アメリカ様の意向は脱原発か原発推進か?

浜岡原発を止めると最初に言ったのは、管元総理。そして管さんは「脱原発依存」を宣言した。
先日読んだ「どんどん沈みゆく日本をそれでも愛せますか」の中で、この脱原発路線はワシントンのご意向だろう、と内田樹さんと高橋源一郎さんが言っていた。結局、管さんの思いというよりもアメリカの意向なのか。アメリカは日本を脱原発させようとしているのか…と思った。

が、22日の東京新聞では「閣議決定回避 米が要求 原発ゼロ 変更余地残せ」との記事。
あれ、アメリカの意向はどっちなのか?

迷ったところ、色々ブログめぐりをして読ませていただくと、わかりやすいお話が。
(「新ベンチャー革命」様と「田中宇の国際ニュース解説」様)より

今、アメリカの国内では2つの勢力がせめぎ合ってる。
欧米銀行屋  VS   米戦争屋
↑            ↑

オバマ・パネッタ(銀行屋)の勢力とヒラリー(戦争屋)の勢力
中国の習近平がヒラリーとでなく、欧米銀行屋のほうと手を結んだらしい。

ということで、日本に原発を推進しろというのはどっちなのか、わからないけれど、意見が違うのは当たり前だ。
だから、いうことがころころ変わったように思えるのだろう。
アメリカは最近までヒラリーの米戦争屋が強かったが、最近は弱まって、欧米銀行屋が強くなっているらしい。
ヒラリーが副大統領だったら、オバマは暗殺されていたかもしれないそうだが、それはまぬがれた。

最近ロムニー候補の発言が色々取沙汰されているから次回の選挙はオバマの勝ちになるかもしれない。

自分が今ほど政治経済に興味がなかったころでも、アメリカ大統領選挙をニュースで長時間取り上げる日本は、不思議だなあ、よその国なのに、まるで自国の選挙みたいに盛り上がっているのは、なぜだろう??と感じていた。
フランスやドイツやカナダの選挙をこんなに取り上げたのを見たことがないわけだから。
それも今思えば、今だって日本がアメリカの植民地であり、独立していない属国、という証拠だった。
「戦後史の正体」を読む前から苫米地さんの本にもかなり日本が独立国ではない、という証拠が書かれていたので、うすうす感じることではあったが、そういう目で色々見ると、本当にそうなんだ、と実感してしまう。

だから自民党代表選挙で政治家たちがえらそうに語っても、(民主党代表選挙もしかり)なんだ、この人たちは本当の意味で日本を動かせないんだ、裏の意向をうかがって、それによって動いているだけなんだろうと思えてしまう。裏とはほぼ米国。
そう思って観ていると、何かの問題が起きてニュースの最後のほうでかならず、アメリカの高官の意見が紹介されることが多かったと思う。今まではさほど気にならなかったが、今は恥ずかしさと絶望感でこいうニュースを見る気がなくなる。日本はいちいち物事を決めるのに、アメリカ様の意見を仰いでからでないと何もできない、判断できない国なんだ、と情けない思いで一杯になる。

アメリカ様の色んな都合で、日本の脱原発に反対で原発推進の力が働くのは本当に勘弁して欲しい。
田中宇さんの意見によれば、原発を本気で止めると言わずに、もたもたといつまでも持っていると世界の流れに取り残されて、いつかイランのように「核武装」の濡れ衣を着せられてしまう可能性もあると言う。原発を止めるのに早いに越したことはない、と切に思う。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード