ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

「日本会議の研究」を読んで。

参院選が終わりました。三宅洋平さんに当選して欲しかったのですが、残念でした。でも今回26万票近く取れたので、次回に期待します。ムサシによる集計マシーンの不正がなかったのか、疑わしいのですが。
ただ、ネットをあまり見ていない人たちは、三宅さんの演説を聞くことができなかったので知らないだけでしょう。
一般の人は、テレビの露出の多い人に対して、なんとなく、知っているという安心感を抱くようで、選挙の際、適当に決める場合、そういう人を書いてしまう傾向があり、結果としてこんなことになるのだろう、と…ああ。でも、そういう選挙民を責める気にはなりません。政権の戦略にまんまと引っかかっているだけで、騙すほうが悪いのです。
それで、今井絵里子とか信じられない人が当選するわけです。彼女は自民党の内容、沖縄の基地問題も改憲草案も知らないまま。
党は自分の意見などなく素直に取り入れてくれるような人が大好きなのでしょう。朝日健太郎とかスポーツ選手は格好の人選で、当選してしまいました。ある意味、洗脳しやすいタイプを選ぶんでしょう。三原じゅん子も洗脳されてすっかり右翼、特攻服着たスケバンのイメージで「八紘一宇」精神です。
池上さんの選挙特番は面白く、特に「日本会議」の存在も浮き彫りにしたのはすごいことだ、と思いましたよ。
勇気がある行動で、池上彰氏、テレビ東京に対しては気骨を感じます。創価学会で、池田会長はお元気ですか?とか聞いてしまうところとか、知らなかったことは、外務省の人に創価学会の人が多くなっていて、各国の日本大使館に学会員が集まることもあるとか、知らないことも教えてもらいました。テレビで言うとは画期的!しかし、日本の中枢にだんだんと創価学会とか、日本会議(元「生長の家」)とか宗教関係が入り込んでいることは確かで、怖い、恐ろしすぎます。日本はどうなってしまうんでしょうか。引き返せないところまできてはいないでしょうか。

つぶやきは このへんで、その自民党にべったりと入り込んだ「日本会議」の本題に。


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/07/12(火) 12:34:47|
  2. 安倍政権
  3. | トラックバック:0