福田元総理

昨日、阿修羅サイトで見つけた記事。
福田元総理が怒っているようです。

日刊ゲンダイ記事より


10日から中国・海南島で開催されている博鰲(ボーアオ)アジアフォーラム。アジア版“ダボス会議”として中国政府が力を入れていて、日本からは60人超の経営者が参加した。

フォーラムの理事長は福田康夫元首相だ。福田は開幕式に先立つ座談会で「平和外交と国際協調は戦後日本の経済繁栄の基礎だ」と挨拶。基調講演した李克強首相とも面会した。

李克強は安倍首相とは会わないのに、福田元首相とは会った。福田が親中派で経済フォーラムの場だからとはいえ、日中外交の異常の象徴だ。

最近の福田は、親しい記者と頻繁に会って安倍外交をケチョンケチョンに批判しているという。

「福田さんは、このところの安倍外交、特に対中外交に大きな懸念を持っています。<靖国参拝で日本の外交は100年ダメになった><いつまで総理をやるのか><日本をメチャクチャにするつもりか>というような厳しい発言も出ているらしいと聞きました」(永田町関係者)
ハト派とタカ派でウマは合わず

 福田と安倍は同じ派閥(清和会)だが、その思考はハト派とタカ派でまったくウマが合わない。「福田さんは昔から安倍さんの外交能力をバカにしていた」(ベテラン記者)というから、現状を「それみたことか」という目で見ているのだろう。

「同じ自民党OBでも、古賀誠さんの安倍批判には、自分が顧問を務める派閥(宏池会)が現在持っている4つの閣僚ポストの維持というウラの狙いがあったといわれています。一方、福田さんはそういうウラがないし、捨てるものもない。今後、小泉元首相に続いて福田さんも表舞台で安倍批判を始めるかもしれませんよ」(前出の永田町関係者)

 本気で安倍外交に危機感を抱いているのなら、ぜひ、行動に出て欲しいものだ。



かつての私の福田元総理の印象は良かった。なんとなく感覚的に福田さんはなんだか信頼できる人と感じていました。
総理の記者とのやりとりで最後のとき、色々あるんですよ、みなさんわかってないから、みたいな含んだ発言などしていて、あー、なんか正直だな、政治家っぽくない人だと思いました。そして正義感もあるだろう、と。

先日、読んでいたリチャード・コシミズ氏の解説で、福田さんのことははっきりしました。あーそうだったのかと。

まず、大きな流れ、政治世界の構図なのですが、

ロックフェラー系の資金米CIA自民党清和会統一教会北朝鮮 に流れて、ここから、今騒いでいるエセ右翼に資金が流れているのだそうです。

そしてさらに、エセ右翼=極左翼 でもある、というのも常識を覆す話ですが、色々考えると合点がいきます。
テロ行為、暴力的な行動を起こす輩にそういう資金が流れているのでしょう。

さて、ここで、自民党清和会でも福田康夫さんのみ、総理のとき、彼は骨のある人で、その流れを変えようと抵抗したようなのです。彼だけ清和会らしからぬ行動に出てくれたのだろうと思います。
何か命の危険を感じたのか、道半ばで辞めてしまいましたが、清和会でも異色の人なのでしょう。
このように抵抗した人は長続きできないのがひどく残念な政治世界。
こういううんざりする話ばかりで最近は気持ちが落ち込むばかり。

狂った安倍政権の暴走。閣議決定で好きなようにどんどん決めてしまう。エセ右翼も安倍政権を後押し。
一般国民を無視して突っ走っている。
まったく「いつまで総理をやるのか」。早く引きずり降ろさねば日本はどうなってしまうのか。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード