サマータイム ブルース

原発の事故の直後からミュージシャンの反原発の歌が話題になりましたね。
斉藤和義さんの「ウソだったんだね」や
忌野清志郎さんの「サマータイムブルース」などの歌詞。
60年代の反戦フォークなどのブームの時は
政治的なことを歌詞にして歌う歌手も多かったけれど、
次第に皆、政治的なものを歌う人が減っていき、
なにかそれが格好悪いと、次のしらけ世代の人が思うようになりました。
私の世代はそれでしたね。政治的なことに興味を持つことは何か重たい、めんどうくさいと。
だから忌野清志郎さんが歌っていたこの時は、かなり勇気がいることだったのではないかと思います。

皮肉にも彼はガンななり、この事故を知らないで亡くなられていたこと…
この声が届かなかったことに、空しい思いで一杯になります。
高木任三郎さんも、小出裕章さんも、何十年も前から声をあげていた、そのことを重く受け止めなければいけないと思います。
暑い夏がそこまで来てる
皆が海にくり出している
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねぇ 何の為
せまい日本のサマータイムブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えている
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねぇ 誰のため
せまい日本のサマータイムブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
しらねぇうちにもれていた
あきれたもんだな サマータイムブルース

寒い冬もそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねぇ 本当かねぇ
これが最後のサマータイムブルース

電力は余ってる いらねぇ もういらねぇ
電力は余ってる いらねぇ 欲しくねぇ

原子力は必要ねぇ いらねぇ 欲しくねぇ
余ってるんだってよ 電力会社がもうけてる
危ねぇぞ
ガンになりたくねぇ、ガンで死にたくねぇ
君も 君も 君も 危ねぇぞ




スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード