食糧危機

エジプトの情勢をニュースで見ている時、
ふと思い出しました。
エジプトで前に食糧危機があった…
その場面…
調べてみると
2008年10月、NHKスペシャルで
世界同時食糧危機~アメリカ頼みの”食”が破綻する~

2008年は同時多発的に各地で食糧危機が起こったのです。

これを見てアメリカ頼みの食糧の危うさを痛感させられました。

エジプトの政権がアメリカ寄りで、そのために、食糧をアメリカの輸入に頼るようになっていて、
エジプトは小麦の輸入量が世界第一位だそう!!

国内の農業が破壊されて、安い小麦などをアメリカから買うようになったのはいいが、
ひとたび、その供給が絶たれると、たちまち食料不足に。
パンを買う行列ができている映像がありました。

日本でもTPPなんかに参加したら、たちまち国内の農業が衰退し、
農業従事者が仕事を失ってしまい、さらに食糧自給率が下がり、
アメリカからの食糧に依存するようになり、
そして、いったん、その供給が閉ざされるとたいへんなことになります。



テレビは最近くだらないし、
世論誘導とか洗脳のために使われてるから、
早い話、見なきゃいいんですが…

現在流れてるニュースはどういう意図で流されているか?
その裏を考えながら、見ていこうと思います。

と、なると、今話題になってること(八百長相撲とか)はどうでもいいことで、
その裏で何かをしてることが重要で、それらを小さくするため、
目立たなくするためだから、裏の真実を知らなきゃなりません。

テレビはたとえば、家庭菜園のやり方とか、
食糧不足に備える知恵などを放送して欲しいものです。
医者にかかならくても健康を保つ方法とか。
とは言っても、儲からなきゃ、スポンサーが喜ばなきゃ放送できないんじゃ望みなしですけど。

以前は生活の知恵などの番組、色々やっていたけれど、
(「伊藤家の食卓」とか「あるある大事典」とか…)
今はすっかりなくなってしまいました。
(一部やらせだとの指摘があったけれど、あれは言いがかりだと思う)
NHKならいいかというと、
先日の「ためしてガッテン!」には呆れてしまいました。
ガン検査する人が少ないので、もっとガン検診受けましょうというキャンペーン番組になっていたからです。
もうこの番組観る気がなくなりましたね。
最近は新薬が出るたびに、医者にかかりましょうばかりの話題が多すぎです。
圧力かかってるんでしょうか。


スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード