ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

「週刊ニュース新書」での山本太郎議員

先日、偶然、テレビのチャンネルを替えていたら、山本太郎議員がテレビ東京の「週刊ニュース新書」という番組に出ていて驚きました。
山本氏をテレビに出すことは局側としても勇気のある行動だとか、キャスターの多勢さんも本人も言っていましたが、テレビ東京は日経系だと思っていたので、かなり画期的に思いました。
この番組は猫がうろうろと自由に歩き回るのんびりしたスタジオづくりが魅力の番組で、フリップを出したらネコのにゃーにゃが前に飛び出してきて、応援してる感じでした。
残念ながら、放送は途中から、後半の山本氏を支持するかのアンケートの結果からしか見ていないけれど、彼の言いたいこと、何をしたいかという言葉は説得力あり、深く共感してかなり感動しました。

山本氏、”多様性”と書いてフリップに出す。彼は何をしたいのかについて。
以下、書き起こしです。

多様性を認められる社会にしたいと。
なぜなら、生きづらいですよね。ハハハ…僕が言うのだから、間違いないと思うんですけど。
「あなたは社会から必要とされてますか?」と仮に質問を投げかけたとして、
「必要とされていますよ。」と言う人は、ほんと、一握りだとおもうんですね。
何故かと言うと、生産性がないと認められた人間はどんどん排除される世の中になっちゃっている。
これは、大人の社会だけじゃなくて子供もそうなんですね。
子供の社会がおかしくなってきた、じゃなくて、大人の社会がおかしいから、子供の社会もおかしくなっていくんだってことだと思うんです。
あ、ちょっと話がずれたように思うんですけれども、えーと、また話を戻すと、とにかく、この国に生きるすべての人々が必要とされる社会、これは憲法の理想の通りだと思うんですね。
このような社会を政治で実現していくために国会があると僕は信じるんですけれども、どうやら、そのようにはなってないと。
じゃあ、必要とされるためにはどうしたらいいんだ、ということだと思います。
まずは「富の再分配」ということをしっかりとしなければいけない。
2015年の4月~6月の決算など見ると、最高益を上げている企業が590社もあるのにもかかわらず、労働環境はどう変わっているか?どんどん非正規化が進んでいる。正規という雇用が失われていく。会社が責任をとらなくていい、働く人々をコストとして切り捨てるようなことを、政治として進めている。これを変えていかなければいけない。
あと税金の取り方ですね。

ここで時間切れ、CMになった。
CMあと、アナウンサーが中原中也の詩「月夜の浜辺」を朗読し、田勢氏は
「中原中也は山口県出身ですが…同じ山口県出身の人でもこんなにデリカシーがある人がいるんですね…・。」と
皮肉をチクリ!これには山本氏も笑う。

少し、テレビ局も変わってきた?感じもする。市民レベルのデモが大きくなってきたので、さすがに無視できなくなって、雰囲気が変わってきた、いい傾向ですね!


スポンサーサイト
  1. 2015/09/28(月) 18:01:10|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

国民の覚醒に焦る安倍政権

安倍政権の安保関連法案が強行採決された。
これはひどい、と思った国民がたくさん増えたと思う。
YAHHO!の記事へのコメント欄を見るとかなり偏っていてネトウヨに占領されているようだ。
昨日の採決に喜び、お疲れ様と言っていた。それもすごい数で、あほらしくなってしまった。
これが国民の声だと思わせたいのだろうけれど。実際は少数が偽装しているかも。
連休前に採決を急いだのは、国会前に集まる人が増えて、反対運動がもっと大きくなるのを恐れたから、と言われている。
それだけ国民の反発は脅威になった。
多くの国民は反対している、NHKの世論調査でさえ、反対45%、賛成19%と言っていた。
これには自民党も焦ったのだろう。
マスコミを利用して世論誘導にかなり力を入れてやっていた安倍政権だが、騙されてはいけないと覚醒しつつある。
この世論の盛り上がりを継続して、次回の選挙では賛成した議員を落とさないと!
  1. 2015/09/18(金) 12:00:42|
  2. 安倍政権
  3. | トラックバック:0