日本の行く末

世界から見れば、日本は脱原発ではなく、原発推進、という方針に見えるだろう。
壊れた原発は収拾しましたので、安全を確認して止まっている原発を順に再稼働して行きます。
なにしろ経済が停滞してますので、経済優先で政策を打っていく所存でございます、と。

今、日本は最大の混迷状態にあると思う。

戦後しばらくは国民の価値観が割合と一致していたので、安定して高度経済成長へと進んで行けたのではないかと思う。戦後の焼け野原から復興して行かなければならなかったから、金持ちも貧乏人も差がなく一様に貧しくなったので、意識や目標が一致していたのだと思う。
人間は目標があると目を輝かして頑張れる。

今はどうだろう。脱原発派も原発推進派もそれぞれの言い分で争うしかない。
すべての争い事、これを無くすには、単純に言えば価値観が統一されればいいだけのことであると思う。
これらまったく別の価値観、ものさしで対立するからいつまでたっても平行線だろう。

戦後は物がなく、どんどん物を作り、道路を作り、建物を建てていこうというのに誰も意義はなかった。
しかし、今は物があふれているし、貧富の差は激しくなっているし、経済優先はもういいんじゃないか、という思いの人が増えてきた。しかし、経済成長していたあの右肩上がりの社会、夢をもう一度と忘れらない旧式の人たちがまだまだ力を持っている。

震災後、これからは”脱原発”で共存共栄の精神で日本は進んでいくのでは、と思ったのだが、そうはならなかった。

経済状態が依然より悪化していたせいもあり、経済優先か、環境と人命優先か?という選択肢に分かれ、どちらに重きを置くかで国民が二分してしまった。

未だに競争原理で社会を作っていこうとする人の勢力が強く、エゴむき出しの人間が幅を利かせている。

ちょっと話はずれるが、先日東京新聞に作家の林真理子と社会学者の古市氏の対談があり、現代の若者は必要以上の金を持っても幸福にはなれないことを知っているのに、林真理子は依然として野望を持って都会に出て、若者は冒険をして金持ちになる夢を捨てるなという論調だったので面白かった。
私は50代なのだが、林真理子の考え方は前から好きではなく、若者の古市氏のほうに共感できた。
今の若者には変な欲がなく、エゴではなく、競争がきらいで、本当の幸福を考えていることに安心した。


スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード