40歳定年?80歳定年?

全員を有期雇用にして、定年は40歳に引き下げる。政府の国家戦略会議分科会が、こんな雇用モデルを打ち出した。「希望と誇りある日本」を取り戻すための将来像というのだが、非情なリストラ社会を招くだけではないのか。分科会の委員で発案者の柳川範之・東大大学院教授(49)に、真意を聞いた。

「定年制を廃し、有期の雇用契約を通じた労働移転の円滑化をはかる(中略)。場合によっては、40歳定年制や50歳定年制を採用する企業があらわれてもいい」

 7月6日に報告書が公表されると、ネットを中心に「40歳で放り出されたら生きていけない」「安心して子どもも作れない」と、批判的な意見が相次いだ。

「反論が来ることは予想していました。そういう意味では、確信犯的にややラジカルな言葉を使いました。野田総理からも『やんちゃな議論をしてくれ』と言われていましたしね。しかし、このまま手を打たないと、いずれは大企業でもバタバタと潰れる時代が来ると思いますよ。経済学者としては、そうなる前に手を打たなければならないと思っています。」と柳川氏。

 さらに、「イメージしたのは、定年=リタイアではありません。20年や25年といった長期の有期雇用契約を認めて、20~40歳、40~60歳、60~75歳と何度かリセットして働き続けていくのです。まずは40歳で一度区切りをつけて、『いまの会社には合わない』『自分の能力が足りない』と思う人は退職し、大学などで学び直して新たな仕事に就いてもらう」と柳川氏は語っている。

※週刊朝日 2012年8月10日号
*****
これはひどすぎる話だが、80歳定年制もあの元官僚の「官僚の責任」を書いた古賀茂明氏が述べていたのを思い出し、どっちもどっちだ、と思った。違うようで似ている。
80歳定年制は年金支給を遅らせるため、
40歳定年制は若い人の雇用増加と賃金カットのため、
どちらもほとんど労働者側の利益にはならず、
80歳なら国の財政のため、
40歳なら企業の利益のためとなる。
賛成する人なら、こう言うだろう、若い人の雇用が増えるじゃないか、と。
確かに、それだけはいい話である。
実際問題、机上の空論で、40歳と言う年齢は働き盛りで責任ある立場に立つ人が多い。
ほとんどの仕事は入社してすぐにベテランと同じに働けるわけではないので、効率から言っても新人だらけの会社なんてまともに動かないだろう。40歳から大学で学び直せと仰るが、学びなおして45歳になって、新規の就職口を探すのが容易でないことくらいわからないのだろうか。それとも、40からの仕事、60からの仕事とちゃんと社会が用意していてくれるとでも??
個人の幸福とか利益なんかは無視して、企業さえ生き残れば良い、という狭い了見でしか考えられない頭のおかしな人が政府関係者には多すぎる。目先だけしか考えられない人。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード