「脱資本主義宣言」を読む

脱資本主義宣言: グローバル経済が蝕む暮らし脱資本主義宣言: グローバル経済が蝕む暮らし
(2012/06/22)
鶴見 済

商品詳細を見る

本屋で手にとって、これはわが意を得たり、と思って読んでみました。
ずっと経済成長させないといけないの?という私の長年の疑問に正面から答えてくれるような話でした。
グローバル経済の弊害についてはいままで口がすっぱくなるくらい、同じことを言って、いや、書いてきましたが、やっぱり言い続けなければいけませんね。

本の前半はグローバル化の被害、先進国による発展途上国への経済援助と言う名の侵略、経済の仕組みの話のあと、後半は自然界と人間の話になります。急に、と思いましたが、これからの社会の方向を示しているので面白いと思います。

日本の服の自給率は4%しかないそうです。日本人年間、一人当たり9kg買って、8kgも捨てているそう。この綿花の生産現場ではどうなっているか?というと、たとえばウズベキスタンは綿花の単一栽培を押し付けられ、主に中国へ輸出しています。綿花栽培に大量の水を使うため、アラル海は枯渇しそうな状態になっているのだそうです。我々は間接的にこういう国の環境をボロボロにしてるのです。流行を作りすぐに流行遅れの服にする、先進国のデザイナーが50年代に考えた、服を売って儲ける戦略に乗って、我々は毎年たくさんの服を買い、捨てているんです。江戸時代の着物の扱いなどから考えると、もう気が狂っているとしか言いようがないですね。

貧困率が日本は16.0%で、主要国では最低レベル。
だから今、経済成長を求めるべきだという経済学者は多いけれど、いつまでも経済成長し続ける方法を取っていてもだめなんじゃないか、という意見もまたあることは確かです。
実際、最近の日本では2002年から2007年はいざなぎ超えというほどの日本で最も好景気だったそうですが、全く庶民には実感がないのは、一部大型企業だけが儲かっただけだったからで、賃金や給料が上がらず、むしろ下がってきたから。つまり、経済成長しても貧困問題の解決にならない、という証明になりました。どこにお金が行ったのか?


ベネズエラはラテンアメリカ革命の国で日本の未来にヒントになるのではないかと思います。
アメリカを中心とした先進国は援助といいつつ、借金させ、ラテンアメリカは貧しい国になりました。
1999年にチャペス大統領が富の再分配をして貧困層55%から38%(2005)にまで減りましたが、アメリカの力を借りて、富裕層とマスメディアがクーデターを起こします。その時2日間だけ大統領になったのは、当時の経済団体の会長だったとは!!日本でいう経団連の会長が大統領になったというわけです。
筆者はチャぺス登場以前の状態が今の日本と似ていると言っております。大手マスメディア、乗っ取られてますからね。今は経団連、連合の意見がメディアを牛耳っているのですから。

もちろん、今は資本主義がだめだったので、それでは社会主義、でもありません。
筆者は自然に学ぶことを考えているようです。確かに自然はなにも手をかけなくともうまく循環しています。生み出されて、使われたあとはゴミになり終わるのではなく、分解され再生されてまた生み出すほうへと繋がっています。特に自然界の菌類の働きは大事で、これがなくては再生の循環に結びつきません。発酵により物質は分解され違うものへと変化する。いままで 生産→消費の方向しかやってこなかった世界から、次の段階である、再生のステージへ、生産→消費→再生。
再生は、疲れを取り休む、寝る、そうじ、洗い物、介護、治療、再利用などいままで地味で注目されなかった、ほとんどカネに結びつかない事柄ですが、次の社会へのヒントがあるのではないでしょうか。


ここから私的な意見です。

社会のあり方、方向を変えるのは、地道に一人ひとりが考えて、意見を言って、全体の大きな力になっていくしかないですね。個人の生活態度も改めるということも行いつつ。
最大手新聞やテレビのマスメディアが民意だと言って述べている意見、世論調査の結果などに乗っかって、従順な国民はだまされてしまっていました。けれども3.11以降はマスメディアが自分たちにまずいことを隠している様子がわかってきたので、目を覚ましてきました。今までのようにおとなしくしていられなくなりました。

最近のよい兆しを思いつくままにあげてみます。(あまりにもばらばらな話題ですが、また気がついたら書きます。)

日本のWBC(ワールドベースボールクラシック)の不参加
反原発デモがどんどん盛り上がってきたこと。
オスプレイ配備にNOの声が大きくなってきたこと。
親米のエジプト、ムバラク大統領に終身刑。
アメリカ発ファーストフードの衰退。スローフード(ライフ)の復活。
(アメリカ発ハリウッド映画の衰退…他)
世界社会フォーラムが開催される。(グローバリズムに対抗する集会)
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード