ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

石原都知事の辞任

石原慎太郎都知事の辞任の件では東京新聞の報道が面白い。彼を色々分析している。
石原都知事は本当は自分が総理大臣になりたかったらしいが、その夢はかなわずに東京都の知事になった。
去年の選挙はもう出たくなかったが、「息子の首相の芽がなくなるよ」と、森元総理が息子の伸晃氏と一緒になって説得して、出ることにした。息子をよろしく、と言ったそうだから、せめて息子を総理大臣にしたかったのだろう。そんな動機だけで、やる気のないまま都政をしようとしたのだから、都民を馬鹿にしたものだ。
今回辞めたタイミングはその芽がなくなったからとも、「国民の生活が第一」結党パーティの記事を消すためとか、何かまずいことがあって、それから逃れるためとも色々憶測があるようだが、辞めてくれてありがとう、である。新党なんてマスコミは持ち上げるけれども、たいした勢力ではないだろう。

石原氏は会見で自分のした仕事の功績をあれこれ述べていたが、(保育所の話とか)官僚がどうのこうの、と散々悪口を言っていた。今回の尖閣諸島問題の責任を取って辞めますというならば、まだ大人として正しいが、彼はそのことをまったく話さなかったし、大竹まことのゴールデンラジオでもその点に疑問を呈していたが、記者会見で記者の質問にこのことが全く出なかったことがまことに情けない。
石原氏の物言いは、一見小気味いいと言うか、官僚の悪口言って、痛快な感じもあって、これがいいと感じる人も中にはいるんだろうけど、敵を悪く言って攻撃し、自分を高みに持ち上げるというやり方で、かなり幼稚である。きらいな人物にはバカを連発していて、まるで芸人のたけしのようだなと思った。
そのへんの記者たちよりも本も読んで、勉強してるぞ、とばかりに威張り散らし、不機嫌そうにしている態度、やたらに英語を入れて話す態度など、おれは頭いいんだぞの感じがありありである。
ただ、ちょっと昔のわがままな父親のような感じがするかもしれない。痛烈な批判や皮肉を言ったあと、にっと笑う、あの感じなど、ふっと、笑って許してしまいたくなるような部分もある。しかし、ごまかされちゃいけない。
東京都民の多くはこんな人に投票して当選させてしまったのである!辞めてくれて今回はありがたいと思う。
ただ次の候補者がまた問題なのだが。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/27(土) 13:06:24|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/222-d25c8453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【石原都知事の辞任】

石原慎太郎都知事の辞任の件では東京新聞の報道が面白い。彼を色々分析している。石原都知事は本当は自分
  1. 2012/11/04(日) 14:21:00 |
  2. まっとめBLOG速報