戦争屋、紛争屋

リチャード・コシミズ氏のブログを観させてもらっていたら、
やっぱりそうだったのか、と確信しました。

私は前も書きましたが、韓国ドラマにハマった人間で
全然知らなかった韓国の文化とかに触れました。
今まで好きな国か?といわれると、漠然と、日本は嫌われてるようなので、
あんまり好きじゃないかも…、程度でした。
他のアジアドラマ、中国や台湾のドラマも観るようになり、
ますますアジアの国に目が行くようになりました。
それで、今まで欧米に向いていた目がアジアに向けられました。
親近感が増していたところ、
ネットの書き込み、人気ブログらしき内容は
アジア、韓国、中国を中傷するようなものが多く、これは何?!と思っていました。
読むと、なんだかそうかな、と思えてくるから怖い!

しかし、私も、
そういう人たちはアジア分断をねらってるんじゃないかと
だんだん思ってきたんですよね。
彼らはヤマト民族の血が汚れるだの、
美しき日本を守ろうだの、
いかにも日本人ぶっていましたが、
実は偽装した人で、何か目的を持ってやっているんじゃないかと。
ネット右翼という存在らしいですね。
一部マスコミも乗っかってるかもしれません。

歴史をちょっと調べればわかりますが、
純粋なヤマト民族などというものは何を指すのかといいたいですね。
日本人が元々この日本にいた民族のみを指すのであれば、
縄文時代の縄文人といわれる人たちだけではないでしょうか。
残っていてもアイヌ民族や、沖縄の人などでしょう。
弥生時代に大陸から入っていた人と混血していくわけで、
今のモンゴル、中国、朝鮮からでもあります。もっと南方から来た人もいるかも。
血にこだわるのはそもそも科学的ではないこと。

それはともかく、だまされちゃいけませんね。
こういう偽装手段には。
真の目的はアジアの力を削ぐため。
戦争で儲けたいから。

欧米のユダヤ系権力者のやり方。
彼らにとって、常に戦争を起こすのが一番好ましいが、
戦争にならないなら、常に紛争、敵対し合っていてほしい。
この人たちのやり方はアジアのみならず、
アフリカ、イスラム諸国の争いも同じように、
同じ民族の中で敵対する勢力を作り出してるのでしょう。


敵対する相手がいかに悪いやつらかを暴きだすような言い方であおる。
そして自分たちは同じ国の同士である、と宣言する。
そうだ、そうだと盛り上がるようにしかける。
しかし彼らの実態はかならずしも同じ国の人間ではなく、雇われた他国人か、洗脳された人間。
大した数がいなくても、ネットでいくらでも大勢いるように装うことができるのですね。

本当に本当に、彼らの言葉に乗っかってはいけません。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード