戦争を起こそうとする力には注意しなければいけない

またアルカイダの犯行の事件が起きている。
今の私はどうもまともにニュースを見られない。
アルカイダ=アメリカ、ユダヤの戦争屋たちが内幕で、世界戦争を起こそうとあがいているんだろう、と思う。
世論がテロリスト、アルカイダを撲滅しよう!となって、日本もアメリカも一緒になって彼らを攻撃!?のシナリオ。

シリア取材中の山本美香さんが殺された事件も米国戦争屋CIAの兵イコールFSA(反シリア反政府軍)であり、CIAが作り上げた架空のテロリスト集団がアルカイダなのだということだ。
山本美香さんはCIAに殺されたようなもの。あえて悪役を作り出し戦争につなげるのである。

東京新聞の鎌田慧氏の「本音のコラム」で安倍晋三首相がやりたがっている「集団的自衛権」行使の話に強く共感した。
「自分の国に関係のない戦争にでも約束に応じて出かけていくことになりかねないのだ。」
さらに、鎌田氏
「けんかの強い男の尻馬に乗って相手を攻撃するなど、私のもっともしたくないことである。」と言う。
「「助っ人」するなら弱い者にすべきで、強い者に加勢するのは卑怯な迎合である。「集団いじめ」そのものだ」と言っている。
集団的自衛権でなくて集団的攻撃義務と言ったほうが正確だと。
そもそも集団的自衛権は日本側の考えたことでなくて、米国側の要請だ。
経費削減と孤立化を避けるため、「同盟国」に下請けさせるという屈辱だ。
とある。

安倍総理は本当に世界の情勢をつかんでいないのか、わかっていてやっているのか。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード