ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

熊本地震、川内原発なぜ止めないのか?

熊本の地震で被災されている方々、九州全体で今も止まない地震に、心休まらぬ日々を過ごされていると思います。
東日本大震災の余震が関東でも続いていたころ、毎日ゆれていたので常にふわふわとした感覚がとれなくて困ったことを思い出します。緊急地震速報の音にもびくびくしてしまい、臆病な私は神経が休まりませんでしたが、熊本の今回の地震の多さと大きさはその比ではないようです。察するに余りあります。早く安らげる日々が訪れますように、と願わずにはいられません。

東京新聞の斉藤美奈子さんの「本音のコラム」はいつも痛快でうなづくことばかりですが、今回も川内原発をなぜ止めないか、という話をしてくれています。
断層帯の南西にも震源地が移動している今、どんな理由でもいいから、止める、というのが、普通の判断だと思います。
熊本から南西の断層に再稼働したばかりの川内原発があります。
「なぜ止めないのか?」に、斉藤美奈子さんの推測は、
やっと再稼働にこじつけたのに、そう簡単に止められるかという意地。
ここで止めたら二度と稼働できなくなるという不安。
危機を乗り越えれば日本の原発の安全性が立証できるという期待。
停止を求める声に屈したら負けだと言う面子。
停止に伴うリスクを負いたくないという自己保身。

の5個。なるほどです。先の戦争を止められなかった理由と同じだ、とあります。
いずれも、実にくだらない理由。取るに足らない理由です。

原発に異常なし、と報道されても、全然安心できないよ、と思うのが今の普通の日本人の心情ではないでしょうか?
偉い人がいうんだから、大丈夫だろうと信頼している、というよりもそもそも関心がない、という人も多いとは思います。
政府や原発を推進したい人たちはとにかく国民には無関心でいてほしいと思っているはずです。
”原発を止めたら”というツイートをしただけで反発コメント攻撃を受けるらしいですね。
彼らの発想では、原発止めろというのは左翼、ブサヨの考え方らしいです。
無関心でいるべきなのに、余計な口を出すなと、言うんでしょう。

震源がだんだん北東にも伸びれば、伊方原発も。ただ、ここは停止中ではありますが、それでも津波や強震がきて破壊されないとはいいきれませんよね。
4月17日の12:09に伊予灘が震源地で小規模ですが、一件ありました。和歌山にもありました。ずっと先の千葉にも。
いずれも中央構造線断層帯上であります。

今年に入ってからの大きめの地震や噴火を書き出してみると、
1月11日に青森 震度5弱、1月14日浦賀(神奈川)で震度5弱(M6.7)
2月5日桜島噴火、神奈川東部で震度4、
3月3日に宮崎で震度4
4月4日三重沖(M6.1)震度4、4月14日~現在 熊本(M6.4)震度7から震度6強(M7.3)~5弱と多数

こうしてみると、九州の宮崎にもあったこと、三重沖にもあったこと、神奈川など関東地域も今回の地震とつがなりがあったのではないか、など考えさせられます。(もちろん、あくまでも私見ですが。)


海外、遠くのほうでは、3月2日スマトラ沖(M7.9)、4月4日の南太平洋(M6.9)と4月16日の南米エクアドル(M7.8)の地震がありました。フィリピン海プレート、太平洋プレートのヘリ、いずれも地震の多発地帯ではありますが、活発に地球上で動き始めていることは確かです。

被災地の様子を見ていると明日は我が身、と思います。地震は止められないなら、原発事故リスクを減らして欲しい、早く止めてほしい、廃炉をどんどん進めてほしい、というのが今の私の希望であります。cyuou
スポンサーサイト
  1. 2016/04/20(水) 21:50:37|
  2. 原子力
  3. | トラックバック:0

税収不足の国、タックスヘイブン、金持ち優遇

あるところで勝ったと言う人がいれば、必ず、それに負けた人がいるわけで、
もうけた、と言う人がいれば、どこかで損した、という人がいるはず。


話題のパナマ文書のタックスヘイブンの話なんですが、税金逃れで巨額の資金を貯めこんでいる会社や個人がいるということは、つまり、税金を集めている国が本来取れるはずの税収を損しているってことです。

タックスヘイブン,ケイマン諸島に流れている投資残高は55兆円だそうです。
タックスヘイブンに隠されている(個人の)資金はイギリスの市民団体が試算したものによると、全体で最低21兆ドル、最高32兆ドルだそうです。(イギリスのガーディアン紙が報道)。
どれだけの税収が失われているか、と計算すると金利を3%とし、30%の課税をかけたとすると、1890億ドル、30兆円近くになるそうです。これは日本の税収の半分以上とのこと。企業資金も含めれば実際にはもっと多くなるといいます。

国の財政が苦しいので、国民から消費税だの、なんやかんやと細かく税をとりたてているというのが、今の先進国の図式ですが、苦しい原因はこんなところにあったということですよね。本当は消費税も必要ないはず。

それに、累進課税というのは、昔は、私の子供のころの日本はきつかったらしく、テレビでも芸能人などが何億も儲けたけれど、6~7割も税金でもっていかれる、と半泣きしているのをきいたことがあって、そんなものかと思った記憶があります。
それで累進課税はあの時のままだと思っていたら、今は全然違うらしく、びっくりしました。

所得税

年収所得1億~2億の人が27.5%でピークになり、それ以上の年収がある人はどんどん税率が下がっているんですよ。これには驚きました。金持ち優遇もここまでとは!!
100億円の人は年収1000万円の人と同じくらいの11,1%に下がっています。
このデータはいつのデータか不明ですがそんなに大きく変わっていないでしょう。
このカーブ、ななめにずっと上がっていくべきだとおもいませんか。せめて下がらないで一定になるでもいいので、下がっていくというのは、実に頭に来るのです。

大金持ちからたくさん取ればいい、というと努力した人が報われない社会はだめだと声を出す人がいるのだけれど、どうでしょう、努力した人が必ずしも大金持ちになっているのでしょうか?努力とはなんでしょうか。怠けているから貧乏なんだ、と言い切る人が多い世の中ですが、それはあまりにも冷たいなあと思うのです。

タックスヘイブンで富を貯えているのが、政治家だったら、モラルがないということでアイスランドの首相が辞任しましたが、
アイスランド、2年ほど前に経済がV字回復したという記事がありましたねェ…。銀行を救済しないと決めて、緊縮財政にノーと言って、EUの各国から離れてこの国だけ好調だったわけで…狙われた?…、いやいや急にパナマ文書が出てきたので、何か思惑があってのことなのか、と深読みしてみたりしてみました…。アイスランドのV字回復

ウルグアイのムヒカ元大統領が来日されてたいへんためになるお言葉を言ってくださり、尊敬しています。ムヒカさんのような人は人間としてレベルの高い人で、こういう人が多くなって来れば世界は社会は一歩進める、レベルアップするのですが、いまだに野生動物以下の人間たちが、金が欲しいと言って人殺しをし合っているのです。
とはいえ、社会がムヒカ元大統領を賛美することができることだけでも、いい兆しだと思います。
  1. 2016/04/12(火) 21:43:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

みんなが聞きたい安倍総理への質問 山本太郎

先日のNHKの討論に山本太郎氏出演しましたね。


今までの山本氏の国会の質問はほとんどチェックしていたが、こうして文章で読んでも、するどく的確でコンパクトでわかりやすい言葉で質問、ユーモアも交え、勉強家で、努力家で熱意にあふれた人物だ、と再認識できる。
政治家としての資質は抜群だ。他の人のだらだらした質問が情けなく思う。(自民党のおべんちゃらの質問は無駄過ぎる!)
国会を聞いていて、皆が彼のように話せたら、充実した活気ある国会になるだろうとつくづく思う。



この本で小林節氏が「政治は山本太郎の天職である」という文があり、面白い。
小林節さんは政治家は我が国の最高学府の東大出身で当然、政治を司る者は一定以上の教養がなければならないと確信していた。なのに若い時代に勉学に励んだと思えないいわゆる「世襲」議員が恥ずかしげもなく部分利益の代言人に成り下がっている姿を苦々しく思ってきたという。
そういう前提に立っていた小林さんは高校中退の俳優である山本太郎が国会議員に当選したと知った時に、あまり期待はしなかったし、そのそも関心が湧かなかったと言う。
ところが、この本を読めばわかるように、彼には深い思索に裏付けられた「教養」と呼ぶべきものがあると感じた。彼はあきらかに私(小林氏)の常識を超えていたと。実際 会って話してみると、山本太郎は礼儀正しく、素直な人物でだったと言っている。


私の若いころ(70年代後半~90年代前半)政治を考えすぎるとまずいから、なるべく考えないほうがいいと思っていた。
上の世代の人が全共闘などの活動が活発だったので、その反動だった。
それに、あのころは今よりも全体に左翼っぽい思想が多かったと思う。テレビも新聞も。日本全体が。
でも50代になった今は真剣に政治を考えるようになった。遅かったけれど、やっぱり考えるべきだ、知るべきだった。
昔はテレビや新聞くらいしか情報が入らなかったので、偏りがちだったけれど、今はネットがある。これはいい。
ネトウヨの意見もかなりのインパクトで、若い人が影響を受ける可能性もあるけれど、色々な意見や情報があるのだから、自分で見極めて考えられる。若い人が個人的なことだけでなく、これからの社会のことを考えるようになったら、暗い戦争の歴史を再び繰り返すようなことにはならないだろう、と思うのだが。




  1. 2016/04/04(月) 15:43:50|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0