プーチン大統領の勝ち!

ロシアのプーチン大統領はユダヤ金融屋+戦争屋(フリーメーソン、イルミナティ等々)の勢力と戦ってくれている存在ではないか、と思う。

3月くらいから始まったウクライナのクーデターにはネオナチが関与しいたと写真にも多く見られた。ネオナチとはネオコンと同じ(ルーツはドイツのナチス)、クーデターの真の狙いはプーチンが石油ガス資源の利権に外部資本を排斥して国有化を進めていたため、欧米石油利権である米戦争屋がそれをつぶそうとしたのではないか?というのが最初だった。
ネオナチと米戦争屋になんのつながりが?と思うが、つながっているのだ。
ウクライナ国内にロシア側と欧州側と二分する紛争を招こうと火種をまくためにも。

その後、アメリカとイスラエル側のロシアへのネガティブキャンペーンは次々と襲いかかる(マレーシア航空機撃墜事件、ウクライナ戦争激化など…)が、支持していたドイツやフランスやオランダなどもロシア制裁で輸入を止められて、かえって弱ってしまっている。ロシアはむしろ輸入先を替え、中南米やトルコなどBRICS、発展途上国から輸入をし、つながりをもてるようになり、多極化策に切り替えられたそうだ。むしろ、良かったくらいかもしれない。ドイツなどは昔からロシアと仲が良いほうで、もうウクライナは連邦国家として終結させる提案をし、ロシアが前から提案していたことを言っているそうだ。
プーチンさんの勝ちではないか。


米ロックフェラー石油財閥とか欧米のロスチャイルドの財閥とか、いかにも対立して分かれているようで、利害が一致すれば、根っこは一緒であるから、協力して悪事を働くだろう。
世界のどこかでテロ行為があったとか、紛争が起こったとか、聞くと、最近は彼らがやったんだな、と考えるようになってしまった。
本当は彼らさえいなければ、世界は何も起こらずに実に平和に各国独自の文化で暮らしていると思う。

リチャードコシミズ氏によれば、
アメリカCIAも北朝鮮も自民党清和会も統一教会もみんなロックフェラー系資金をもらっているとのこと。
それで、今日本で在日朝鮮人を排斥したり、韓国や中国の悪口を言っているエセ右翼団体も同じ仲間だという。
たしかにそう考えるとすべてがつながるし、納得がいくことが多い。
一見、正反対のことを言っている団体などにつながりなどあるわけがない、と思える。しかし最終的目的が一致している場合が多い。コシミズ氏は極左もエセ右翼と同じと見ている。なるほどである。

60年代のウーマンリブ運動も彼らの資金で作られた運動だというのも納得できる。
女性を本格的に外で働くようにさせ、課税して税金を得るためと、家族をばらばらにして子供を家庭から引き離すことで、人格形成時に大切な教育を学校のみに偏らせることができた。
女性たちに学問をさせずに家庭に閉じ込め、参政権を与えられないなどの問題とは別の次元の運動だったのだが、さも女性を解放しようという機運に乗っかったのだ。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード