TPPの賛成派は気分だけ?

30日朝、NHK日曜討論(10月30日)はTPP反対派と賛成派3人の討論。
一体、賛成派、どういうことを言うのだろう?と熱心に聞いてみた。

まず、ローソン社長の新浪氏、「雇用を増やす。空洞化を防ぐ。アジアの成長をとりこむ。20年間の閉塞感を打ち破る」ことに期待している様子。
大田弘子氏、「日本がアジアに開いて拡大していけるはず。そのため農業は切磋琢磨して欲しい。」とまた抽象的な希望の話。
キャノングローバル戦略研究所の山下氏、「日本が有利なルール作りを率先してできるはず。」とこれまた明るい楽観的な期待感をにじませる。
彼らは結局、具体的なことは何一つわからないまま、気分で期待しているという感じである。

反対派の3人(加藤一郎氏、藤井聡氏、鈴木宣弘氏)は決して悲観論ではなく、実際にどうなるかを分析していたので説得力があった。今TPPに入る必要もなく、無駄なことをするべきではないと冷静である。

韓国米国のFTAの例からも韓国の不利な面を見なくてはいけないし、また日本の立場をよく見極めるべきである。
賛成派3人の主張は一見至極ごもっともなのだが、それならこのTPPでないほうがいいのである。
日本のおいしい米や野菜を売りたいのであれば、むしろ相手は中国、ロシア、ブラジル、インド、東南アジア、欧州などがいい。
弱っているアメリカはもう輸出のみで輸入はしたくないとはっきり言っている。
危ない農薬の入った作物や米、遺伝子組み換えの大豆などが表示なしで入ってくるのではないか?
ローソン社長はそんな品物を店頭には並べませんと言っていたが、表示制限も撤廃されたら、どうやって見分けるんだろう?
それから、雇用を増やすというのは企業側の話か?ローソンの社員をアメリカやベトナムの店でたくさん雇うということなら、そうかもしれないなと思うが、日本人ではない可能性が多い。
山下氏は日本に有利に交渉できるはずと胸を張るが、甘くないだろうか?
大田氏にいたっては、言うことすべてがグローバリスト、新自由主義丸出しで話にならない。

この中でISD条項の話が少ししか出なかった、いや、出させてもらえなかったに近い、話を農業分野だけにしようという解説者の誘導が見られた。農業者が今まで甘やかされていたので、不満を言っているというイメージを作りたかったのだろう。

ISD条項の話をもっと詳しくすべきだった。
カナダ、メキシコとのNAFTAにおいて、アメリカ企業が進出する際にカナダやメキシコの政府や自治体が国民の健康に問題があるとされるために禁止していたガソリン内に含まれる物質や地下水汚染などの問題を起こした際に企業に撤退を申し付けたところ、国際仲裁所によって裁かれて、政府が負けてしまう、ということがもう200件以上もあるそうである。
アメリカ企業がそれによって損失があった、投資家が損をしたか否かで、さばかれるという恐ろしい条項なのだ。
そのためカナダ政府もメキシコ政府もそれらアメリカ企業に多額の賠償金を支払わされている。

メキシコが安いアメリカからのトウモロコシ輸入品に負けて、主食であるトウモロコシの自国生産ができなくなり、そして突然供給が止まった時、たいへんなことになった。食糧危機はすぐに訪れる。

内橋克人さんの提唱する地産地消、FEC圏(FOOD,ENERGY,CARE)、歩いていける範囲内ですべてまかなえる都市づくりこそ、日本の目指すべき道であるのに、TPP参加は、グローバル化、時代遅れの新自由主義、古すぎる。

翌日の10月31日フジテレビ「知りたがり!」という情報番組で珍しくTPP反対派の意見を詳しく解説していた。
ISD条項の話もしていた。メキシコ、カナダの例をあげていた。
かなり詳しく中野剛志氏が述べていた話をしていた。コメンテーターたちもここまできくと、「TPP反対の気持ちになった。」と発言。

しかし、解説者の石川という人はTPP賛成派で、ネゴにゴネるべきだと言う。つまり交渉次第で不利にならないようにがんばればいいという。
消極的な姿勢は良くない、日本が外交に消極的に見える、という賛成派は、やっぱり気分的で抽象的で感情的な理屈だけだった。考えるのが面倒になってやけになってるみたいにも見えた。

フジテレビ「とくダネ!」で先日、中野剛志氏の出演があり、YOUTUBEで観られたが、こうやって反対派の意見を解説したことは良い傾向だと思った。
田中康夫の「日本サイコー!」(BSジャパン)でも孫崎享氏が出演、「TPPは中国と韓国から日本を引き離す分断作戦」とおっしゃっていた。
日本の対中輸出は2009年からアメリカを越してしまい、さらに増え続ける様子である。これからアメリカ市場に出て行く時期でもない。
最近は野口悠紀雄、榊原英資などの経済学者もTPP反対と言っているそうである。
経済学者からみても正しくない道ということなのだ。
強力に賛成している経団連の米倉氏は住友化学の代表で、アメリカのモンサント社と深いつながりがあるために、賛成しているのではないか、と推測できる。
今回のTPPは再度のアメリカの日本占領になるほどの不平等条約になる。日本文化をまた壊されることになるのでは。
鎖国的になることも一考、この先は、BRICSと手をつなぐならば賛成もできるが、TPPだけは絶対に反対だ。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード