「アングロサクソン資本主義の正体」から 1

アングロサクソン資本主義の正体 ―「100%マネー」で日本経済は復活するアングロサクソン資本主義の正体 ―「100%マネー」で日本経済は復活する
(2010/07/23)
ビル・トッテン

商品詳細を見る


ビル・トッテンさんは見たところアングロサクソンでありながらこの表題!
日本に帰化され、日本人になり、真剣に現在の日本を心配しておられ、発信されている言葉から、たいへん尊敬すべき立派な人物だと思う。

この本からじっくり色々考えたいと思う。(青文字が本文の内容です。)

資本主義の生みの親はアングロサクソンで、それは強奪と詐欺によって成り立ってきたと言う。
そして氏は、今、ひとつの結論に達した。
それは、資本主義というシステムは非常に不完全であり、すべての人を幸福に導くものとは程遠い存在であるということだ。

規制緩和し、民営化を行い、グローバル化して、あらゆる物事をマーケットの決定に委ねるのが、資本主義の究極の姿であり、…確実に言えることは富の配分をさらに不均衡にするということである。

多くの人は、経済については疎く、市場経済や資本主義こそ、もっとも真っ当なシステムであり、市場開放や民営化、グローバル化は正しいあり方であると思い込まされている。
小泉郵政選挙のように、市場開放を推進する改革派が正義で、規制を守る保守派が悪というイメージを抱いている人が多いことだろう。
そうなんです。我々に植えつけられたイメージ!日本国民の大半に及んでしまったと思う。
私の周りの人に話を聞くとそういう感じになっていることを感じる。
今仕事がないのは社会のせいではない、自分の努力が足りないから、
自己責任だから…と落ち込んでいるような感じの人も多いと思う。


でも、トッテンさんをはじめ有識者は、これは、間違いだったのではないか?
と言い始めているのに、マスコミではとりあげず、声をあげて発言する人をテレビから締め出し、新聞記事には載せないのでなかなか浸透しない。

経済などの難しい問題は頭の良い専門家に任せておけば、まあ、そんなに大きく間違うことはないだろうと、たかをくくり、選挙の時にも肝心の問題など隠しているから、よくわからないまま、雰囲気とかイメージだけで選んでる人が多かったはず。
政治家自身だって、アメリカ型市場経済がそんなに間違っていないと思い込んでる人も多かったことだろう。
もちろん、今までは済んだことなのでもう仕方ない。
だけど、今の状態を考えて、今こそ、考え直すときなのに、いまだに目覚められないのは何故…!?

トッテンさんのような方がたくさんいて、政治家に意見を言えたらよいのに。
こういう本もたくさん売れて、若者も目覚めて、ネットでもなんでも発言して、テレビ新聞に批判を加えても非力なのだろうか。

国民が選んだ今の政府はアメリカ型の市場開放の経済に向かって再び舵をとりはじめた。
せっかく成立しようとしていた郵政の見直しが廃案になることが一番の憂鬱なこと。
国民新党の亀井さんの念願。アメリカ外資にゆうちょが盗られることをマスコミが言わないのはひどい。
郵政族の既得権益を守るためだとか、悪くいって、そんな国内の小さいことでもめてる場合じゃないのに!

これからは、ますます格差が広がり、社会不安、犯罪は増え、自殺が増え、人心が荒廃するのではないだろうか。

日本が規制緩和、民営化が表立って言われるようになったのは1983年の佐々木レポート、86年の前川レポートで浸透していき、96年の橋本内閣からスタートしたといえる(佐々木・前川レポートはアメリカからの要望を翻訳しただけのもの)そして2001年の小泉内閣が誕生すると竹中平蔵と共にこのレポートの青写真を実行した。

そして日本社会では何が起こったか?
失業率は50~60%が増加した。
生活保護世帯が13%増加した。
ジニ係数では、所得格差が10%以上、上がった。
犯罪は19%増加した。
自殺は35%増加した。


氏は今の経済をカジノ経済といっている。

それは、企業による株式による資金調達額は全株式取引の
わずか1%で、残りの99%以上は、投資家、投機家の売買取引によるもの。
これはいくら取引が増えても企業の資金を増やすことにはならない。
つまり、株式取引の99%は賭けに勝ったものが儲かり、負けたものが損をするという博打であるということ。


この本には色々な提言があるのでまた書きたいと思う。

トッテンさんの本より前に書かれた安部芳裕氏の「金融のしくみは…」の本でもお金の発達史というか、変遷を書いておられたが、トッテンさんのこの本にも詳しく書いてあり、銀行のシステムのからくりがよくわかる。安部氏の内容はイルミナティ、ロスチャイルドなどの陰謀論になってしまっているので、ちょっと違うが。


スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード