日本の報道は…

読売新聞の記事(2011年4月20日)で、

環境省が被災した原発14基の運転が再開できず、計画中の9基も新設できなかった場合、2020年のガス排出量が1990年比で10%増加すると試算していたことがわかった。”

これを読んでみなどう思うだろうか?
「あー、やっぱり原子力発電所を作っていかないと2酸化炭素排出量がすごく増えていくんだな」
と思ってしまうのではないだろうか?

実に巧みな言い回しだなと思う。
だまされてはいけない。
1997年の二酸化炭素の排出量は各産業別に見ると、発電からは全体の6.8%。
2007年の場合、6、1%。(電力、ガス、熱供給、水道の業種)
(CO2排出は主に、製造業からで、全体の約60%を占めている。)
つまり、この発電にかかる6%の部分のうちの1990年という古いデータから比べて、たった10%増しということであって、ごくわずかな部分である。何故2010年比としなかったのか?それも何かおかしい。さらに2020年とはずいぶん先の試算になってるのも数を増やしたいという悪意が見える。
こんな量は全体から見ると、ちょっとした産業の努力や民生(家庭)の努力でまかなえるような数字だと思う。

新聞やテレビの報道方向が偏り過ぎていて、本来、今考えなくてはならないことが隠されてしまっている。

本当は今一番にやることは、被災した人たちの救済。まだ避難生活の人が13万人以上も居て、いまだに義援金は渡されていないし、食べるものにも困っている人、子供たち、ライフラインがまだ復旧しない場所の人たちもたくさんいる。報道関係はこれを最大に問題視して、ずっとこれを追っているべきだと思う。まずは人の生活、命じゃないだろうか?
新聞やテレビで報道しなくなると、被災していない場所の人は、もうみな大丈夫なのかなと勘違いしてしまう恐れがあるからだ。お涙頂戴の感動の物語だけではなくて、実際にどこどこの場所や避難所では今どういう物資が足りないか、学校の給食ができないのは、何故か、道路が復旧していない所はどこか、等を伝えたほうが良い。
細かい問題もまだまだありそうなのに、もう解決してしまったかのように思えるのが危ないと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード