「戦後史の正体」

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
(2012/07/24)
孫崎 享

商品詳細を見る
孫崎享著 元外務官僚 国際情報局長
すでにベストセラーの本。高校生にもわかるように、と書かれたそうなので、読みやすい文章だった。
終戦後の日本の状況が詳しく書かれている。
1945年9月2日に降伏の調印をし、その時アメリカは3つの布告をする寸前だったそうだ。なんとなくこの話は聞いたことがあったが、
1、公用語は英語に。2、米軍による違反は軍事裁判で処分。3、通貨は米軍の軍票。
という、今思えば恐ろしいものだ。
日本がこうならなくてすんだのは、重光葵さんのおかげだった。まず岡崎氏に夜中に折衝に行かせ、翌日マッカーサーと重光氏が会見し、この布告が取りやめになった。米軍の軍政を日本にひくことはポツダム宣言と違ってくる…と素晴らしい折衝をしたと言う。

しかし全体としての戦後の日本は、報道機関は米国にすり寄ったし、吉田茂首相はまさにそうだった。

日本占領は史上まれに見る『寛大な占領』だったと言われたが、私もそう思っていたのだが、実はそうではなかったのだなと知った。
ずっと米国は好きなだけ軍隊を日本の望む場所に駐留できる、という方針を今まで続けてきて、今もその姿勢は変えないのは、日本の真の独立を認めないという証拠なのか。

とはいえ、一貫して言えるのは、米国は一枚岩ではなく、その時その時でころりと変わることがあるという。
将棋のゲームの中で米国が「王」で、日本が「歩」になったり、ときには「銀」になったりと状況によって変わるのがアメリカの戦略だと認識した。
たとえば、終戦直後、米国は”日本の生活水準は侵略した国よりも高くしないように”と決めていたのだが、占領経費が高くつき、アメリカの物資不足に陥ったので、日本で大量生産させることにした。さらにソ連とアメリカの対立が起き、日本をその防波堤としたいという方針に変わったので、日本の経済を立て直すことが許された、というか、経済力をつけさせた、という感じなのだ。そして時がたち、冷戦が終わるとまた日本への戦略を変え、経済力を削ぐように動いているのが今なのだろうと思う。

歴代の総理の動向を順に見ていくと短命政権に終わった総理ほど、実は対米自立を目指した、米に物申すことができた人たちだった。長くいられた総理ほど、対米追随路線であったことが歴代の総理などを例にして実証している。

日本の戦後史のこのような米国との力関係、いや、米国の支配下、コントロール下にある状態のまま、というとあまりにもだが、ずっと同じなのだ、と認識できた。しかしおとなしくずっと対米追随路線で来たわけではなく、たくさんの政治家が果敢に自立を目指したことが詳しく書かれており、その苦労が忍ばれる。

例えば、私が驚いたのは、歴代の総理の認識はたとえばあまり評判が良くなかった鈴木善幸氏は実は志の高い人だったこと。親米と思っていた岸伸介氏も意外にがんばったことや、これまた親米派と思っていた宮沢喜一氏は行政協定のひどさに気がつき、「独立する意味がないにひとしい」と言ったらしく、抵抗をしたことがわかった。
逆に吉田茂という米国に対等に渡り合ったという豪快なイメージの総理が、米の命令に従っていただけだったとか、今までのイメージや認識は塗り替えられた。

戦後は報道関係や経済界に対米追随の勢力が作られた。親米路線がひかれた。そのため自立を目指そうとする人物が現れると、その足をひっぱるように動くのは同じ日本人である。今の日本の状態を見てもそれがよくわかる。
67年もたって、この頑強に作られた姿勢が固まってしまったかのようだが、そろそろ気が付く人たちが増えてきたのだと思う。

この本を政治家を自主独立派と対米追随派に分けるだけの陰謀論にすぎないと一笑に付す人もいるかもしれないが、筆者の想像や思い込みからでなく、丹念な過去の文書からの引用による根拠がしめされており、説得力があると思う。
スポンサーサイト

ACTA反対

7月31日、参院外交防衛委員会でACTA締結承認案が可決され、
8月3日、参院本会議で賛成多数で可決されてしまった。
このまま衆院で可決、成立する公算が強い、と東京新聞にもあった。

「偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)」
「模造品・海賊版の拡散防止には国際的な枠組みが必要だ」と外務省。

これだけ聞くと中国などで作られた模造品や海賊版などがイメージされて、一見、正しい策のように感じるが、とんでもない協定のようだ。
第一インドや中国は入っていないそうだ。なんのためにやるのだろうか。
ネットでの著作権の侵害があった場合、告訴なしに起訴できるようになるので、ネット検閲、言論統制のようになる。2005年に小泉首相が提唱し、EUと日米などが署名済みだという。
小泉首相はろくなことをしなかった。彼が日本を苦しめる元凶だったとつくづく思う。

竹島だの他の刺激的な問題ばかり取り上げられて、こういう問題は影に隠されている。
消費税増税問題も隠されてしまったようだ。
あまり知らないうちにどんどん勝手に決められる。
とはいえ、政治家を選んだのは国民で、いちいち個別の問題に、これはどうでしょう、これはどうでしょう、と国民投票するわけにはいかないので、選ばれた政治家が責任を持って判断して決めるというのは仕方ないことだと思っている。

しかし、今回のACTAはひどい。TPP、消費税増税、原発再稼動、次々とひどいことをしていくことはもう我慢ならない。
気がついた欧州では250万人のデモで反対しているという。内容がよくわからないまま可決、これが怖い。

今、民主党の斉藤やすのり議員と三宅雪子議員が反対しているそうだ。
日本ではマスコミ報道は、東京MXテレビで津田大介氏が述べていたし、東京新聞にもあったが、もっと大問題にすべき問題だった。

アジアの紛争を望むアメリカ

今日の大竹まことのゴールデンラジオ(文化放送)で、大竹さんの意見に共感した。
今、日本は韓国とは竹島問題、中国とは尖閣諸島問題が起きているが、
領土問題は本来、アメリカが戦後に線引きをしたことでそのために紛争となっているのである。
この紛争の種をまいたのはアメリカなのである。
しかし、今アメリカはこの問題に口をはさまない、と言っている。
実は彼らは紛争を望んでいるのではないか?と疑うべきである。
まったくそのことを政治家が言及しない、いや、できないのが情けない。
そろそろ、日本人もそのことに気がつくべきだし、韓国も中国もわかっている人はわかっているはず。
何度も言うけれど、日本と韓国と中国が仲良く手を結べば、相当な力となる。
弱っているアメリカには脅威になる。
力を弱めるために、アジアを分断することが重要なのだ。
その手に乗ってはいけないのだ。
石原都知事はもういい加減にして欲しい。
尖閣の問題を出してきたのは彼で、彼はアメリカの戦争屋の手先になってしまった。

戦争をしたがる人たちが少なからずいることは否めない。そうした人を押さえ込むには無視しかない。
大竹さんがラジオでいうくらいだから、最近の国民は冷静になり、大手マスコミの報道にあおられなくなったと思うことが救いである。

40歳定年?80歳定年?

全員を有期雇用にして、定年は40歳に引き下げる。政府の国家戦略会議分科会が、こんな雇用モデルを打ち出した。「希望と誇りある日本」を取り戻すための将来像というのだが、非情なリストラ社会を招くだけではないのか。分科会の委員で発案者の柳川範之・東大大学院教授(49)に、真意を聞いた。

「定年制を廃し、有期の雇用契約を通じた労働移転の円滑化をはかる(中略)。場合によっては、40歳定年制や50歳定年制を採用する企業があらわれてもいい」

 7月6日に報告書が公表されると、ネットを中心に「40歳で放り出されたら生きていけない」「安心して子どもも作れない」と、批判的な意見が相次いだ。

「反論が来ることは予想していました。そういう意味では、確信犯的にややラジカルな言葉を使いました。野田総理からも『やんちゃな議論をしてくれ』と言われていましたしね。しかし、このまま手を打たないと、いずれは大企業でもバタバタと潰れる時代が来ると思いますよ。経済学者としては、そうなる前に手を打たなければならないと思っています。」と柳川氏。

 さらに、「イメージしたのは、定年=リタイアではありません。20年や25年といった長期の有期雇用契約を認めて、20~40歳、40~60歳、60~75歳と何度かリセットして働き続けていくのです。まずは40歳で一度区切りをつけて、『いまの会社には合わない』『自分の能力が足りない』と思う人は退職し、大学などで学び直して新たな仕事に就いてもらう」と柳川氏は語っている。

※週刊朝日 2012年8月10日号
*****
これはひどすぎる話だが、80歳定年制もあの元官僚の「官僚の責任」を書いた古賀茂明氏が述べていたのを思い出し、どっちもどっちだ、と思った。違うようで似ている。
80歳定年制は年金支給を遅らせるため、
40歳定年制は若い人の雇用増加と賃金カットのため、
どちらもほとんど労働者側の利益にはならず、
80歳なら国の財政のため、
40歳なら企業の利益のためとなる。
賛成する人なら、こう言うだろう、若い人の雇用が増えるじゃないか、と。
確かに、それだけはいい話である。
実際問題、机上の空論で、40歳と言う年齢は働き盛りで責任ある立場に立つ人が多い。
ほとんどの仕事は入社してすぐにベテランと同じに働けるわけではないので、効率から言っても新人だらけの会社なんてまともに動かないだろう。40歳から大学で学び直せと仰るが、学びなおして45歳になって、新規の就職口を探すのが容易でないことくらいわからないのだろうか。それとも、40からの仕事、60からの仕事とちゃんと社会が用意していてくれるとでも??
個人の幸福とか利益なんかは無視して、企業さえ生き残れば良い、という狭い了見でしか考えられない頭のおかしな人が政府関係者には多すぎる。目先だけしか考えられない人。

「海水、注入もったいない」?!東電

海水注入「もったいない」=東電本社、廃炉恐れ―吉田所長は反論・福島原発事故
2012年8月8日(水)17:39
 東京電力福島第1原発事故直後の昨年3月13日、危機的状況にあった2号機原子炉を冷却するため海水注入を準備していた同原発の吉田昌郎所長(当時)に対し、本社側が「材料が腐っちゃったりしてもったいない」などと指摘していたことが8日、東電が公開したテレビ会議の映像で分かった。
圧力容器などが海水の塩分で腐食し、廃炉になるのを恐れたとみられる。東電は6月に公表した社内調査の最終報告で「本店対策本部を含め、事故収束に向けた対応をしていた」として、海水注入をためらったとの見方を否定していた。
映像によると、13日夜、東電本社で復旧計画の策定を担当する復旧班の人物から「海水からいきなりやるふうに聞こえていて」と疑問の声が上がった。肩書や名前は明らかにされていないが、この人物は「こちらの勝手な考えだと、いきなり海水っていうのはそのまま材料が腐っちゃったりしてもったいないので、なるべく粘って真水を待つという選択肢もあると理解していいでしょうか」と尋ねた。
これに対し、吉田所長は「今から真水というのはないんです。時間が遅れます、また」と強調。「真水でやっといた方が、塩にやられないから後で使えるということでしょ」と問い返した。
さらに吉田所長は「今みたいに(冷却水の)供給量が圧倒的に多量必要な時に、真水にこだわっているとえらい大変なんですよ。海水でいかざるを得ないと考えている」と断言した。
復旧班の人物は「現段階のことは了解しました」と了承したが、この後も復旧班から「いかにももったいないなという感じがするんですけどもね」と苦笑交じりの声が漏れた。 

[時事通信社]
*****

あの頃、海水注入を渋っていたので、私は激しい怒りを覚えたことを思い出しました。
「廃炉にしたくないだけ」この期に及んで、まだそう彼らは思ってるのだと。

日本における最大の重大事故にもかかわらず、その事の大きさを認識できずに、今までどおりの方法でしか考えられない、適応力の鈍った人たちの会話。危機感のなさに呆れる。

ロンドン五輪

酷暑の夏です。今、テレビはオリンピックで盛り上がっています。

ロンドンオリンピックの開会式の様子を少し観たのですが、暗くてなんだか不気味に感じました。パフォーマンスでミスタービーンのローワン・アトキンスが出て、笑いをとったりしたのは楽しめましたが、ポール・マッカートニーの歌は音がずれて心配でした。さほど目新しくなかったですね。
それから子供たちが病院のベットにたくさん寝ていて、看護士さんもいて、病気の子供たちがたくさんいるのも異様、そこには悪魔のような大きな怖い怪物が…よくわからないストーリーでした。あのベストセラーのハリーポッターの世界らしいですが…。
オリンピックの開会式にしては暗いなあ、まあ、イギリスというお国柄だから落ち着いている、とも言えるのかもしれない、とは考えたのですが、正直、不気味な感じでした。
そうそう、エリザベス女王が007と共に出てきて、パラシュートで降下する映像もありましたね。笑えばいいんでしょうか。エリザベス女王を馬鹿にしてるようで、なんとも…。お笑いタレント並の扱いですね。これもお国柄なんですか?

病院の子供たちのパフォーマンスを観て、去年のNHK紅白でのレディー・ガガのパフォーマンスを思い出しました。彼女も最初に病院のベットに乗って運ばれてきて、横になったまま歌い始め、踊りだすのですが、なんだか不気味なものでした。
そもそもレディー・ガガ、人気のようですが、私にはどうもおどろおどろしいファッション、奇抜というだけではない、意味ありげなもので受け付けません。
その昔、デビット・ボウイなどがやった奇抜なファッションとパフォーマンスと同じ、なのかもしれませんけれど、マスコミ、NHK、彼女を絶賛しているのがどうも変。本来、アングラなら表舞台には出てこないものなのに。

とかくロンドン五輪は不手際なのかわざとなのか、はっきりしないものが多いですね。
ネットで話題になっている”開会式での日本選手団だけが退場した問題””観客席がガラガラの空席だらけ”
誤審多く、特に韓国に不利であるとか怪しいものが多いですね。もしかして、日本と韓国の仲たがいをねらってるのかと疑いたくなります。日本選手団の退場は憶測ではガレキバッチのせいとか言いますが、私の思うところ、勝手な考えとしては、イギリスのオリンピックのスタッフが仕事に対していい加減で、国としての結束力が弱っている証拠なのかとも思われます。

フリーメイソンの影響力を指摘する向きもあって、特に始まる前から話題だった”オリンピックのマスコットの不気味さ。(ひとつ目の人形)””2012の文字デザインがZION(シオン)に読めること”などなどあります。色々と興味を煽る話がつきないオリンピックです。
私は最近、2012年末世界滅亡説はインチキだと、一気に今までの不安を払拭しています。マヤ暦も2012年以降の暦が出てきたとニュースでもありましたけれども、こんなデマをハリウッド映画でもあおっていたことだけでも、あきらかにやらせだからできることなんだと思うわけです。人間の不安が増大すると競争だ、戦争だ、とろくなことになりません。


プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード