日本の行方は…

まだまだ余震が続く不安な日々です。
東京に居る自分も、体が揺れるような感覚に襲われて困っていますし、
前と同じ地震、それ以上の揺れが来るのではないかとまだまだ不安です。
東北地方、原発の近くの福島県の方は毎日心労が重なっている上に強震にあい、どんなに大変でしょうか。

何故、国民は原発反対とあまり声をあげられないんでしょうか。
いまだに、原子力発電は危険でも、生活レベルを下げられないので、
使わないわけにはいかない、と言う人が多いのに驚いてしまいます。
(あきらかにこれは刷り込まれてるということですが)

これは共産主義、社会主義への強いアレルギーもあるのでは?と思います。
原発反対運動をする人は、左翼で、マルクス主義者、強硬な姿勢を取る人たち。
こういうイメージのせいだったかな、と思うのです。

自民党に任せていた時は、安定していた時代だった…という記憶もあって、
保守中道が一番、保守勢力が原発推進派なのだからまかせよう、と言う感じだったのでしょう。

何で共産党と反原発が結びついちゃったんでしょうか?
保守政党が原発反対だって良かったはずなんですけどね。

これは色々裏がある話だからなのでしょうか?
原発のように危険でコストもかかるものをわざわざ推進させるのだから、よほどのこと。
将来核を持つためだとか、アメリカのため、その技術を買うためとか、色々と。

日本人は、頼れそうなイメージだけの政治家に任せておこうみたいな、安易な感じがすっかり定着してますね。
だから、また石原慎太郎を都知事に選んだのか…。
他の候補者があまりいいと思えなかったという理由もあるでしょうけれど、
私は「NOと言える日本」を書いてた時はそれほど嫌じゃなかったけれど、今はいやです。
ばばぁ発言などの差別的な発言、独断的な発言、もう頭が古く固くなっている感じです。

世の中で偉い人、尊敬すべき人は、自衛隊員やレスキュー隊、看護師さん、ボランティアさんだと思えるこの頃。
さらに原子力発電所できつい仕事をしている臨時雇いのアルバイトさんなど、こういう命がけの作業をする人たちをもっと世の中で讃える方法はないでしょうか。マスコミに出てもらったり、何か賞を差し上げるとか。


スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード