ロンドン五輪

酷暑の夏です。今、テレビはオリンピックで盛り上がっています。

ロンドンオリンピックの開会式の様子を少し観たのですが、暗くてなんだか不気味に感じました。パフォーマンスでミスタービーンのローワン・アトキンスが出て、笑いをとったりしたのは楽しめましたが、ポール・マッカートニーの歌は音がずれて心配でした。さほど目新しくなかったですね。
それから子供たちが病院のベットにたくさん寝ていて、看護士さんもいて、病気の子供たちがたくさんいるのも異様、そこには悪魔のような大きな怖い怪物が…よくわからないストーリーでした。あのベストセラーのハリーポッターの世界らしいですが…。
オリンピックの開会式にしては暗いなあ、まあ、イギリスというお国柄だから落ち着いている、とも言えるのかもしれない、とは考えたのですが、正直、不気味な感じでした。
そうそう、エリザベス女王が007と共に出てきて、パラシュートで降下する映像もありましたね。笑えばいいんでしょうか。エリザベス女王を馬鹿にしてるようで、なんとも…。お笑いタレント並の扱いですね。これもお国柄なんですか?

病院の子供たちのパフォーマンスを観て、去年のNHK紅白でのレディー・ガガのパフォーマンスを思い出しました。彼女も最初に病院のベットに乗って運ばれてきて、横になったまま歌い始め、踊りだすのですが、なんだか不気味なものでした。
そもそもレディー・ガガ、人気のようですが、私にはどうもおどろおどろしいファッション、奇抜というだけではない、意味ありげなもので受け付けません。
その昔、デビット・ボウイなどがやった奇抜なファッションとパフォーマンスと同じ、なのかもしれませんけれど、マスコミ、NHK、彼女を絶賛しているのがどうも変。本来、アングラなら表舞台には出てこないものなのに。

とかくロンドン五輪は不手際なのかわざとなのか、はっきりしないものが多いですね。
ネットで話題になっている”開会式での日本選手団だけが退場した問題””観客席がガラガラの空席だらけ”
誤審多く、特に韓国に不利であるとか怪しいものが多いですね。もしかして、日本と韓国の仲たがいをねらってるのかと疑いたくなります。日本選手団の退場は憶測ではガレキバッチのせいとか言いますが、私の思うところ、勝手な考えとしては、イギリスのオリンピックのスタッフが仕事に対していい加減で、国としての結束力が弱っている証拠なのかとも思われます。

フリーメイソンの影響力を指摘する向きもあって、特に始まる前から話題だった”オリンピックのマスコットの不気味さ。(ひとつ目の人形)””2012の文字デザインがZION(シオン)に読めること”などなどあります。色々と興味を煽る話がつきないオリンピックです。
私は最近、2012年末世界滅亡説はインチキだと、一気に今までの不安を払拭しています。マヤ暦も2012年以降の暦が出てきたとニュースでもありましたけれども、こんなデマをハリウッド映画でもあおっていたことだけでも、あきらかにやらせだからできることなんだと思うわけです。人間の不安が増大すると競争だ、戦争だ、とろくなことになりません。


スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード