戦後の日本の平和と繁栄は戦争の犠牲者のおかげ?

「日本会議~戦前回帰への情念~」山崎雅弘氏の本より



2013年12月26日安倍首相は靖国神社へ参拝。
その時の談話は
今の日本の平和と繁栄は今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。
愛する妻や子供たちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら戦場に倒れたたくさんの方や母を思いながら戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に私たちの平和と繁栄があります。」


安倍や高市ら閣僚は
戦後日本の平和と繁栄があるのは、先の戦争で命を落とした日本軍人のおかげだ。だから哀悼の誠をささげるのだ。」
という説明を行って靖国神社参拝を正当化しています。

しかし、実際 戦後の日本の平和と繁栄を築いたのは焼け野原から復興に従事した人々、…戦後日本の経済発展に尽力した人々であり、戦死した軍人と論理的に結び付けることはできません。
戦前、戦中の「軍事偏重」の政策、天皇中心の国家神道体制をあのまま守っていたら、今の経済繁栄はなかったのです。
敗戦によって日本が民主化されたから、実現したので、あのまま敗戦せずに来ていたら、「軍事偏重」の非民主的な国として国際的に孤立した国になっていた可能性があります。
…軍人の死は無意味ではなかった、と思いたい、素朴な優しさと思いやりのあらわれで、それは尊いものであるけれど、利用されやすい感情です。「英霊」と呼び、美化礼賛、それを今日の平和と繁栄を結び付ける巧妙な心理の誘導です。

という部分があります。
この点は重要だと感じました。

私にも戦争で亡くなった親類(叔父)がいます。今の日本人で戦争犠牲者が親類にいない人はいないと思いますが、今の日本が戦争が終わり、平和になったことを喜び、いつまでもつづきますように、と皆が思っていますから、安倍総理らが、靖国を参拝して、こういう意見を言われると、そうだな、と納得させられる、うまい言葉だったんですね。
「日本会議」の面々が軍国主義の日本を美化しているのは、たんなるかぶれか、と甘く思ってみたりしたのですが、そんな流行りものみたいな思想で、長く続くでしょうか。彼らが長く続いているのは、絶対に裏から金を渡している団体なり、組織があるはずです。安倍政権にべったりの「日本会議」が裏側にいたのではなくて、「日本会議」を盾にしてさらにその裏には何かが居るにちがいありません。それは米国にいる戦争屋、軍事産業企業かもしれませんし、もっと他の何か…。宗教団体の顔をしていて、支援する団体がある、金が動いているんだろうと思うのです。
スポンサーサイト

日本は特別ですごい国だ!!?

天皇陛下が生前退位への強いお気持ち、というお話をされました。
天皇陛下は一人の人間として素直にお話になり、ほとんどの人が理解できると思いました。
これは「日本会議」など安倍右翼にとっては、どういう気持ちなのか?よくわかりません。

ネットでは、天皇が「日本会議」の意向に逆らって、阻止するために話をされたのではないか、という憶測も流れています。
今の憲法では「象徴」でありますが、天皇陛下が為すべきことと考えられるのは国事行為以外にも全国各地の国民に会いに行き、慰問されたりすることが公式のお仕事であると考えられていらっしゃいます。

普通に考えると、公務をもっと減らし、皇太子様ができることは皇太子様に任せて、たとえば、被災地慰問や施設への訪問などやっていただけばいいのでは?と私は簡単に考えていましたが、今の平成天皇は全部自分がやるべきと思っているようです。
本当は法律や、憲法に規定されているのは国事行為(国家的行事、書類に印鑑を押すなど)をされていればOKなのだということです。荻上キチさんのラジオにてそう聞きました。
なので、素人の私からすると、公務を減らしていけばなんとかなるのではないか、と思っていたのですが、それはいやで、憲法にある象徴という意味を守るためにも、皇室典範などを変えてほしいと言う希望のような感じに聞こえました。

深読みすることもできますが、天皇陛下は自民党憲法改正法案に反対する、阻止するためにおっしゃったのではなく、今回憲法改正に動くタイミングでこのことを一緒にやってもらいたいと思われたのではないかと思いました。
憲法改正の国民投票をおこなえば、今回の天皇陛下のご意志は理解されるものでありますから、これは当然賛成になるでしょう。
もちろん、そのことだけに関しては、ですが。
たぶん、欧米の王族と同じような制度にしてほしいと言うことだと思います。生前退位もありますし。
しかし難しい問題で、深読みすると、今、天皇家の存続が危ぶまれるから?天皇家の莫大な財産を狙われているので、それを守りたい?象徴という存在はあまりにも不自由だから?色々あります。

私はかなり前ですが、やたらにスピリチュアル系の本を読んでいたことがあり、「竹内文書」は超古代史の話で、実は日本は世界のひな形で、世界の中心であり、地球ができたときの神様からの直系の神の血を引くのが日本の天皇家であるという話があります。
最初の頃の神様の寿命は人間とは違うけた違いの長さで、だんだん短くなり、神様も人間と同じになってしまったというわけです。
神様である日本の天皇家だけは他の欧米の王族とは違うのだ、というわけです。
明治時代に生まれたらしいまさにトンデモ本なのですが、偽書とされているものの、インチキ宗教が利用しやすい話題となります。

思うに、「日本会議」もその流れがあるのでしょう。
「日本会議」の櫻井よしこの話も日本は特別な国であるとよく話しています。
酔いしれたい気持ちはわかりますが、この人たち大丈夫でしょうか?

それに、最近はテレビで”日本はスゴイ!”という番組をたくさん流していますね。最初の頃は嬉しかった話題なのですが。自分がほめられているようで。でも最近はあまり多いので、かえって白けています。もうトゥーマッチ、満腹です。
落ち目の人が誉めてもらって喜んでいるみたいな、自慢をしないではいられないのは、日本が没落している証拠なのでは。
これも安倍政権、日本会議の意向が反映している証拠です。





もはや何をしても批判されない安倍政権…なんとかならないものか?

安倍内閣の今回の改造もさらに保守、右翼色が強くなりますます露骨になってきました。谷垣さん、馳さんなど右翼色の少ない感じの人がいなくなりました。防衛大臣に稲田さんとは、大胆不敵です。もはやなにをしても世論が騒がないことを知っているからなのでしょうか。世論=マスコミを抑え込んでいると思っているので、安心なのでしょうか?

国民一人ひとりは直接批判してもなかなか大きく盛り上げれないので、そのために野党がいるのに、最大の民進党はまったく役に立ちません。絶望的な日本です。これから行くところまでいかないと、振り子はふりきれないと戻らないのでしょうか?

都知事選も小池百合子がなりましたが、あきらかに安倍路線です。安倍と仲悪くふるまっていますが、実は違うでしょう。
安倍というか、ジャパンハンドラー達が喜ぶ人選なのです。彼女も日本会議に入っていますし、ひとり党から離れて、都議会連と闘う姿勢などうまいポーズでした。橋下氏と同じようなにおいがします。新自由主義者で、弱者切り捨てで、日本会議系バリバリの右翼というわけです。
もちろん、テレビではそんなことは一切報道されませんが。
今回、不正選挙が行われた可能性は捨てきれません。証拠が見つかってもきっとこれはすぐには表ざたにはならないのでしょう。これは今までの選挙の根幹を揺るがすことになるし、国の在り方全体にかかわる問題ですから。
選挙など真面目に行って投票してる我々はなんの力もないということになります。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード