原発からの汚染水

放射能汚染水がタンクから漏れ出したというニュース。
だから言わんこっちゃない。
こう思った人は多いだろう。
あの日から、2011年3月11日以降からもうすでに予想できることばかりだ。
2年間何をしていたのだろう?
あのタンクは2日で一個がすぐに満杯になる。
だからもっとずっと汚染水を貯めるタンクを作り続けなければならない。
(と、私は思うのだが違うのだろうか?)

日本中がタンクだらけになっても汚染水を海や土に流すことは許されませんよ。
これからは一滴ももらしてはいけない。
タンクはもっとしっかりした作りの物を。
鋼鉄製でなくステンレス製のほうがいいそうだ。
これは国がやらないと東電だけでは無理だろう。

地下水からの汚染は地下水が流れる水路を探し当てて原発に入らないように手前のところでくみあげるなどできないのだろうか。コンクリートで固める案だけでなく。
素人の人間でも色々考えられるのだが、いったい何を考えているのだろう。
最悪、海に少しくらい流してもいい、とまさか、そんな考えの人がいるのではないか、とさえ、疑ってしまう。
あまりに大きくて扱いにくい状態だから、小手先の対応ではだめなのは明らか。
なんだか、東電とか国とか、当事者意識が薄いっていうか、
なんだろう、マスコミの取り扱いも冷笑、批判してるだけで、東電のだれが責任だとか、東電をつぶすとか、国を批判するとか、そういうのは後回しにして、みんな一緒に闘わなければいけない問題なんじゃないか。
みんなが当事者で、私もあなたも。
福島から離れたところに住んでいるからと言って、関係ないなんて言えない状態で、世界の海に流れ出し、地球全体の問題になるのは目前なんだけど。

タンクも保管してはその状態を常に監視しなければならないけれど、それでもあきらめたらだめ。
置き場所がなくなってきたら、国有地に置くしかないのだろうか。
日本の山地はタンクだらけになっていく。
いずれ汚染処理して減らしていくつもりなのかもしれないが、楽観していいことは一つもないのだ。
最悪のことを想定するのが国と東電に今必要なことなのではないだろうか。
なぜか悠長な態度、どろ縄式なのは、危機意識がうすいのか、
東電は役所的で、決定しても実行までに時間がかかるのか。
本気のやる気が感じられない。

メルトダウンした炉心が冷やせなくなった時、どうなるのか。
地下深くにもぐりこんだ場合はどうなるのか。
爆発が起きるのか?
私たちの不安は一向に減ることはない。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード