参議院行政監視委員会

5月23日の昨日、参議院行政監視委員会で小出裕章氏や石橋克彦氏、孫正義氏らが出席されると聞き、1時からのネット中継を見ました。

4人の参考人の方がそれぞれの主張を述べ、その後質疑応答でした。その要約を載せます。

まず、小出裕章氏(原子力工学、京都大助教)
大学で原子力を学ぼうとしたときは夢のエネルギーだと思っていたが、知ってみると、実に貧弱なエネルギーとわかった。資源の量から見ても、石炭があと800年、石油も60~80年は埋蔵されているのだが、ウランの量は(正確な量がよく見えなかった)石炭の何十分の一であるのに、何故夢なのかと。これを指摘すると、いや、これはウランの量ではない、プルトニウムであり、高速増殖炉を使えば、リサイクルできるのだからと反論されてきたが、実際はこの構想はうまくいってない。計画は先延ばしのまま、永遠に動けないようである。
広島の原爆でのウランの量は800gだったのに対し、原発一基が一年で1トンのウランを使うということを指摘したい。今まで絶対に容器が壊れないといい続け、仮想事故の想定もされてこなかった。危険は大きめに想定して臨むべきであった。
ここでガンジーの言葉、7つの社会的罪を送りたい。
理念無き政治
労働無き富
良心無き快楽
人格無き学識
道徳性無き商業
人間性無き科学
献身無き信仰


後藤政志氏、(設計、東芝で原始炉格納容器の設計をしていた方。)
今回の福島の原発の事故の状態を説明。今の状態は制御棒が入って核分裂反応が停止したあとの崩壊熱の冷却に人海戦術でやっているだけの状態であること。メルトダウンは間違いがなかった。コントロールできていない、まったくわからないままである。
「こんな事故がおきるわけがない」と初めから決めてかかって設計をしていたら、いい設計はできないはずだ。
もんじゅもひどいものだ。事故想定が無しだからである。
たぶん大丈夫という言葉はありえない。たとえ低い確率であっても最悪のことを考えるべきだ。
もう一度同じような原発事故が起これば日本は壊滅する。完全な安全対策というものは今の人間にとって無理だと思われるので、原発はもうやめていくべきで、他のエネルギー開発に向けていくべきである。

石橋克彦氏(地震学、神戸大名誉教授)
以前わたしが指摘していたことが役に立たず残念だ。
津波前の地震で、福島第一の1号機は配管破損、2号機は圧力抑制器破損、というデータが出た。
”耐震安全基準”という検査をしたばかりで、OKだったとの話を聞いているので、これは大問題である。
たかが発電のために、こんなに危険なことをするのは正気ではない。
原発耐震偽装を原子力安全保安院も行った。毎日新聞に記事を投稿したところ、抗議があった。
活断層を無視するやり方をすすめた原発推進の政府系、国立系の学者たちから。
日本はもっとも原発に適さない国。世界の地震の震源地ベルトの中にすっぽりとはいっている。
日本は異常である。フランス、ドイツとは違う、日本は地震付原発なのだ。
今後、新設などやめて欲しい。第3者機関を作り、リスクの高い順に閉鎖すべきだ。
2009年に浜岡のことを政府に言った。今、停止したが、もう再開はやめて欲しい。
原発周辺の地域の人に避難マップ、手引書を配るべきだ。

孫正義氏
ドイツやヨーロッパのように、自然エネルギーも全量、買取制度を決めると良い。
そうすると、産業界も動き出す。
「電田プロジェクト」を提案する。休耕田などの農地に太陽光パネルを置くだけで相当なエネルギーを生み出せる。現在農地法で農地以外の使用を認められないので、法解釈を変えて、国難の今、やるべきだ。
潮をかぶった農地などが回復するまでは仮にでもパネルを設置するだけでよいと思う。
建物の屋根にも作ると試算して、100GWを生み出せる。 

質疑応答の中で、
孫氏:税関にはなぜかたくさんの海外からのガイガーカウンターが留まったままだという話。
風力発電をしようとすると、3年もかかり、なぜか原子力安全委員会がからんでくる。これはもしかしたら、他 の自然エネルギーを制御、管理しようとしてる証ではないか?
小出氏:3月12日に計った放射能の値、かなり高かったので、公表しようとしたら、STOPがかかった話。
(今その値はHPで見られるそうであるが)
孫氏:地熱発電をするために国立公園の中でも許可できるようにお願いしたい。

津波対策に防潮堤などを作り、安全を高めることは悪いことではないが、できれば鉄とコンクリートで自然と闘っていく姿勢よりも自然に畏敬の念を持つことが大事である。
これからは分散型の発電、送電、首都一極集中でないあり方、など考えるべきである。
****

このメモは正確なものではありませんが、ご参考までに…。

参議院のこういう委員会はまったく報道されないんですね。残念です。
ガンジーの言葉はまったく素晴らしいと思いました。
小出先生、後藤先生、石橋先生、孫さんの素晴らしい話がきけて有意義でした。
これらの意見が政府に生かされますように!これを聞いた参議院議員、頑張って欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード