除染作業について

福島の除染が行われている。
東京新聞によると
除染作業がそのまま大手ゼネコンに発注されており、結局原子力ムラにまた金が流れているという。
私はこの作業は無駄なのではないか、とつくづく思ってしまう。
そもそも除染の正しいやり方などないらしいし、専門家もいない。
いくら作業してもまた風が吹いて積もってくるから、きりがないところもあるそうだ。
それに避難できないまま人が残っている地域もあるのが恐ろしい。
強制的な避難区域内の人で避難できている人たちはいいが、
そうでない区域の人は本当にたいへんだし、気の毒だ。
安全であると言われても疑いあるならば、逃げておいたほうがいいのではないか?と思う。
半信半疑のまま住み続けるのはよくない。
何年か後に白血病やガンが増えてもそれを立証できないから裁判に持ち込んでも難しい。
したがって、責任を取る人がいない。
責任を取らなくてよいと見ているから、こんな対応しかできないんだろう。

避難できた村でも問題が深い。
東京新聞にアンケート結果があった。
ほぼ6千人の村民が避難している福島飯館村の人のアンケートで今村の除染と帰還のめどについて
住環境の除染が2年後終わるという可能性があると思うか、86パーセントが可能性が低いと思っている。
2年後に村に戻って生活するか、の問いには59パーセントがしたくない、
原発事故前の生活に戻れると思うかの問いに、可能性が低い、ないが77%だった。

村が除染費用を出すならば、その費用で土地を買い上げて欲しいという意見があり、
本当にそうだなと思う。除染費用が地元の人の雇用に繋がるならばいいが、関係のない大手ゼネコンに入るのだから、なんか間違っている。国の対策は。
2年後、仮に除染が終わっても、戻った村の人が前と同じ生活をするには、今の仕事のことがあり、その間、2年間どうすればいいのか、と言う問題がある。
早く別の地で生活できるように国としてまっさきに協力するのが一番いいと思う。
遠くに逃げたいと言っている人にはどこの場所にいる場合でも補助するべきであると思うのだが。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード