アンケートの電話があった。

実は先日、初めて世論調査のアンケートの電話がかかってきて、答えた。
昼間、家にいたからだ。日経新聞とか言っていた。
選挙で誰に入れるか、どの党に入れるか、選挙に行くか、などの質問の前に、
家の中で2番目に年を取っている人が答える条件だとも、言われた。
たまたま自分が2番目だったので自分だと言って答えられた。
だけれど、そんなやり方ではなかなか集まらないだろうなあと思える。
昼間、家にいて、固定電話に出られる人で、家で2番目に年を取っている人。

新聞の結果は選挙にはあまり興味ない人多数、でも自民党優勢に…。
しばし、無力感…。

民主党のマニフェストを信じて一票を投じたのに、すっかり裏切られ、やっぱり全然ダメだったから、仕方ない、安定していた自民党にもどるしかない、と思う国民が多くなってしまったようだ。
今、素晴らしいマニフェストを掲げる新党に入れても、民主党と同じく裏切られるんじゃないか、というトラウマなんだとか。

でも、すべてうまくいくことはないにせよ、方向性だけでも正しいと思うなら、いいのでは?
もっと、細かく色々考えて、この政策はどうか、危険ではないか、と吟味して選んで欲しいと思うのだが。

石原、橋下、安倍3氏の右翼ぶりに威勢の良さを感じて、ただなんとなくいいじゃないか、そうだ、そうだ、と言うのは本当に危険。

今日の東京新聞に92歳の元兵士の記事が一面にあった。
憲法9条のおかげで守られてきた平和を簡単に手放しそうな勢いが怖いと。
あの過去の無謀な日本の戦争のやり方、今の若い人は知らなさすぎた。
一人ひとりの人間の命をなんだと思っていたのだろうか。
今は改憲なんか言ってる段ではなく、原発、復興、エネルギー、TPP、消費税、雇用、年金、福祉が重要。
やっぱり、改憲を言い出したのは、米国戦争屋から指令でも出ているからなのだろう。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード