ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

さよなら原発

なんだかんだ言っても脱原発の波は止まりせんよ。
海外ではドイツ、イタリアと脱原発宣言ですし。
菅原文太さんが日独伊三国同盟を結べと言ってるとか?

そんな中、18日海江田経産相が安全宣言して原発再稼動を要請、
大阪の橋下知事、滋賀県の嘉田由紀子知事、山形県、福井県、島根県知事らも再稼動を認めないと表明しましたね。東海村の村長も苦言を呈し、国は地方からの反発をくらっています。
当然の反応だと思います。

ただ、佐賀県の玄海原発、玄海村の村長さんが、少し前テレビで、原発再稼動をして欲しいと言っていました。
それは雇用のためでした。小さい貧しい村で、数百人が原発関連の仕事をしているので、困っているらしい。
交付金をもらっていたために、それがもらえなくなると財政も大変なことになるらしい。
その気持ちもわかりますが、目先のことばかりを考えてきた悪習を断たなければなりません。
廃炉のための作業もあるはずですし、他の雇用を生み出す知恵を出していかねばなりません。
風、水、太陽、地熱、波…自然エネルギーの雇用を生み出す、チャンスではないでしょうか。

さよなら原発 1000万人アクションというサイトがありました。
さっそく署名してきました。


50年ほど前に中曽根総理が”日本が4等国家になるのを恐れて”原発を導入を決定したそうですが、そんな動機ももはや過去のもの、日本が世界から尊敬される一等国になりたいなら、やめるべきでしょう。

次の時代の波はもう来ていて、日本はアメリカ陣営にいては、まずいんですよね。
今まで西欧的な価値観が世界を凌駕していましたが、次なる価値観はアジア的なものです。
西欧的価値観とは物質文明であり、それが終焉に向かっているのは大勢の人間が知るところです。
日本も精神的、文化的にはアメリカなるもの、西欧文化なるものから離れ、
アジア的な価値観を重視するようになっています。
(アジア的価値観とは、森羅万象に神が宿る、以心伝心のようなものとか。)
特に若者を中心に広がっています。たとえば、あまり車に乗らなくなったり、パワースポットめぐりが流行ったりしてます。彼らが物質的なものよりも精神性の高さを求めてる証拠ではないでしょうか。(今年の初詣、神社にやってくる若者の多いことにすごく驚きました。年々増えてます。)

政治経済の世界では変化を恐れて身動きがとれないようですが、文化的な世界では変化している時です。
この東日本大震災が起こったことで、さらに国民の意識は覚醒しました。
お金も物も大事だけれど、それはあんまり意味がなく空しいもの、本当の幸せはそこにはない。
もともと西洋人じゃないアジア人のわれわれが、西洋人の真似をして暮らしてきた、それは一種の流行みたいなものでしたけれど、それももう終わりの時代が来ているのです。

福島第一原発が壊滅状態になり、何万人も避難せざるを得ないと言う最悪の状態の今、放射能で日本中が汚染されている今、それでも原発をやめない国だとしたら、世界から見れば呆れられるに違いありません。
アンビリーバブル!信じられない!

スポンサーサイト
  1. 2011/06/22(水) 14:55:34|
  2. 原子力
  3. | トラックバック:0

菅降ろしの裏側

楽天のニュースを見ていたら、あるブログの紹介があり、
それは先日の総理・有識者オープン懇談会の総理の発言の書きおこしでした。
報道されない菅総理のコメント


菅おろしが激しくなってきました。
それが激しくなったのは浜岡原発を止めるといったときあたりからで、
その前までは新聞もテレビも、つまり大マスコミは菅擁護だったような気がしましたが、
急に変わりました。

菅降ろしには2派あるのかと思います。

いわゆる小沢派と言われる人が、TPP参加やマニフェスト無視で官僚のいいなりの彼に対してやめて欲しいと言うもの。
与謝野氏を採用し増税しようとしていたこと等など…に対してだったと思います。
これはずっと前からありました。

最近、自民党やマスコミが彼を降ろそうとし始めたのは、表向きは”復興の遅れ”というものですが、
彼の行動に危ういものを感じてる、脱原発に動いているのではないか?という恐れからなのかも、と思いはじめました。(原発推進派=大手マスコミ)

菅総理が表向きのコメントは官僚よりの米国や自民党には耳障りの良いものでありながら、
急に相談もなく、浜岡原発を止めると言ったり、孫さんの提案した太陽光パネルをたくさん作る、
メガソーラーの決意を述べたりした行動が、実は彼の本当にやりたいことなのかもしれないと思い始めています。
つまり脱原発です。

鳩山さんのように真っ正直にやりたいことを述べても結局潰されてしまう巨大な力があることを知ってる彼は、
表コメントと裏コメントを使い分けているのかもしれません。
外から見ると、この人の発言はぶれすぎる、何をしたいのかわからないということになります。
あっちにもこっちにもいい顔しているということになります。

私の買いかぶりなのかもしれませんが、最近の菅総理の行動を見るにつけ、もしかしたら何かある?と最近は思うようになりました。
そしてこの総理・有識者オープン懇談会の発言を聞いて、ますます、もしや???。
…であるなら、応援しようかとも思ったりもします。
  1. 2011/06/19(日) 11:15:38|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

ドイツがうらやましい

最近、国にはもう失望しかないです。
ドイツがうらやましくて仕方ないです。
だからと言って、傍観を決め込むことは敵の思う壺。
厳しく監視していく必要があるのですが。

国が何かするのを待っていられないので、
自分ができることをするしかありませんけれど。

自民党の河野太郎さんは脱原発を大きな声で言っていますね。
そんなことを言っていたら、党内では「共産党か」と非難されていたそうです。
つまり今、脱原発を唱えるのは民主党でもないし、自民党でもない。

全国的な選挙は当分行われないでしょう。
東北の人が選挙できないから無理。

脱原発を望むけれど、選挙もないし、声をどうやってとどければいいか分からないので、
ブログにこうして書くしかない。

仮に選挙があったって、民主党の森ゆうこさんがかっこいいな、がんばってもらいたいなと思っても、票を民主党に入れると、仙谷や野田や前原が総理になったりしてしまう。

河野太郎氏がいいと思っても自民党に入れるわけにもいかない。
もし選挙があっても民主には絶対入れないな。

民主党、分裂して欲しい。
自民党も。

はっきりとした主張で別れて欲しいものだ。

また言ってしまうけれど、ドイツがうらやましい。

ドイツは政府や官僚が電力会社との癒着してなかったんでしょうね。

*****
話は変わりますが、

2004年から太陽系はうお座から水瓶座(アクエリアス)に移ったそうです。
太陽系がぐるっと一周回るのは2万5千年~6千年かかり、それを12星座で割ると、
ひとつの星座に2150年くらい居るんですね。

自分はあんまり星座占いを信じていなかったけれど、
これを知ると驚きました。

魚座のエネルギーは
個性→エゴイズム
3次元的 物質至上主義
競争の原理
男性的

だそうで、たしかにぴったり今までの世界そのものです。


水瓶座のエネルギーは
人類に統合を提供する
エゴからエヴァに変換
精神的な価値観
女性的

古い権力の最後の抵抗があっても、
今は過渡期、苦しみの中にあっても
時代の変化は止められないのではないか?と思うことが唯一の救いです。
  1. 2011/06/07(火) 15:15:26|
  2. 未来
  3. | トラックバック:0