ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

大竹まことのゴールデンラジオから

森永卓郎さんは頭がいい人だと思う。
民主党の小沢たたきにやっきになっているマスコミの中をうまく泳いでいる。
これを正面から否定するような生真面目な評論家だとすぐに出られなくなりそうだが、
彼はオタクっぽい話題、アニメやアイドルやミニチュアなどのやわらかい話題で
おちゃらけながらも、ちゃんと言いたいことを述べているからだ。

大竹まことのゴールデンラジオは月曜日、ゲストが榊原英資氏だった。
そのあとのコーナーに森永卓郎さん。
この日は聞き応えあった。

よくサンデープロジェクトにも出ていた榊原さんは竹中平蔵と対立した意見を持っている人のようだったが、
9月には円の最高値を割って、70円台に入るだろうという。米経済が失速してドルが下がるからだという。

日本は、小泉竹中路線のせいでアメリカと同じ格差社会になっている。。
今はヨーロッパ型の社会を選択するか、アメリカ型で行くのか、の岐路に立ってるという。
榊原氏はヨーロッパ型を目指すのが良いと思うと述べた。
しかし、日本は未だにアメリカ型の社会、小さな政府で規制緩和をして自由に競争する社会を目指しているようだが、それと逆のフランスなどのような大きな政府の高福祉、高負担の社会を目指したほうがいいのではないかと言っていた。

私もそう思うのだが、日本はマスコミの刷り込みのせいなのか、いまだ小泉政権と同じ「みんなの党」に人気があるようだ。規制緩和をして自由に民間が動けて、頑張る人が頑張っただけ報われる、すべて自己責任という考え方。しかし、だとしたら、もはや国家などいらないのか。徹底的な個人主義で。自分一人ジャングルで生きているような、誰も守ってくれない社会。

大竹さんが言っていたが、結局、規制緩和って、一部企業や資本のある人にとってはもうかる規制緩和であって、一般の労働者には回ってこなかったですね、と言い、榊原氏も同意した。

それから榊原氏は都道府県はいらないのではないかと言っていた。
つまり東京都に住んでいるとしても都庁なんて行くことはないけれど、区や市町村の役所には行くことがあるから、区や市町村だけでいいのではないかと言う。なるほど。

森永さんは菅さんが米国に対していいなりになり、自民党と変わらないことをし始めて、何も変えられない、意見の違う人たちの集まりの民主党、小沢さんのような実力がある人が出てきて頑張って欲しいとはっきり言っていた。
やはりラジオはいい。こういう論調は、最近のテレビではありえない。
大手マスコミはある勢力に乗っ取られたのか??
スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 16:53:45|
  2. マスコミ報道
  3. | トラックバック:0

国民総背番号制

ニュースで、最近、最高齢の111歳の男性が亡くなっていたのに、
年金など支給されてたとありまして、
続いて杉並区の最高齢の女性113歳もいないとか、
その話題ばかりが連日報道されているのですが、
だんだんおかしいなと思い始めました。

もっと気になるニュースもたくさんあって、
日テレの記者さんとカメラマンの謎の多い死亡事故、
幼児2人を部屋に閉じ込めて、ほったらかしにし、
死なせてしまった悲惨な事件、
これらのほうが、重要なのに!

高齢者がいないままになっている件、他にもあるかもしれない等など、
ちゃんと調べないといけない、
どうやって管理したらいいだろうかと
これを機に、だんだん世論が盛り上がって、
国民に番号をつけなければいけない、となってしまうのでは?

番号だけなら、もう住民基本台帳ネットはやりはじめてることらしいですが、
所得、税金の管理を国レベルで管理されるのはごめんです。
このネットには、名前、生年月日、住所だけでなく、
仕事、年収、犯罪歴、色んな個人情報も入るかもしれないわけです。
名古屋市長の河村さんも1月に名古屋市は住基ネット離脱宣言したそうですね。

「人間に番号をつけて中央で管理しようというのは、牛に番号をつけるのと同じようなもの。ソ連のスターリンがやろうとした人間統合システムだ。スターリンもびっくりするような仕組みを日本で導入しようというのは、断固反対しないといけない。」とおっしゃったそうです。



長妻さんもそういう方向へもって行きたい人なのでしょうか?
民主党ってそういう方向なんですか?

年金の不正支給は犯罪、詐欺だから大問題だけれど、
最高齢の人にお祝いをするとかは各自治体のやっていることで、
わからなくなったなら、自治体がちゃんと見ればいいことで、
本人がいないないなら仕方ないこと。
113歳の母の分は79歳の娘さんも受け取っていないし、
むしろ、母親の分の後期高齢者介護保険料を娘さんは払っていたそうですよ。
別に誰も損してるわけではないことでした。
  1. 2010/08/03(火) 18:51:22|
  2. マスコミ報道
  3. | トラックバック:0

新聞報道

猛暑です。

先日、読売新聞の見出しに大きく、長妻大臣が省内で評判が悪いと、
さも、彼のやり方がひどく、職員が悲鳴をあげているといった内容を出していたので、
あまりのことにあきれ果てました。
職員アンケート
「厚労相指示に納得1%」
「おごり感じる」48%
新聞は今や省庁の官報になってしまったんですね。 続きを読む
  1. 2010/08/03(火) 13:55:43|
  2. マスコミ報道
  3. | トラックバック:0