ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

選挙前、考えてほしいこと

「民主に政権を取らせたら、外交も未熟で、たよりなく、なにも進まなかった。
菅さんや野田さんは自民党よりもひどかった。消費税アップ決めたくらいだ。
やっぱり民主に日本をまかせられないな、と感じた。
だから今回の選挙は自民党にしたほうが安心かな。
いやいや、積極的に自民党がいい、というよりも消去法で。
憲法9条改正や原発再稼働、TPP参加と決していいとは思えないんだけど、民主が取ったってきっと同じ路線でしょう。
ほかの政党に任せてみたいけど、数が少ないから結局ばらばらでまとまらないんじゃ?
景気回復できそうだから、なんだか世の中を明るくしてくれてるから、まあ、いいんじゃない。
安倍政権、評判いいみたいだし。」


というありがちな日本人一般の人の考えをシュミレーションしてみました。

でも…
福島を忘れちゃいましたか?いや忘れたいのはわかりますが。原発壊れたままですし。
汚染水はたまっていく一方でいつまで続くかわからない、半永久的に汚染です。
こんな中、経済優先で原発再稼働決めてしまっていいのでしょうか?
TPPなんて”百害あって一利なし”に入って、何がいいのでしょうか。
わからないけど、お上はそうそう間違ったことしないんじゃないか、と信じてますか。
景気さえよくなればハッピーでしょう、という考えだけでは足りないですよね。
確かに国民は消費者であると同時に一企業に勤めていれば企業側の人間だし、農業、漁業、商売をやっていればそれなりに売上を上げなければ生きていけないので、景気が良くなって収入が増えないと生きていけません。

でも目先の利益だけ追っている、つまり目の前にぶらさがった人参を追いかけて走らされる馬みたいなもので、
進む方向に地獄の池が待っているのに見えていない、そんな感じ。
自分の生きてる間だけ安泰ならいい、って考え方の人って案外多いのでは。
安倍政権の進む方向に危険性を感じていながら、目をつぶってしまうとのちのち悔恨を残すことになるのです。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/19(金) 13:54:08|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0