なんでTPP参加に賛成するの?!

本当に世論調査では7割がTPP参加に賛成なんですかね。
何にも考えていない夫に聞いてみたら、やっぱり参加したほうがいいんじゃないの、と。
TPPについてはなんにもわからない、意見もないのです。
ただなんとなくTPP参加しないより、何かしないよりする感じがいいらしい。
こういう人が多いんだろうか。
わからないなら、参加すべきだと意見をいうのもやめてほしいものだ。

TPPについて語りだす私に忙しいだの、めんどうくさいと聞きもしません。
TPPだけが目の前にあるんじゃない!
参加するならRCEP、東アジアグループのほうに参加すべきでしょう。

自民党はひどいもので、反対派の人たちはすごかったけれど、結局、やらせの茶番劇をしましたね。
これだけ言っておけば農業団体の人も納得してくれるだろう、というわけでしょうか。
とはいえ、国会の質問でも反対派の自民党議員の懸念する声は厳しく、民主党議員よりも公明党議員よりも鋭かった。
自民党の小里さんの質問では、
漁業補助金制度の廃止をアメリカは求めているらしいことを知った。
内政干渉はなはだしい。
他、RCEPを大事にしろ。
アメリカの保険制度は日本より後進国、それに合わせることは絶対にするな。
韓国のFTAの2の舞は許されない。
と意見してました。
他、公明党の質問ではアメリカ側の車や工業製品の関税撤廃の猶予を許してる、これを条件に先に飲んでいる日本の態度についてだった。
結局、政府の答弁は「できる限りがんばる」で、ある。
できる限りがんばる、つまり、頑張った結果、だめだったが頑張ったのだから許してくれってことだ。

私としては、身近な問題としては食品の遺伝子組み換え表示がなくなってしまうことは恐ろしい。
食品選びが難しく、健康被害が出る不安が増した。
車も左側通行から右に変えられるかもしれない。大混乱になります。
軽自動車も作れなくなるかもしれない。メーカー大打撃。
公用語が英語にさせられるかもしれない。まさか、とは思うけど、わかりませんよ。
商談なども英語で行われ、教育も変わってしまう。

ちょっと考えただけでもたくさんある。
スポンサーサイト

TPPは実質、企業による世界統治である。

この動画は必見です。

表向きは「貿易協定」ですが、実質は企業による世界統治です。
国内法も規制も行政手続きもTPPに合わせなければいけません。
企業に多大な特権を与え各国政府の権限を奪うのです。


と述べています。

秘密のTPP交渉の会議、内容は一部の企業のトップらしか知らない、米政治家さえも知らない。
だから大手新聞社、テレビ、などの大マスコミはTPP参加に賛成してる、というわけでしょうか。
日本国民は素直だから、すっかりマスコミの論調に乗せられてます。


でもTPPはドラキュラと同じで、陽に当てれば弱ってしまうと中で述べています。



プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード