。 続きを読む
  1. 2010/07/01(木) 12:44:20|
  2. グローバリズム
  3. | トラックバック:0