TPPは踏み絵

TPPに反対する人と賛成する人で分かれ、
はっきりと色々なことが見えてきた。
TPPは踏み絵になっているようだ。

TPP参加に賛成がみんなの党と民主、自民の一部、新自由主義の改革派つまり米従属派だとはっきりわかった。
特に弱肉強食のみんなの党ははっきりした。
意外だったのは、自民党の山本一太や、佐藤ゆかりなどは小泉チルドレンなので、TPP推進なのかと思っていたが反対のようだ。自民では中川秀直とか小泉進一郎とかがTPP推進派だったから。

官僚の改革に熱心な人たちは構造改革派であり、対米従属路線であった。
テレ朝のモーニングバード「そもそも総研」は脱原発の話題の時はなかなかいいなと思っていたのに、TPPが出たとたん、その話題を避け始めた。わからないから、と言って取り上げなかった。玉川さんも構造改革の竹中小泉路線なのかなと確認。脱原発だったのは電力会社の独占体制を壊すことになるからだったのかとわかった。

いままで自民党の中にいる人や民主党の中にいる人などでも弱肉強食の新自由主義の考え方に洗脳されている人がいるようだと思っていたが、はっきりしたものがなかった。こうした考え方がはっきり出るのが、今回のTPPである。TPPが踏み絵になっている。


TPPに参加すればいいという人たちの内心を少し想像してみた。

とにかく既得権益のある人をなくしたい。
そのために内部からも変えたいと思っているのだが、なかなかうまくいかない。
なにしろ長い間かけてつくられた複雑な構造になっているものが多いからたいへんだ、と思っていたところ、TPPだ。これ幸い。参加すべし。抵抗勢力もこれで打ち負かせる。
たとえば、農業協同組合を解体できるかも。大規模の農場を作れる。大手企業の経営するような農場も作れる。


彼らの嫌いなものは苦労しないで手に入れている地位や特権である。
たぶん正義感や潔癖な気持ちに動かされているのでしょう。
もちろん、それはわからないわけではないのだが、ただ、すべて壊したあと、
それを放っておいて良いのか、今まで長い間作られてきた規制がすべて間違いだったのか、
弱者のセーフティネットまでも壊して良いのか、
あまりにも荒っぽくないか、よく考えて欲しい。
今まで国民の安全のためにあったものまでなくしても壊したいか?

壊すにしても、結局今回はアメリカの要求を飲むということでないか。
年次改革要望書も毎年来ている。アメリカの利益のための要望なのに、自国民同士を苦しめあっていいものか。
敵は自国民ではないはず。

こういう正義感からだけでない小泉竹中一派はあきらかにアメリカからの指令を従わせるためにやっている人もいるから怖いのである。分かってやっている、実は既得権益を壊すことだけが目的ではない。
最終的にはこういった一握りの企業と金融関係だけがぼろもうけする社会になってしまうことが恐ろしいと考え直して欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード