ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

読売新聞はもうやめた。

ずっとやめたかったのですが、今月でやっと読売新聞をやめることができます。
決めたら胸がす~~っと楽になりました。
読むと気分が悪くなる記事ばかり。
社説はもうひどかった。
お金はらって読ませられる、こんな無駄はない!!
このごろは特に内容が偏ってひどくなり、エスカレートしてませんでしたか?
次はそんなにたちの悪くないはずの東京新聞にしようと思います。

鉢呂経産大臣のあっという間の辞任、ネットとか一部ラジオでは、テレビ、新聞とまったくちがう意見が多いですね。
鉢呂さんがTPP参加についても、原発についても慎重派であったために、あえて降ろされた、わけですね。
もうこの「死の町」発言の最初から、あ、やられたな、と私も思いました。
”「死の町」発言で傷つい福島の人たち”という図式、もうみなさん、おかしいなと思い始めていますよね。
私が福島に住んでいて避難していたとしても、死の町と言われても傷つかないと思うのです。
誰のせいでこんなになった、つまりは原発を作った人たち、国と東電の管理のせいですから、別に福島の悪口を言われたようには聞こえない。むしろ同情の念、悔しい気持ちがにじみ出ていると思いました。

記者クラブというのが、暴走しているようですね。大臣に対する口の聞き方がひどく、チンピラみたいだとか。
日本にTPPにそんなに参加させたいのか、彼らにどんな旨みがあるのか??
政治家もそうですが、そんなに必死になる理由がわからんです。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 18:57:46|
  2. マスコミ報道
  3. | トラックバック:0