ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

アイスランド経済のV字回復

マドモアゼル愛さんのブログはいつも読むとためになり、かつ希望ももてます。

アイスランドでは元首相が経済政策の失敗で裁判で裁かれたそうです。
知らなかったのですが、アイスランドの経済は今V字回復しています。
アイスランドは2008年、金融部門の大半が国有化され、破綻の危機になっていました。
2012年、民間銀行の海外債務を政府が肩代わりせず、大半を踏み倒しました。
アイスランドでは銀行がおかしい、ということになったのです。
住宅ローンも免除されました。緊縮財政にNO!をつきつけました。
アイスランドクローナが対ユーロで6割も切り下げられええたために輸出が息を吹き返しました。

フランスではサルコジが負け、緊縮財政が否定されました。サルコジは新自由主義でまるで小泉氏のような人でした。ギリシャも今までの強大な連合体が敗北。緊縮にNOをつきつけました。
ロシアもプーチンが国際金融団関係の企業をロシアから締め出しました。中国も江沢民派の前時代的な反省をしていて、ロシアと反戦で手を結んでいるそうです。
こうして今、日本、アメリカ、ヨーロッパに巣食う金融勢力に対して反旗を翻し始めた各国の動きが見られます。
日本もこうした動きに取り残されないといいのですが、小沢さんが無罪になった点がそのひとつであるようです。

そもそも銀行制度は、いんちきであるのです。
銀行がすることといえば、銀行券を印刷して渡すだけ。
100万円渡したら、利子分を足してまた100万円もどってくるだけです。
この100万円は実質的な銀行の財ではありませんし、返してもらう100万円と利子は借りた側の労働から生み出されたものです。
緊縮財政というのは国や銀行が穴をあけたつけを国民働いて返せということなんです。
この緊縮財政をやめようと各国がといい始めたので、焦った金融勢力はこれから何を始めるでしょうか?とにかくこの流れを止めたいと想うでしょう。ショックを与える?戦争を起こす?
これをわかっているロシアのプーチンさんは”イスラエルのイラン攻撃”を警戒しているようです。

日本はアメリカに付いていきさすればうまくいくという過去の成功例にしがみついていますが、いいかげん、アイスランドのように舵を切っていこうとはしないのでしょうか!
スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 14:21:22|
  2. 海外
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/199-53ec1a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アイスランド経済のV字回復】

マドモアゼル愛さんのブログはいつも読むとためになり、かつ希望ももてます。アイスランドでは元首相が経済政策の失敗で裁判で裁かれたそうです。知らなかったのですが、アイスランドの経済は今V字回復しています。アイスランドは2008年、金融部門の大半が国有化され...
  1. 2012/05/14(月) 20:07:35 |
  2. まとめwoネタ速neo