TPP

TPPに参加せよ!と
マスコミの大合唱、賛成の嵐。
賛成する人の意見ばかりをテレビで流す。
本当にマスコミは見苦しい。
最近言うことがあんまりにも横並びで、怖い。

メキシコはNAFTA(北米自由貿易協定)に参加した。

もともとメキシコはトウモロコシが主食の国。(トルティーヤ、タコス)

アメリカから安いトウモロコシが大量に輸入され、
メキシコに居た小規模零細家族経営農家が壊滅状態になった。

その人たちが流民化してしまった。

そして、主食であるトウモロコシを自国で作れない国になった。
価格の高騰などで何万人規模のデモも行われたそうだ。
トウモロコシがバイオ燃料になるということで、メキシコのトウモロコシまでアメリカに売られるということも重なったらしい。

このままでは日本が自国でお米を作れなくなる日も近い。

日本の財界は「オーストラリアを見習え」「オーストラリアから安い米を買えばよい。」と言い、
経団連や経済同友会も「ため池で作るような自然農法はやめてしまえ」と言っているそうだ。
しかし、オーストラリアはそうして、失敗しているそうだ。

日本は他国の失敗を冷静に見直して勉強していないのだろうか?
アメリカからの指令に盲目的に従わっておけばいいとでも?
何が怖いのだろうか?

人が間違っているとわかっても何かする、悪いことでも遂行する時は
たいがいが”恐怖”からである。
なにが恐怖の正体なのだろうか。

日本のお米は美味しいので、高くても買ってくれるのではないか?
中国の富裕層はわざわざ日本の米を買っているときいているし、
粉ミルクは日本製がいいとか、家電もそうだ。
高くてもいい物は売れるんじゃないかと思う。
今回のTPPはアメリカのために入ろうとしてるんじゃないか?
韓国や中国が参加していないところなら、なおさら参加すべきではないと思う。

この中の話は以下の本を参考にしました。
始まっている未来 新しい経済学は可能か始まっている未来 新しい経済学は可能か
(2009/10/15)
内橋 克人宇沢 弘文

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード