ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

「日本未来の党」に期待!!

滋賀県知事の嘉田由紀子知事が新党「日本未来の党」を立ち上げました。
小沢さんの「国民の生活が第一」や「みどりの風」や亀井静香さんらの「脱原発、反TPP」などが合流する方向で、これはとてもいい話だと喜んでいます。

私が今度選挙で、それらのうちの一つに投票しても、少なくて結局死票になってしまうのではないか、と懸念していたので、こうやってまとまってくれそうなのはうれしい!

願わくば選挙で大勝し、女性が首相になってもらいたい。嘉田さんが将来首相になったら、素晴らしい。
亀井亜紀子さんも適任で素晴らしいと思う。先日NHKの日曜討論で彼女が一番光っていた。そうなったらいいなあ。日本もそうですが、これからの世界は女性の目線で行くと平和になると思います。

今、この勢力がないと、日本はたいへんなことになりそうです。今はとても危ない状況です。
民主と自民と維新、いかにも対立してるような感じに演じてますが、竹中平蔵が裏でからんでいる政党なのだから、ほぼ同じなんですよね。みんなの党も同じようなもの。新自由主義。

それらがこの選挙が終わって、この3つの政党の議員を集めて過半数を取ることをもくろんでいる、と思う。
米国の戦争屋が大喜びの状態です。

彼らが政権を担うと、原発をなし崩し的に再開し、消費税が増税されて、TPPに参加してアメリカの思うままになり、自衛隊が国防軍になり、憲法を改正して、徴兵制度を復活させて、戦争を始められるような準備がされます。そして、中国と戦争を即始めたいのだろう、と思えます。
そうするうちに、国民の生活はますます格差が広がり、生活は苦しくなります。競争社会が激しくなり、新自由主義のなれの果て、今のアメリカのようになるでしょう。TPPによって健康保険も持てない人が増え、食品の安全性も保たれずに添加物や遺伝子組み換えの食べ物で、ますます健康も子育ても不安な社会になるのです。

少しでもそういう流れを食い止めたいから、「日本未来の党」に希望を持ちたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/27(火) 15:17:56|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

大手マスコミの操作に簡単にだまされる国民

大手マスコミが全然取り上げないものだから、
うちの夫は小沢さんが政党を作って民主党を出たことをすっかり忘れており、
私が説明すると、まるで初めて聞いたように、「そうだったけ。」
と言ったので驚きました。
すごいですね。
テレビもちらちら、新聞を斜めに読んでるような一般人には印象に残らないように、うまく大手のマスコミさんが操作してるので、本当、効果抜群ですね!!
これで、自民党が次の選挙で勝ちますか?

最近の世論誘導の仕方って露骨なのです。
政治家の扱い方ひとつで印象が変わります。
そういうテクニックを色々と駆使してるんでしょう。
反TPPで脱原発で消費税は凍結するという亀井さんの新党には大拍手を送りたい私です。
が、たとえ、彼らを支持したい国民がたくさんいても、取り上げられないために忘れられ、お年寄りはテレビしか観ませんし、せいぜい大手の朝日や読売新聞からの情報のみで、選挙に行って投票してしまう可能性があります。

テレビでは、”少数の政党が乱立して有権者がどこに入れたらいいのかわからない”というコメントが多いのですが、そうでしょうか?わからない、とみんなが言っている、とあおっているんじゃないでしょうか。
「わからないので投票に行かないと言ってる人も多いですよ」というコメンテイターもいました。わからないですかね?景気対策さえしてくれればいいと多くの国民が言ってるって本当なんですかね?景気だけ、って思ってる人は自分の給料さえ上がればいいっていう感じなんですかね。
なんて、責めてみても、私もエラそうには言えません。
何も考えないで投票に行って、その場で適当に書いたことも昔の私はあります。
だからわかるんです。B層といわれるあまり真剣に日本のことや社会のこと考えないでいる人の気持ちも。
でも、今は目覚めた人たちが多くなったことを信じたいのです。
  1. 2012/11/22(木) 23:49:48|
  2. マスコミ報道
  3. | トラックバック:0

財務省の思うつぼ解散

野田総理が突然16日解散を決めた。
テレビ朝日の”そもそも総研”を担当している玉川さんが本日言っていた話が一番納得できた。

野田さんは財務省の意向だけで動いている。
この急な解散は財務省が望んでいたことである。
早く選挙にならないと、第三極が大きく動き出してしまうので、早いほうが良い。
財務省は政権は自民公明でも民主でもどっちでもいいのだ。
自民としては第三極とくっつくか、民主とくっつくか、なのだが、民主の中には彼らとうまくいかない人、組合出身等が居るので嫌、だからこの際、出て行ってもらったらくっつける、と思ってるのだろうと。
なるほど…。

安倍自民と野田民主の党首討論、聞いているとなんだか、やらせ?と感じた。
もともと口裏でも合わせているんじゃないかとさえ、感じる。
財務省に操られた野田総理、以前、自民党をぶっ壊すと言ったのは小泉氏だったが、民主党をぶっこわしたのが彼ということになる。
一般国民からすると、選挙する際には、はっきりとした政策の違いがわかって、良かったと思うけれど。
マスコミは次回は自民党に票が集まると思っているようだが、そうなってほしくないものだ。
選挙にはぜひ行きましょう。TPP参加に反対、原発は廃止を唱える政治家に。
  1. 2012/11/15(木) 13:58:17|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0