ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

安倍総理の態度。安保関連法案閣議決定。

安保関連法案閣議決定。安倍総理がまた閣議決定後にテレビで記者会見、このパターン何度見ただろうか。
勝手にどんどん決めてしまっている。
憲法の解釈を変えて集団的自衛権を行使できるように昨年7月に決め、十か月半の間に法案を作り上げた。
国民の声は反映されなかった。
日本は確実に退行していると感じる。戦前に舞い戻りたいらしい。
テロが怖い、中国が怖い、北朝鮮が怖い、だから、日本人の命を守らなくてはいけません、という刷り込みを今一生懸命行っている。白ける。だまされない。ただ国民の何パーセントかはそれを信じているかもしれないが、ほとんどの国民は感心もないし、今なんで、安保法制?と思っているだろう。もっと他にやるべきことがたくさんあるだろうとも。
福島の原発の処理はこのままもたもたしていたら、たいへんなことになるのではないか。海外の知恵も学者たちも集まって、なんとか処理しなくてはいけないのに。
沖縄の問題も何もしようとしない。ただ放置なのか。反対運動は無視なのか。
横田にオスプレイが配備されることが勝手に決められ、高額のオスプレイもたくさん買うらしい。
アメリカのために、できる限りのことをします、と、忠実な下僕のように。
一体どこまで下手(したて)に出るのかなと思う。
でも安倍政権は何か別の大きな目的の達成のためにしている可能性もある。

全く私の個人的な感覚だけだが、安倍総理の態度や話しぶりを聞いていると、宗教家のような、なにか大きな信じるものがあるような妙な自信や妙な落着きが見える。
今までの総理とはちょっと違う感じがするのだ。安倍には迷いがない。自分の頭で考えていないせいではないか。
日本はカルト宗教に乗っ取られた感じがする。





スポンサーサイト
  1. 2015/05/15(金) 13:36:55|
  2. 安倍政権
  3. | トラックバック:0

陰謀論の色々。

hana3
今まで15年以上前から、超古代史、日本の歴史、地球の歴史についての本を読んできました。きっかけは、ベストセラーにもなった「神々の指紋」からだったと思います。
それから始まって、スピリチュアル系、陰謀論にも行きました。たぶんこれらは船井幸雄氏の本からの影響です。
その中で、いろんな出来事をすべて結びつけるものを探すのは難しくもやもやしたものがありました。

今までの陰謀論では、彼らの最終目的が、イスラエルにニューワールドオーダーの世界王国を樹立することだとあります。
黒幕の正体はフリーメーソン、ロックフェラー系米国戦争屋、ユダヤ金融、色んな呼び方がありますが、一部の人間が超大金持ちとなって、王様になり、あとの庶民は皆家畜同様に、奴隷として働かせるだけ、奴隷たちは皆ナンバーを振られて、完全に管理される社会にするためだと。
管理するためには今の人口が多すぎるので、意図的に災害や戦争を起こし、人口を削減させている、と言うわけです。

しかし、よく考えると彼らの目的ならばもう今や達成してるような世界です。
今は多くの日本人は長時間の労働をして、たくさんの税金を取られ、裕福な生活もできず、病気にかかっても十分に治せないまま健康とは言い難い生活を強いられ、飲食物には危険な化学物質を大量に入れられ、ガンや心臓病は増加、人口も増えない。老後の年金も減らされ、自己責任で生きろと言われています。ネットでの発言も見られているわけで、自由といいつつ、監視されています。新聞テレビの情報は統制されて、真実を知らないままに生活しています。今や戦争ができる国に作り替えようと政府はやっきになっています。
世界的に見ても絶えず戦争が起こされ、苦しむ人がおり、自然災害も絶えず起きて、そのたびに苦しみ、悲しみ暮らしています。つまり確実に小説「1984」の世界に近づいているのではないですか。小説では超管理社会で、部屋の中での動きも監視されて暮らし、日記もつけられません。毎日通う仕事は国家のための仕事で、主人公の仕事は過去の歴史を書き換える仕事。ビッグブラザーと言う統治者に忠誠を誓い、毎日敵対する者に対して一分間憎悪の時間があり、洗脳しつづけます。反逆者が出ないように常に監視され、密告もされます。

これから日本もマイナンバー制度になり、これは事務処理の円滑化のためと言いますが、個人の特定に役立ち、秘密保護法も制定されました。個人の資産も知られ、政府に逆らう考えの人は簡単につかまるのでしょう。街中の監視カメラ、ビル内の監視カメラ、犯罪抑止効果と言っていますが、逆手に取ればこれも政府に大いに利用されます。
そんなこんなで、日本はもうここまできているんですが、だれかが声を上げても大きくならず、消えていきます。

今はその管理する側の特権階級の王様の椅子に座るのが誰が座るのか、大きな勢力が2つあり、その争いの最中という説があります。
ロックフェラー、教皇系はイスラエルに王国を作りたがり、かたやロスチャイルド、天皇系が日本の京都に王国を作ろうとしているのではないか、という説が流れています。
どちらも悪魔崇拝の邪教に毒された人たちだというのです。
確かにこんなことを考えるのは悪魔しかないでしょう。
私たちはいったいどうしたら、この流れを止められるのか、と、悪魔の話はまた次回に書きたいと思います。

  1. 2015/05/11(月) 19:26:25|
  2. 陰謀
  3. | トラックバック:0