ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

TPPは平成の開国?!

カン総理、今の民主党政権は「平成の開国」なんて言ってるけれど、

今回のTPP推進の裏は

アメリカの国家戦略だと、

はっきり小沢さんもおっしゃっていましたが、

以下は中野剛志(京都大学大学院助教)のお話の抜粋と一部の要約です。

アメリカは貿易赤字を減らすことを経済目標にしていて、オバマ大統領は、5年間で輸出を2倍に増やすといっています。米国は輸出倍増戦略の一環としてTPPを仕掛けており、輸出することはあっても輸入を増やすつもりはありません。これは米国の陰謀でもなんでもないのです。

オバマ大統領は横浜でアジアを訪れたのは、輸出を増やすためと言っていて、
「国外に10億ドル輸出するたびに、国内に5000人の職が維持される。」と言っているそうです。
このアジアとは日本を指しているわけです。

日本はアメリカにたくさん輸出できるようになると思っていますが、
実際はアメリカは輸入はしたくないと思っています。

関税の話はほとんど関係なくて、世界は通貨戦争になって、
ドル安にして、日本は大打撃を受けます。

「TPPに参加しなければ、日本は世界の孤児になる」と経団連の会長が言ってるそうですが、
日本の農業は、保護されているのではなく、
日本の食糧自給率の低さ、穀物自給率の低さからも、
日本の農業市場がいかに解放されているか、ということです。

日本にとって、TPPはデメリットあれども、メリットは全く無いということです。

****
鳩山さんと小沢さんと亀井さん抜きの政府は、まったく何もない政権になってしまいました。
ウィキリークスでもアメリカから鳩山さんと小沢さんを失脚させよとの命令があったことがはっきりしたそうですね。大した理念も理想もなかったカンやオカダやマエハラたちをうまく利用しようとしたのでしょう。


日本の財界人や政治家のほとんどアメリカのご機嫌取りになって丸め込まれてるのは不思議です。
異を唱えたり、反対するような人がいても、そういう人は出世できない、上にいけない立場に追いやられてしまうので大きな声を出せないのでしょうか?
日本のために、と言っておきながら実は正反対で、大打撃を受けて弱っていく日本、壊れていく日本。
戦争はしていないけれど、実際は激しい経済戦争をしてるようなものなのかもしれない。年間3万人の自殺者は、戦死のようなものじゃないだろうか。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/25(火) 10:10:14|
  2. TPP
  3. | トラックバック:0

巧言令色少なし仁

小沢さんの出演した「報道2001」を見た。
小沢さんの話を聞いたあと、「巧言令色少なし仁」と言う言葉を思ってしまう。
昔の人の英知ある言葉をよく学びなおすべきだった。
小沢さんはその正反対の人で、あまり上手い言葉も言わないし、人の悪口も言わない、
ただ正しいと思うことを言うだけだ。

小泉元総理、竹中氏が上手い言葉を言い、
わかりやすく、感情に訴えるような話しぶりでメディアにさかんに顔を出して、
それで人気を得たが、実はそういう人ほど仁がない、誠実な心などなかった人たちだと
昔の人は教えてくれているのに、忘れてしまい、だまされてしまった。
何度もこうしておろかな人間たちはだまされて同じ失敗を繰り返してしまうんだろうか。

小沢さんの過去のアメリカとの交渉の話はもっと聞きたかった。
もう時間です、と切ってしまったのは残念だった。
アメリカなど、他国は国益しか考えていない、相手がどうなろうと知ったこっちゃ無いと思っている国。
そう思って相手にしなくてはいけないのに、
アメリカに対して、へらへらと笑って
「まあまあ、怒らないでくださいよ、ここは穏便に」
「じゃあ、お気に召すようにしますから、お許しください。」
と言ってるような日本の姿が見える。
でも、それでもイライラせずいる小沢さんはもっと遠い先を見据えているのかもしれない。

菅政権はすっかり自民党政権と同じになった。
前よりもっと悪い、と言う人も多い。
与謝野さんが入閣したから、消費税の増税路線まっしぐららしい。
何のために政権交代したのか。
鳩山さんが総理になった時、あの時だけ…わずかだった。

菅さんはずっと前から、なんか胡散臭かった。
小泉総理の時代に国会で質問したいる姿を覚えているが、
小泉氏と戦っているように見せて、実は擦り寄っているような、
人気にあやかりたいような、実は好き、みたいな感じがあった。
裏ではずいぶん仲良かったのではないか?なんて思ったりしていた。
  1. 2011/01/19(水) 13:46:26|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

日々の雑感色々

1月8日、アメリカの下院議員のガブリエル・ギフォーズ(女性)さんが銃撃を受けて重体に。
回りに居た人も死者やけが人が出たとのこと。

この人はユダヤ人で両親もユダヤ系で宗教もユダヤ教だそう。
2007年に宇宙飛行士と結婚。
銃規制反対、太陽エネルギー推進、オバマ支持の民主党員。

ここからは勝手な想像なので笑って許してください。

この人がなんで狙われたのだろうか?
支配者側のユダヤ系の政治家なのに。
銃規制に反対していた人が撃たれたということは…。
アメリカの世間からは銃を規制しろと言う声が強くなる?
銃を規制したいのは支配者側の論理な気がするので、優位に立てる?

****

日本でも87歳の方が急に襲われて亡くなった。
この方の情報はほとんどないが、厚生労働省の役人の事件(犯人小泉)とあまりにも似てるので、
なにかの口封じなのかなと勘ぐってしまった。
元大手製紙会社の役員だったということだし、政治絡みとも思えないから、
単なる恨みなのかもしれないが、なんか変だ。

******

菅内閣の支持率が上がったとNHKで言っていた。
あきれて笑ってしまった。
うちの夫は私と違って、NHKの大越キャスターが好きで、小沢さん嫌いである。
だからこの話をするとケンカになるので、しないようにしている。
しかし、少しずつ、小沢さんは悪くない、マスコミ報道がおかしいと
言ってみている。
努力実って、最近少し耳をかしてくれるようになった。
新聞を真面目に読むタイプだから刷り込まれてしまっているのだ。

******
  1. 2011/01/13(木) 17:49:04|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0