原子力発電について

不眠不休で災害地の救助活動をされている方々、
原発の事故の作業を命がけでされている方、
言葉にならないほど、ありがたく思います。
本当にありがとうございます。

最近、地震のことや、原子力発電所のことを色々調べていました。
この強い不安を打ち消す、乗り越えるには、「知る」こと意外にないと思ったのです。
今から書くことはもう知ってる人には当然のことなのでしょう。

今、原発を日本に61基(運転中54基)も作ってしまっています。
世界でも第3位(1位アメリカ104基、2位フランス59基)国土が狭くて地震が多い国でありながら、こんなに増えていたとはと驚かされます。

福島第一原子力発電所は1971年3月26日に1号機が運転を始めたので、ちょうど40年でした。
原発の耐久年数は大体40年だそうで、廃炉してもいい頃ですが、延長するつもりだったらしい。
3号機が76年に始動したのですが、他は燃料が2酸化ウランなのに、ここだけプルサーマル(ウラン238とプルトニウムの混合物)を使っていることがさらに危険で問題です。
ヨウ素とセシウム以外のプルトニウムの測定値の発表がないことが不思議というか、隠蔽体質が明らかになっています。不安をあおるという理由なのでしょうけれど、それを配慮というのかどうか。

原発は火力や水力などと比べて発電効率が良いということもないし、使用が終わっても、そのあと50~100年もずっと冷却水を流し続けていなければならず、、その費用がかかるので、決して安上がりではない。
その後のゴミ処理もコンクリートで固めて深く埋められても、放射能の問題はまだ完全とはいえないそうです。

原子力発電所が一つ作られれば、それと一緒に揚水発電所も作られ、火力、水力発電所も一緒に作られることになり、しかもそれらはイザのためなので、普段は2割しか動いていないと言います。
原発は発電コストが他よりも安いということはないのです。
つまり原発の裏の費用があるからです。
①ゴミの処分費用。②揚水発電所を作り、余った電気を捨てて発電する。③火力、水力発電もイザのために作られる。

今回、福島の原発が止まっても、火力や水力でほとんどまかなえるはずです。ただ今回火力施設も被害があったのでしょう、そのせいで、一時的に足りなくなってるだけで、全部使えるようになれば、今の3350万KWから4200万KWにまで増えます。夏場は5500KW~6000KWになるので、足りなくなると盛んに言っていますが。

日本の原発による電力は全エネルギーの30%で、この先割合をもっと増やそうとしていたわけですが、もし、世界のすべてのエネルギーを原子力でまかなったら、ウランが10年ほどで枯渇するとも言われています。
将来核融合技術が進んだり、核廃棄物の有効利用でも見つかると楽観視してたのでしょうか。

発電所の津波の事故が起こってすぐの読売新聞の記事には驚きました。
”こんなことがあって、今後の原発推進に水をささなければいいが”と懸念していました。

ドイツなど14日に、今止めている原発をさらに3ヶ月は運転凍結すると発表。
シュレイダー前政権は原発全廃方針を出していたのだけれど、メルケル政権は転換して原発延命しようとしてた矢先。26日には、ドイツの4都市で原子力稼動停止を求める大規模デモが行われました。約20万人以上が参加したそうです。
こういうのを聞くと、日本人は本当におとなしい羊のようです。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード