宇都宮さんもいいけれど、安倍政権に打撃を与えるためには細川さんに当選してもらいたい

都知事選、宇都宮さんは当選できるでしょうか?
私としては、当初、宇都宮さんに頑張ってもらいたいと思っていました。
でも今は細川さんも人気が出てきて、これでは脱原発の票が割れて、桝添氏が都知事になってしまうなあと。
共産党が宇都宮氏を推しているためにかえって脱原発の票を分断させてしまい、結果舛添氏が当選してしまうのではないかとさえ、思います。共産党は自民党の別動隊とまで言う方も。深いところでつながっていたりして…。
とにかく舛添氏当選だけは避けたいのです。
そうならないためにはどちらに投票すべきでしょうか?
やはり、ここは細川氏に投票するしかないだろうと考えています。
細川・小泉街頭演説


ちょうど街頭で細川、小泉両氏の演説が聞けました。
たくさんの人が熱心に聞いており、お2人とも元総理で有名人であるし、お2人とも見栄えがよく、人を引き付けます。
小泉氏の脱原発の話は説得力があり、力強く、わかりやすかったのでした。
彼が総理のときなぜ原発を推進してしまったのか、その話も正直に話していたのも好感触でした。
彼には昔、だまされた。また、だまされたくはないけれど、
この一点、安倍政権に打撃を与えることはできるから今は支持しようと思うのです。

安倍総理の昔出した本「美しい国へ」、私は買ってまで読みたくないけれど、安倍氏の考えを知りたいとは思っていました。昔買っておいた2007年の本「改革にだまされるな」を開くと、その本のことが少しありました。
ちょうど当時安倍内閣だったころです。安倍氏の政策矛盾を指摘されていました。

教育問題、関岡氏の発言部分、

”家族や道徳などの伝統的価値観の大切さを説き、「ダメな教師は辞めていただく」と親ならだれでも望んでいることをすっきり明言しているなど共感する部分が多いのですが、なぜか、教育バウチャーや9月入学導入などとってがつけたように盛り込まれているのはおかしいと思います。”


教育バウチャー制度とは
あの新自由主義のミルトン・フリードマンの提唱したもので、教育も自然淘汰に任せるというもの。公立、私立問わず競争させるためにするものである。
公立学校への助成金をカットする代わりに直接保護者にクーポンを渡す制度である。
結果、私立に入る人が増えて、公立は予算を減らされ荒廃していくそうだ。
ブッシュもテキサス州知事時代に導入したそうだが、それだけで全米では行われていない制度だから、あまりいい制度ではないのである。
テキサスのバウチャー制度は各校にテストをやらせ、低い平均点の生徒にバウチャーを与え、チャータースクール行を促す。それを教師は学校がつぶれてしまうのを恐れて必死になったそうだ。

表面では安倍氏が美しい日本と言って、さも日本の伝統を守るという振りをしていても、内心ではアメリカからの要求をそのままに新自由主義、弱肉強食の競争社会をさらに深化させていこうと言う態度なのがはっきりわかります。
日本の伝統も美しい日本も本当はどうだっていい、のかもしれないのです。
こういう彼の中の矛盾は本人が気が付いていない?のかもしれないし、あるいは確信犯かもしれないし、どちらにせよ、彼の目指す国家像が美しい日本、伝統を守る日本ではないということを、安倍支持の方々にはよーく考えてもらいたいと思うこのごろなのです。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード