「グローバル恐慌の真相」を読んで

グローバル恐慌の真相 (集英社新書)グローバル恐慌の真相 (集英社新書)
(2011/12/16)
中野 剛志、柴山 桂太 他

商品詳細を見る
私など経済のド素人には日本は経済成長なんてもう求めなくてもいいんじゃないの、なんて気楽に考えていたのですが、やはり経済学者は日本をGDPベースで世界5位くらいにとどめて置きたいと思っているようです。
というのも、心情的に「もうこんなに消費はいらない、ぜいたくはやめよう」と思う気持ち、もっと豊かな生活、もっと便利な生活をと求める欲望は飽和しているし、道徳的にもみっともないのでわかるけれども、困るのは「将来への投資」ができなくなることなのだといいます。
老朽化したインフラの更新投資などができなくなるのはまずいこと、このことを忘れちゃいけなかったんですね。日本もこのままで行くと、壊れた橋や道路がそのまま更新できず、地震も多い中、危険な場所が増えてしまうかもしれません。

それに、経済成長のためにというより、デフレをこのまま放っておくと給与水準が下がり、生活水準が下がり、失業者が増えると人々は疎外感を持ち、将来への不安感が強まってしまう、つまり、国民がみな不幸な国になってしまいます。
アンチ成長論の間違いは将来への投資も減ってしまうという点なんですね。
それで経済成長をさせるために、このデフレを脱却しなくてはならないわけです。


それから、グローバル化の危険性について
新自由主義、構造改革を推進して、よくなった国なんてあるんでしょうか?
この本の中にありましたが、新自由主義を取り入れて構造改革を断行した結果、発展途上国へ転落してしまった国の例がありました。それはアルゼンチン、1930年ごろ、世界第5位の経済大国で景気が良かったそうですが、構造改革した結果、落ちてしまったそうです。

新自由主義、そしてグローバル化の流れはこれからがもっと怖い結果を生み出すのでしょう。
TPPも日本を痛めつけるわけで、なんとかここで踏みとどまれるかの瀬戸際です。
日本を痛めることにまったく気にならないで、米国に頭をなでられておだてられて喜んでいる一部の人たちはどんな世界、日本を理想としているのでしょうか?彼らの言説を読んだり聞いたりしてみると、もう十何年か前に言い尽くされたようなことを繰り返すのみのような気がします。企業が自由に動けて、みな競争し合い、世界を舞台に活躍できる活気ある若者がたくさん世の中にいる世界…とか(笑)

しかし、発展途上国とまではいかなくても、日本が貧しい国になっても、心まで貧しくなりたくないものです。
今は物が安く買えるから、給料低くても暮らせる、とい安易な認識もあるのですけど、仕事が賃金安くてもあるのならばいいのですが、仕事が無い場合、先ほども書いたように、心がすさんでくるので不幸が国に蔓延してしまうんですね。

企業がリストラして人件費を削ってしまう方向へいく以上はますます悪化します。㈱アシストのビル・トッテン社長のように、雇用は切らない方針で行ってくれるそういう企業がもっと増えると良いのですが。
もちろん、国がしっかりしてくれれば、それにこしたことはないのですが、期待ゼロなので仕方ありません。
スポンサーサイト

今の不安を並べてみると

最近、暗澹たる気持ちでふさぎがち。
元気を出せない、怒りと不安が増大してしまう。
精神衛生上、このままではまずいので、ここで整理してみようと思った。

天変地異の問題
1、太陽の活動。
1600年代にも訪れたミニ氷河期に入るかもしれないこと。
さらに太陽フレアの活動の活発化、大昔なら火事になる程度だったが、今の時代、電子機器に異常をもたらし、コンピューターシステム、メモリが消えてしまう事態もありうるそうである。これはタモリの「笑っていいとも!」での広島大学の長沼先生の話からも聞いた確かな話である。

2、フォトンベルトの通過。
これは少しオカルト的ではあるけれど、フォトンベルトに地球がもうすぐ入るのではないか、という予測もある。
このときどうなるかは不明であるけれど、通信、電気、使えずに、世界が真っ暗になって3~数日間を過ごすことになるという話である。
地球の歳差運動の話もある。極は少しずつ移動しているそうだが、一挙に南北反転することは過去のデータにもあるので、それが2万6千年ごとであったら、もうすぐなのかもしれない。その時は地球にあるバリアがなくなり、一気に放射線が注いで生物は死滅する??

3、マヤのカレンダー。
最後の日が2012年12月22日だという話はあまりにも有名になっている。
NHKでも取り上げており、実際マヤ遺跡に行き、その地に住むマヤ族の話からそんなことはないと結論出していたが…。

4、ベテルギウスの爆発。
NHKBS「コズミックフロント」でも解説。太陽が2つに見えるほどの明るさになるらしい。

5、地震、火山活動。
最近地球全体に増えている感じのする火山噴火や大地震。地球地殻の内部活動の変化、活発化か。

不安な社会問題

1、福島第一原発。
放射能問題はまだまだこれからである。
東電の相変わらずの態度。

2、首都直下地震の可能性、東海、東南海、連動地震の可能性、富士山噴火の可能性。
すべて高まるばかりである。

3、復興の遅れ。
被災地の復興が遅れていて、汚染地域などの問題が山済みである。

怒りの政治問題

1、TPP。
日本がここに入ることは大変危険であり、単に経済の問題だけでなく国民の健康、文化まで脅かされる恐れがある。

2、消費税増税。
デフレ化で消費税を上げることはたいへん危険であると多くの経済学者が言っている。にもかかわらず、政権交代したのに、前と変わらない政策しかない。

3、原発再稼動。
原発推進派が相変わらずいる。

4、新自由主義、グローバリスト、構造改革派。
これらが日本の中枢やマスコミに巣食っているようで、相変わらずの政治運営をすすめようとしている。
これらは反原発だったり、消費税増税には反対であったりするので、見分けがつきにくい。


ここまで書いて、まだまだたくさん他にもまとめきれずにある気がする。
しかし、これ以上考えすぎると、頭が爆発しそう。怖すぎる。

まず、災害の不安だけでもとりのぞくため、今、国にして欲しいこと!!
今の政府は絶対にしない、できないだろうけれど。

○とにかく、考えられる最大限の災害防衛策をして欲しい。
莫大な予算をつけている地震予知の研究、でも、今回の大震災を予知できなかった。日本の一番の頭脳であるはずの東大でこの程度なのだから、人間はまだまだほとんど無知なのだと知らされた。
むしろ、昔からの言い伝えで命が助かった場所もあったと聞いた。
だから防災、防衛手段が先決。
国民全員に放射能測定器や線量計を配って欲しい。
食べる物にこれからますます疑心暗鬼になってくる。セシウムの半減期30年、すべての水と食べ物が汚染されてくるはずだ。
さらにヘルメット、ライフジャケットを配るべき。
津波で逃げる時、ライフジャケットを着こんで助かった人の話も聞いている。
耐震性のない家屋は無料で耐震補強をするべき。
避難場所として安全なドームをたくさん造る。今回、体育館は天井が落ちたという話をたくさん聞いた。
(ドームの話は武田邦彦先生の将来住む場所は大きなドーム内が良いという話しからなのだが…。)

このくらい過剰なくらいにしっかり防衛して、国民を安心させて欲しいものである。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード